ドラマ

ZIP!朝ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」森本慎太郎×渡辺大知×錦鯉(長谷川雅紀&渡辺隆)インタビュー

朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)内にて放送中の、お笑いコンビ・錦鯉の半生を描くドラマ「泳げ!ニシキゴイ」。物語のモデルとなった錦鯉(長谷川雅紀と渡辺隆)とその2人を演じるSixTONESの森本慎太郎、渡辺大知による、まさに漫才のようにテンポが良く息ぴったりな笑いあり涙あり(?)のインタビューをお届け。

――まず、錦鯉のお二人にお伺いします。ご自身の役を演じる森本さん、渡辺大知さんの印象はいかがですか?

長谷川 僕は今日、森本さんと初めてお会いして、森本さんも渡辺(大知)さんも雰囲気がいいなとまず思いましたね。そして森本くんとの共通点がたくさん見つかって、ほんとに僕の若い頃を見てるようです。安心ですね。

渡辺隆 そんなわけねぇだろ!(笑)

森本 テレビとか、それこそさっきお会いした時の仕草も本当に似てるんだなと思って。

渡辺隆 似てないよ、似てないから。

森本 だから僕もいずれ隆さんのツッコミ受けたいなと思いますね。あのパチーンという音を響かせたいなと。

長谷川 じゃあ1回ね、頭を丸くしていただいて。

森本 アハハハ!

長谷川 いい音を出すためにはね。

――森本さんと長谷川さんの共通点は?

森本 しゃべってる時の身振り手振りの多さですね。

長谷川 マイムが多いのと、あと結構おしゃべりで、落ち着きがない。

森本 そうです。声でかいっていうのも一緒です。

長谷川 あとは質問と答えが合ってない。

渡辺大知 まだ森本くんの質問と答え合ってないところは見てないですよ?(笑)

長谷川 それは僕が勝手に思ってる。

森本 でも多分ありますよね? 僕、インタビュー中にしゃべりながら、「あれ? なんの質問だったっけな?」っていうのが多々あるんですよ。どんどんどんどん逸れてって、結局聞かれたことと答えが合ってないっていうのはよくあります。だから一緒です!

長谷川 それも似てますね。

森本 あと眉毛がめっちゃ動くとか。

長谷川 あ~はいはいはいはい。意外と共通点多いんですね。

森本 意外とありますね!

長谷川 えっ、まさか兄弟とかじゃないよね⁉

森本 違います違います(笑)。

長谷川 ちょっと調べた方がいいんじゃない⁉

渡辺隆 調べなくていいよ。

森本 調べなくて大丈夫です(笑)。

――渡辺(隆)さんはいかがですか?

渡辺隆 僕もこのお話を聞いた時はびっくりしましたね。渡辺大知くんが演じてくれるなんて光栄です。

渡辺大知 いやいやいや、僕で大丈夫っすか?

渡辺隆 最初は「さすがに大知くんが演じてくれるわけない」って思ったんですよ(笑)。でも実際に演じていただけることになって、うれしいです、素直に。

――似ている部分はありますか?

渡辺隆 先程少しお話させていただきまして、しゃべらなくていいならあまりしゃべらないっていう姿勢はちょっと似てるなと思いましたね。

渡辺大知 以前に僕がバンドでライブやってたのを見に来ていただいたことがあると聞いて、もう音楽好きな人、ロック好きなら絶対通じるところはあるだろうという安心感はありました。

渡辺隆 10年くらい前に、客として見に行きました。

渡辺大知 たしか、マイクスタンドぶんぶん振り回してた日のやつですよね?(笑)

渡辺隆 そうそう。みんな大暴れするライブでしたね。

渡辺大知 バンドを始めて間もない頃にいろんな方が出られてるイベントに僕らもちょこっと出演させてもらったことがあって、それを見てくださっていたようで。音楽の話もいずれできたらなと思いましたね。

渡辺隆 客席で演奏を見てた人に自分の役を演じてもらうって、ちょっと感慨深いですね。ずっと覚えてて、これは伝えなきゃなと思ってたんですけど、以前共演した時はほとんどしゃべれずじまいで。

渡辺大知 そうでしたよね。だから通ずる部分があってうれしいです。僕、不安だったんですよ、ずっと。このお話頂いて「やったー!」とうれしくて「ぜひやりたい!」って思うと同時に、「できない、できない!」とも思って。中途半端になってしまってお二人の顔に泥を塗る感じになっても嫌だなという思いもあったんですけど、でも出ないって言うのは簡単だし、どうせだったらどう面白く演じられるかを考えようと。自分なりに「どう演じようかな」って考えてた時にお会いして、「ちょっと似てる」っていう部分を言っていただけたのがすごく支えになるというか。お二人にどう似せるかじゃなくて、このドラマを楽しく面白いものにするのが大事だなって今は思えています。

――森本さんも演じるに当たり、不安はありましたか?

森本 僕も不安はもちろんありますよ。僕たちがテレビで見て勝手に抱くイメージとか、話を聞いて想像することと、実際にお二人が経験したことって絶対違うだろうし、その中での気持ちの変化や、人生をどう歩んできたのかはお二人の話を聞いて僕たちが形にするわけで。見ていただく方に「錦鯉の人生ってこんな感じだったんだな」とちゃんと伝えなきゃいけないし、面白いと思ってもらえるようにもしなきゃいけないし、やるべきことがたくさんあるなって。でも、それよりまずは錦鯉の人生を僕たちは演じることで歩めるわけですから、本当にお二人になり切って、楽しい人生を歩んでいきたいと思います。

1

2 3

関連記事

  1. 「僕に3分だけ時間をもらえますか?」冬の京都を舞台に、人気シリー…
  2. 三代目 J SOUL BROTHERSオンラインファンイベント開…
  3. ミュージカル『アルジャーノンに花束を』来年GW上演!浦井健治が9…
  4. 「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage、出…
  5. Hey! Say! JUMPが宮城県をPR、夏の宮城へジャンプし…
  6. つんく♂作詞・作曲のシングルでデビュー! テクノポップユニット、…
  7. Kis-My-Ft2 「サッポロ一番」CMにメンバー全員集合
  8. 屋良朝幸と音楽プロデューサーm.c.A・Tがタッグを組んだ「Th…
PAGE TOP
error: Content is protected !!