ニュース

ノサカラボの最新公演『罠』今秋上演!原嘉孝が本格ミステリーに挑む!

世界の名作ミステリーを舞台化していくプロジェクト“ノサカラボ”の最新公演『罠』を今秋、東京と大阪にて上演する。

演出家・野坂実が世界中の数えきれないほどのミステリー作品から秀逸な作品を選び出し、丁寧に舞台化するプロジェクト“ノサカラボ”。これまでに『シャーロック・ホームズ』(2021年8月上演)、『アルセーヌ・ルパン』(22年5月上演)などの朗読劇を展開してきた。このたび、満を持しての長編舞台に挑む。

フランスの劇作家ロベール・トマが1960 年に書き下ろした傑作サスペンス「罠」。60年代フランスを舞台にわずか6人の男女が繰り広げる張り詰めた応酬、二転三転する捜査、衝撃のラスト…。果たしてうそをついているのは誰なのか。誰もが怪しく、誰もが真実を語っているとは思えない、息をもつかせぬ展開が待っている。読書とはまた一味違うミステリー体験をぜひご堪能あれ!

主演を務めるのは、多くの主演舞台を成功させて注目を集める原嘉孝。妻が失踪し憔悴するダニエルを演じる。妻を名乗る女を元宝塚歌劇団星組男役の麻央侑希、そして謎の女を連れてくる神父を高田翔、捜査を左右する重要な証人として釈由美子と横島亘(劇団民藝)、事件の捜査をする警部を的場浩司が演じる。

彼らが仕掛ける『罠』を見破ることはできるのか!?

[原嘉孝コメント]

主演を務めさせていただきます、原嘉孝です! 初のサスペンス作品なのですが、僕はこの台本を読んだその日、人間不信になりました。皆さんもご来場の際は気を付けてください。まさに『罠』というタイトルがふさわしい、一瞬も気が抜けない作品だなと既にワクワクしております! これは挑戦状だ! 僕たちが仕掛けるわなを見破りにきてください! 劇場でお待ちしてます!

[高田翔コメント]

今回、『罠』という作品でマクシマン神父を演じさせていただきます高田翔です。以前、野坂さん演出の舞台に初めて出させていただいた時は牧師役でした。そして今回3度目となるのですが、神父です。僕はそういうイメージなのかなと勝手に思っています。とても難しい作品、役になるかと思いますが、全力でやっていきたいです。付き合っていると言っても過言ではないくらい、一緒の現場にいる原嘉孝。彼とこの作品で共演できるのも、とてもうれしいです。そして、的場さんをはじめとした豪華なキャストとご一緒させていただくのも本当に幸せです。ぜひ、劇場まで。よろしくお願いします。

公演は10月22日(土)〜30日(日)まで東京・ニッショーホール、11月2日(水)、3日(木)大阪・松下IMP ホールにて。

 

関連記事

  1. 黒柳徹子、藤井流星(ジャニーズWEST) 朗読劇『ハロルドとモー…
  2. 伝説のミュージカル『シンデレラストーリー』17年ぶりに上演!
  3. 『5 Guys Shakespeare Act1:[HAMLET…
  4. ミュージカル『薄桜鬼 真改』相馬主計 篇が開幕!
  5. 岡田将生主演『ガラスの動物園』のビジュアルを解禁!
  6. 森田剛が再びサイモン・スティーヴンス作品に挑戦!ゲーテの「ファウ…
  7. 笑点ドラマスペシャル 桂歌丸
  8. 有名な音楽家・モーツァルトが実は女だった!?『マドモアゼル・モー…
PAGE TOP
error: Content is protected !!