ニュース

坂本昌行が栗山民也演出の舞台『凍える』に主演!連続殺人鬼役に挑む

坂本昌行が連続児童殺人鬼役に挑戦! 坂本が主演する舞台パルコ・プロデュース2022『凍える』(原題:FROZEN)を今秋10月にパルコ劇場にて上演する。

1998年にイギリスで初演された本作は、04年にニューヨークで上演されて評判となり、同年に演劇賞の権威トニー賞のBEST PLAYにもノミネートされたブライオニー・レイバリーのヒューマンサスペンス。18年には、イギリスでリバイバル上演もされている。重厚で骨太な脚本と「病的疾患による連続殺人」を扱ったこの作品は、いや応なしに観客の胸を締め付けてきた。

10才の少女ローナが行方不明になった。それから20年後のある日、連続児童殺人犯が逮捕される。児童連続殺人犯のラルフを前に、ローナの母ナンシー、精神科医のアニータがそれぞれ相対する。3人それぞれの内面に宿る氷の世界…、拭い切れない絶望感、消えることのない悲しみ、やり場のない憎悪、そして3人それぞれの止まったままの時間は再び動きだすのか。

本作は、家庭内暴力、幼児虐待…社会に潜む病巣が事件となって表出し、毎日のようにニュースとして報道される現代に疑問を投げ掛ける衝撃のストレートプレイだ。

演出は日本を代表する演出家・栗山民也。キャストには栗山が演出を務めたミュージカル『阿国』(92)で初舞台を踏んで以来、30年ぶりに栗山民也演出作品に出演、そして22年ぶりにPARCO劇場の舞台に立つ坂本。16年に第24回読売演劇大賞 優秀男優賞を受賞し、現在はミュージカル『THE BOY FROM OZ』でも主演中の坂本が、幼少に受けた虐待で患った疾病により、児童に執着し殺人を繰り返してしまう連続殺人鬼・ラルフという難役に挑む。

20年間愛する娘の生還を信じ続け、娘の死を知らされた今も現実を受け入れることのできない母親には待望の栗山民也作品初出演となる長野里美。 映画『あなたの番です 劇場版』や舞台『君となら〜Nobody Else But You』、NHK大河ドラマ「真田丸」などに出演する長野が、栗山とどんな化学反応を見せるのか期待が高まる。

『トロイ戦争は起こらない』『母と惑星について、および自転する女たちの記録』などで栗山演出作品に出演し、20年には栗山の演出舞台『殺意 ストリップショウ』で読売演劇大賞・最優秀女優賞に輝いた鈴木杏。栗山からの信頼の厚い鈴木が坂本演じる殺人犯の担当精神科医を演じる。

[ラルフ役:坂本昌行コメント]

普段の生活ではなかなか起こり得ない、また、センセーショナルな内容ですが、非常に考えさせられる舞台になっています。今までに演じたことのない、連続児童殺人犯ラルフを演じます。ラルフという人間になった時に、どのように気持ちが動いてどのようになってしまうのか、僕自身楽しみですし、心も体ものめり込んでいけたらと思います。僕が30年前に初舞台を踏んだ時の演出家が栗山さんだったので、たくさんの時間と経験を経て、再びご一緒できることがとても楽しみです。PARCO劇場に立つのは22年ぶり(00年『東京サンダンス〜俺たちの20世紀〜』以来)なので、22年前とは違った僕を見ていただけたらうれしいです。劇場でお待ちしてります。

公演は10月2日(日)~10月24日(月)まで東京・パルコ劇場にて。以降、10月~12月にかけて福島、兵庫、豊橋、松本、新潟、北九州、沖縄と巡演する。

 

 

関連記事

  1. 今江大地が関西ジャニーズJr.卒業後、初主演舞台へ!横内謙介演出…
  2. EXILE TAKAHIRO、三代目 JSBらが歌う映画『ウタモ…
  3. 「イケメンDREAMあかでみぃ」番外編① 第2回はael-アエル…
  4. 森田剛が再びサイモン・スティーヴンス作品に挑戦!ゲーテの「ファウ…
  5. KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『近松心中物語』の製作発表に長…
  6. 中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ』に木下晴香と福士誠治が出…
  7. 香取慎吾×三谷幸喜「誰かが、見ている」がAmazon Prime…
  8. 「Sexy Zone の進化論」 5 月 22 日は「粋」後編!…
PAGE TOP
error: Content is protected !!