ニュース

舞台『ウェンディ&ピーターパン』が開幕!黒木、中島、堤が意気込みを語る

黒木華とHey! Say! JUMPの中島裕翔がW主演する舞台『ウェンディ&ピーターパン』が8月13日に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開幕。前日に公開ゲネプロと取材会が行われた。

サブ1

本作は、世界的名作「ピーターパン」のウェンディの視点から翻案した作品で、2013年に英ロイヤル・シェークスピア・カンパニーが初演。今回、日本初上陸となる。

取材会には、ウェンディ役の黒木華、ピーターパン役の中島裕翔、フック船長とミスター・ダーリング役を演じる堤真一が役の衣装で登壇。初日を前にした思いや意気込みを語った。

黒木は本作でフライングに初挑戦。「でも私はつられているだけなので…技術さんが本当にすごくて」と謙遜。初共演となった中島については「とにかく身体能力がすごくて、ピーターパンのやんちゃなイメージにぴったりです」と褒めた。

サブ2

一方の中島も黒木のフライングについて「女性のフライングは、男性がするのとは全然違う良さがありますよ」と褒め、自身のフライングについては「僕はライブで慣れていますが、ライブの時よりも長い時間飛んでます。ずっと飛んでるので、すごく気持ちいいです」と。

サブ48月10日に28歳の誕生日を迎えて、カンパニーの一同に稽古場で祝ってもらったという中島は、ピーターパン役について「最初はびっくりしました。28にもなって無邪気でいられるか不安でしたが、でも現場で培った気付きなどを演技に生かすことができたら。本当にいろんな要素が詰まった舞台です。純粋に楽しみに来てほしい!」と意気込みを語った。

サブ3

堤は、作品について「ピーターパンは子どもの作品と思われるが、大人にも見てほしい。僕はこの作品に涙が止まらないです」と話した。劇中、中島との殺陣のシーンもあるが「もう57歳なんで、立ち回りの手が全く覚えられない、ネジがどっか行っちゃって」と会見の場の笑いを誘った。

公演は9月5日(日)まで、Bunkamuraオーチャードホールにて。

撮影◎細野晋司(舞台)、引地信彦(取材会)

 

関連記事

  1. 松任谷由実の「ノートルダム」が舞台『ドクター・ブルー』のテーマ曲…
  2. 葉山奨之×伊原六花「シコふんじゃった!」インタビュー
  3. 原嘉孝主演、6人の男女が繰り広げるミステリー!舞台『罠』が開幕
  4. 稲垣、草彅、香取がパラスポーツ応援チャリティー曲売上2300万円…
  5. 中島裕翔が舞台初主演でストレートプレイに挑戦! 3人芝居の英国ミ…
  6. 『JOHNNYS’ World Next Stage』出演メンバ…
  7. 一夜限りのライブ配信「プレイタイム」が特別編集版にてオンデマンド…
  8. サンドウィッチマンがエイベックス新社屋をぶらりロケ!
PAGE TOP
error: Content is protected !!