ニュース

溝口健二監督映画を長塚圭史が舞台化!ミュージカル『夜の女たち』製作発表会見

9月3日(土)から神奈川・KAAT神奈川芸術劇場<ホール>ほかにて上演するミュージカル『夜の女たち』の製作発表会見が、7月15日に同劇場内のスタジオにて行われた。

本作は、溝口健二監督映画『夜の女たち』の舞台化。1948年に公開された映画『夜の女たち』は、戦後間もない大阪・釜ヶ崎を舞台に生活苦から夜の闇に落ちていった女性たちの必死に生き抜こうとした姿を描いた作品だ。

今回、映画の脚本を基に長塚圭史が上演台本と作詞と演出を手掛け、自身初のオリジナルミュージカルとして音楽の力で、混沌とした時代を生きていかなければならなかった日本人のエネルギーと生命力を描く。

製作発表会見には出演の江口のりこ、前田敦子、伊原六花、前田旺志郎、大東駿介、北村有起哉と、演出の長塚圭史が登壇。作品への思いや公演へ向けての意気込みなどを語った。

[長塚圭史(演出)コメント]

1948年に公開された溝口健二監督の映画『夜の女たち』を見た時の衝撃が忘れられません。アメリカの占領下にあった時代に、実際に大阪釜ヶ崎で撮影されていて、劇映画でありながらもほとんどドキュメンタリーのような印象を受けました。第二次世界大戦後、日本がアメリカの占領下に置かれた時代が確かにあって、それが私たちの現在に脈々とつながっている。このことが忘れ去られてしまっているような現在に対して違和感を感じたのが、この作品を舞台化するきっかけでした。日本人の価値観が真っ逆さまに引っくり返るような敗戦の時代を描く時に、どうしてもただ暗い側面にばかり引っ張られてしまいがちです。けれどミュージカルなら、言葉にならない心の内を歌い上げることもできれば、その時代の空気そのものを歌にすることもできる。そして何よりも、困難な中でも力強く生きた庶民の姿を鮮やかに描き出せるのではないかと思ったのです。今年のメインシーズン<忘>の最初の作品として、時代の変換期に庶民がエネルギッシュに生き抜いた姿を荻野清子さんの素晴らしい音楽と共に描きたいと思います。

[江口のりこコメント]

ミュージカルは初めてですので、毎日稽古場で楽しいと思ったり楽しくないと思ったり、あっち行ったりこっち行ったり頑張っているのですが、一緒に演じる俳優の皆さんがミュージカル畑の方ではなく、私と同じような俳優の皆さんなので心強く、大丈夫だと思います。さまざまな取材でこの作品が今の時代に問い掛ける意味や社会に対してのメッセージを聞かれましたが、まずは台本に書かれていることをやるのに必死というか、それが今の正直なところです。この映画を見た時にすごくエネルギーのある作品で静かな作品だと思って、どこに音楽が入るんや、どこで歌うんやと思って謎でしたけど、実際稽古をしてみると台本にある部分のシーンやセリフを歌うことによって底上げされるんです。それを感じた時にストレートプレイではなくミュージカルにする意味が腑に落ちました。そこが“セリフを歌う”という楽しさかなと思います。

[前田敦子コメント]

ミュージカルは初めてなので、お稽古が始まってみたらあまりにも本気でちょっとびっくりしました。歌の練習から入って、セッションをする形で台本を読み合わせながら歌に入っていくという流れをつくっていただいています。歌にはパワーがあると実感しています。まずは音程にそって歌えるようにならないといけないのかなと思っているところで、そこからどうやってセリフとつなげて落とし込んでいくんだろう…とまだ分からないことだらけなんですけど、でも皆さんがいるから自然とその役になっていく…その作業はとても楽しいです。私個人としては、AKB48でポップスを歌っていましたが、実は楽譜が読めないので、読み方を教えていただくところから始めています。今は新しいことをやっているな!という気分です。(江口)のり子さんが大好きなので、共演できてとってもうれしいです。のり子さんが歌っている姿がとてもいとおしいので、早く皆さんに見ていただきたいです。

[伊原六花コメント]

長塚さんもお話をされていましたが、この作品を初めて見た時は衝撃がすごく、この作品をミュージカルでどう表現されるのかなと思っていました。楽曲を聞いた時にせりふのイントネーションがそのまま楽曲になったものばかりで、心境だったりを音楽にのせて届けることができる作品になるんじゃないかとすごくワクワクしています。今本読みをしていますが、フラットで自由なキャストの皆さんばかりなので、これからの稽古がすごく楽しみだなと思っています。事実としてこのような時代がある中で、自分が思っている感覚とその当時生きていた方の感覚のとらえ方が違うなと思います。(私が演じる)久美子は(前田敦子扮する)夏子さんにすごく憧れがあるし、明るい力のある女の子だなと思うので、この時代だからこそ、新しく流れてくるものに憧れる気持ちとかをもっと皆さんと話し合って作り上げていけたらと思います。

1

2

関連記事

  1. 生田斗真主演舞台『偽義経冥界歌』がゲキ×シネとなって10月24日…
  2. 横山裕演出『青木さんの家の奥さん』上演決定!抱腹絶倒のドタバタ&…
  3. 大倉忠義が『夜への長い旅路』で4年ぶり舞台出演!
  4. 勝村政信×高杉真宙の二人芝居『ライフ・イン・ザ・シアター』最新…
  5. 益若つばさがケーキ作りで“理想のママ”宣言
  6. 小瀧望(ジャニーズWEST)がスペシャルドラマ「68歳の新入社員…
  7. 劇団☆新感線が、映像など新たなコンテンツを届ける「新感線・シンパ…
  8. アメツチ公演『江戸川乱歩の世界 朗読劇・幻燈の獏』を上演!
PAGE TOP
error: Content is protected !!