ニュース

W主演&Wキャストで上演する舞台『錦田警部はどろぼうがお好き』が開幕!

人気コミックスを舞台化した舞台『錦田警部はどろぼうがお好き』が、3月11日に東京・品川プリンスホテルクラブeX にて開幕した。

本作は、脚本・演出に、舞台、ラジオ、ドラマなど幅広く活動する気鋭の作家・川尻恵太(SUGARBOY)を迎え、キャストはW主演でWキャスト! 錦田警部の右腕・アンリ巡査として警察署に潜入している怪盗ジャックを廣野凌大と大崎捺希(Wキャスト)が、かつて「死んだ目の錦田」と呼ばれた伝説の刑事で世界中の財宝を狙う怪盗ジャックの逮捕に執念を燃やす男・錦田警部を藤田玲と髙木俊(Wキャスト)が演じる。二面性を持ったキャラクターたちをそれぞれWキャストで演じ、計4通りの組み合わせで上演する。さらに錦田警部の元相棒・緑島栄助を大隅勇太、舞台オリジナルキャラクターとして新たに登場する部下田タテシを福島海太、宝ノ持クサレを酒井敏也が務める。神出鬼没の怪盗ジャックと、怪盗ジャックが好き過ぎて逮捕できない錦田警部の“ゆるふわ追いかけっこコメディー”をお楽しみに!

なお、公演初日の3月11日は怪盗ジャックを廣野凌大、錦田警部を藤田玲が、翌3月12日は怪盗ジャックを大崎捺希、錦田警部を髙木俊が演じた。

3月11日公演より

3月11日公演より

3月11日公演より

3月11日公演より

3月11日公演より

3月11日公演より

怪盗ジャック=アンリ巡査役:廣野凌大コメント]

川尻さん演出のコメディーということでハートが温まる物語でもあり、Wキャストなので自分が出ていないところでも刺激を受けています。このご時世だからこそ、皆さんにも元気になっていただきたいし、僕らももどかしさを発散するので、皆さんもうちわとペンライトを振っていただいて、この作品にハートを盗まれてとりこになって帰っていただけたらなと思います! 原作ファンの方にはリスペクトを持って挑んでいますし、僕らキャストのファンの方にも新たな僕らの一面を見ていただきたいです。舞台史上一番のやりがいになるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!

[怪盗ジャック=アンリ巡査役:大崎捺希コメント]

Wキャストということで、まず先に凌大と玲さんの公演があるので、僕たちはそのパワーを頂いてさらにパワーアップして挑みます! プレッシャーもありますが、初日の空気感も楽しみながら僕たちが作ってきたものを全力でぶつけたいと思います! 見どころは、普段の舞台装置とは違う飛び道具が仕掛けられているのと、お芝居的には全体のチームワークやアンリの心情の変化などを楽しんでいただけたらと思います。

3月12日公演より

3月12日公演より

3月12日公演より

3月12日公演より

3月12日公演より

3月12日公演より

 

[錦田警部=死んだ目の錦田役:藤田玲コメント]

錦田警部役の藤田玲です。この作品は、原作と演出の川尻さんの世界観とが非常にマッチしていて面白い仕上がりになっていると思います。そしてWキャストということで、二人の錦田警部は演技プランも全然異なります。好みはあるかと思いますが、ぜひ、どちらも見ていただけたら違った楽しみ方ができるのではないかと思っています。僕自身なかなか演じたことのないジャンルの役になりますが、一公演一公演毎回チャレンジをし、公演期間も短いので一公演一公演大切に、何よりご来場の皆さま、配信でお楽しみいただける皆さまに笑顔になっていただけるよう誠心誠意演じたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

[錦田警部=死んだ目の錦田役:髙木俊コメント]

さぁ! 間もなく開幕しますね! どんなジャンルの芝居の中でもやっぱりコメディーは大変なんだと実感しました。体力がゼロに、いやマイナスになるぐらいヘロヘロです(笑)。この熱量みんなに伝わればうれしいです! そして原作の面白さをいかに伝えるか。Wキャストでアプローチの違う演技プランもぜひお楽しみください! 観劇するに当たって声を出せなかったりするとは思いますが、マスク越しの表情は分かります! いろんな事を忘れてただただ楽しんでいってください!

1

2

関連記事

  1. 話題騒然のエロチックコメディーミュージカルが 初演に引き続き、浜…
  2. 鈴木仁と吉田仁人が5年ぶり共演!「モトカレ←リトライ 〜カノジョ…
  3. 韓流雑誌の決定版!「もっと知りたい!韓国TVドラマ」vol.10…
  4. 9月上演の『Paradox Live on Stage』のキャス…
  5. 坂本昌行インタビュー「ペットドクター花咲万太郎の事件カルテ」
  6. カミナリ・まなぶがR-1出場宣言!?
  7. ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』ドルビーシネマ特別先行上映&舞台あいさ…
  8. 小泉孝太郎「連続ドラマW 松本清張 眼の壁」インタビュー
PAGE TOP
error: Content is protected !!