ニュース

三宅健主演『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』ビジュアル完成!

シェークスピアの四大悲劇『オセロー』を大胆に翻案した話題作が12年ぶりに上演される。昭和の活気や勢いが感じられる、クラッシックかつ新感線らしい公演ビジュアルが完成した。

3月に東京、4月に大阪で上演する2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演Shinkansen faces Shakespeare『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』。

新感線がシェークスピアに向き合う=Shinkansen faces Shakespeare! 港町の純情なオセロが12年ぶりに帰ってくる。

部下イアーゴの計略によって破滅へと突き動かされる軍人オセロと妻デズデモーナを描いた、シェークスピアの四大悲劇の一つ『オセロー』。2011年に青木豪の翻案・書き下ろしにより“いのうえ歌舞伎”でもなく“ネタモノ”でもなく“Rシリーズ”でもない、劇団☆新感線としては異色の『港町純情オセロ』として上演された。戦前、戦中の関西らしき場所にある港町を舞台に、混沌とした時代に生きるチンピラヤクザたちの人情悲喜劇として大胆に翻案された本作は、新感線主宰・演出のいのうえひでのりによるダイナミックな演出で新たな産声を上げ、より深く感情ほとばしる作品として観客の心を強く揺さぶり大きな話題を呼んだ。

今春、『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』として12年ぶりによみがえる本作は、物語の舞台を戦後のアメリカ文化が流れ込んできたポップな時代に改めて書き直し、装いを新たに上演する。常に新作を発表している新感線による、数少ない再演作品となる。

本作の主人公オセロを演じるのは、三宅健。初演で劇団員の橋本じゅんが演じた泥臭いヤクザの組長を、一本気で純情な「愛」に生きるヤクザ者として演じる。オセロの美しい妻・モナは松井玲奈。知らず知らずのうちにオセロを追い詰める悪計に加担することになる。オセロの部下・汐見丈は寺西拓人。劇団☆新感線初参加となるフレッシュで豪華なキャストたちにご注目を。さらに劇団員からは粟根まことと高田聖子が登板し、フレッシュな面々を支える。

このたび、数多くのマフィア映画に出演してきたアル・パチーノを想起させる白のダブルスーツを身にまとった三宅を中心にキャストが集う、レトロでクラッシックかつ新感線らしい仕上がりとなった公演ビジュアルが公開された。

『ミナト町純情オセロ』は「新感線流、任侠シェークスピア」ということで、往年の任侠映画やアメリカのギャング映画のビジュアルエッセンスを盛り込み、昭和40年代頃の活気や勢いが伝わってくる。これぞ新感線流任侠シェークスピア!『ミナト町純情オセロ』が、今春ダイナミックに誕生する。

公演は3月10日(金)~28日(火)まで東京・東京建物Brillia HALL、4月13日(木)~5月1日(月)まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて。

関連記事

  1. 『クリスマス・イブのおはなし』12月下旬上演!注目若手俳優が日替…
  2. 10月16日スタート「恋神(コイカミ)アプリ」 恋の行方を見守る…
  3. 水野勝インタビュー!映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~…
  4. 山下智久 オニツカタイガー誕生70周年コラボプロジェクトで新作シ…
  5. 初演から約50年!『ロッキー・ホラー・ショー』が河原雅彦演出×古…
  6. 佐々木蔵之介主演舞台『冬のライオン』開幕!英国王ヘンリー二世を巡…
  7. 松尾スズキが作・演出の歌って踊る傑作エンターテインメント!長澤ま…
  8. 今夜第2話放送!「みなと商事コインランドリー」草川拓弥×西垣匠S…
PAGE TOP
error: Content is protected !!