ドラマ

草彅剛インタビュー NHKドラマ「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」後編 12月23日(土)放送

草彅剛が主演を務めるNHKドラマ「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」の前編が12月16日に放送された。

本作は、丸山正樹による同名小説が原作。主人公の荒井尚人(草彅)は、耳の聞こえない両親の間に生まれた耳の聞こえる子供“コーダ”(Children of Deaf Adults)。彼が手話通訳士となって“デフ・ヴォイス”=“ろう者の声”と向き合っていく中で、殺人事件に巻き込まれる姿を追う、社会派ヒューマンミステリー。12月23日(土)に後編が放送される (後10.00~ NHK総合・BSP4K)。

20名近いろう者や難聴者の役は、ほぼ全てを実際にろう・難聴の俳優が演じ、よりリアリティーのある演技を見せているのも本作の魅力の1つ。丁寧かつ熱い作品作りの現場において、草彅はいつも通り気負うことなくフラットに、しかし全身全霊で真っすぐに役と向き合った。表現者・草彅剛の凄みと、映像からヒシヒシと伝わってくる本作のエネルギーを、ぜひじっくりと味わってほしい。

 

――この作品の面白さをどんなところに感じていますか?

最初にお話をいただいたときは、原作を知らなかったので、手話を扱った作品だということを聞いて、もっと感動的なヒューマンドラマなのかなと思っていたんです。でも、台本を読んでみたらミステリーで、そこが面白いなと思いました。その謎を解いていく上で、コーダやろう者がキーポイントとして散りばめられていて…。僕はいつも事件が起こるような作品のとき、やっていても犯人が分かっていないんですけどね(笑)。ミステリアスで、事件があって、家族愛もあって。こういう作品は今までやったことがなかったので、新しい作品をみんなと作れたなって、すごく満足しています。

――初めての手話を交えた演技。大変だったことはありますか?

いつもあまり深く考えず、作品をいただいたらやりたいなと思うタイプなので、そんなに難しいなとは思わず、すんなりと入っていけました。そこは、監督さんや皆さんに引っ張っていただいたなと。ただ手話の量はかなりあったので練習して、やりながらどんどんイメージを膨らませて。結果、大成功になりました! 先に言っちゃう(笑)。手応えはありますね。

――手話でお芝居をするにあたって、普段とは違う意識をしたことはありましたか?

手話は本当に難しかったですね。最初はひどいものでした。みっちり指導していただいて、気持ちから伝えるということを大事に。普段だったら感情を表すときに大きな声を出したりするのがお芝居の醍醐味だったりすると思うんですけど、そうではない。なので、手話をやりながら僕自身の中からも“デフ・ヴォイス”があふれてきたらいいなと思いながらやっていました。

本当に、良い空気に呑まれていったというか、あまり自分でこうしようとは思っていなくて。現場に入ってろう者の方の手話を見たり、一緒にお芝居していたりすると、皆さんの吸引力に惹き込まれていくので、その感じのままでいいなって。手話の練習はしたんですけど、練習さえしておけば、あとは現場で目の前にいる方の空気感や熱量によってその手話に気持ちが乗ってくるだろうなと思ってやっていたら、すごくいい感じになったと思います。教えてくれた先生や、みんなに感謝です! みんなが僕を尚人にしてくれたという感じですね。

――共演者の皆さんとのコミュニケーションは?

セリフのある役者さんだけでなく、エキストラとしてもろう者の方々にお手伝いをしていただいていたので、垣根を超えたコミュニケーションができた感じでしたね。手話じゃなくても身振り手振りで気持ちを伝えたり、同じ方向を向いて1つのシーンを作り上げようという気持ちがあったので、すごく温かい現場でした。小さい子もいたりして、お芝居をしているというより、みんなで遊んでるのかなって思うくらいでしたね。

――今回の作品を通してどんなことを学びましたか?

学んだこと…ないかな。もちろん手話は難しくて練習しないとできなかったんですけど、描かれている人たちの日常は普段の僕の日常とそんなに大きく違うものではない気がして。なので、“楽しかったなぁ~”っていう気持ちのほうが大きいんです。ただ、今回僕にとって初めてだったのが、ろう者の方とお芝居をすること。その中にはこれまで全くお芝居をしたことがなかった方もいらっしゃったので、そういう方々とお芝居をすることでの発見はありましたね。普段はプロの役者さんたちと一緒にお芝居をすることがほとんどなので、そこの空気感の違いは刺激的でした。

――何森役の遠藤憲一さんが「以前から草彅くんと共演したかった」とコメントしていましたが、初共演の感想は?

チャーミングな方で、和ませてくれて、カッコいいですよね。僕も昔から気になる方だったので、いいバディになれたんじゃないかなって。その感覚から、昔、僕が20代の頃に西村まさ彦さんとバディを組んでやった「TEAM」(フジテレビ系)っていうドラマを懐かしく思い出して、胸がキュンとしたりもしていたんです。今回、遠藤さんとお芝居できたことは僕にとってもスペシャルで、かけがえのない時間でした。あのはにかんだ笑顔で「元気?」って声を掛けてくださったりもして。お芝居も本当に素敵で、遠藤さんと僕とでバディを組んでスペシャルドラマをやりたいなって思うくらい。「デフ・ヴォイス2」、誰か考えてくれないかな(笑)。

1

2

関連記事

  1. 大地真央と花總まりの初共演で『おかしな二人』を舞台化!
  2. 白濱亜嵐 ドラマ「小説王」インタビュー
  3. 櫻井翔と二宮和也 「2020年用年賀状」受付開始セレモニー
  4. 「ななにー」に土屋敏男、河瀬大作、明松功、佐久間宣行、池田千尋ら…
  5. いしいしんじの長編小説を、ウォーリー木下が音楽劇に!注目の新生、…
  6. 中島健人「モンスターストライク」新CM発表会
  7. 人気野球漫画「ROOKIES」を舞台化!新人教師・川藤幸一役に根…
  8. TVfan CROSS Vol.34(テレビファンクロス Vol…
PAGE TOP
error: Content is protected !!