ニュース

ビートルズはもともと“5人編成”だった!『BACKBEAT』が戸塚祥太、加藤和樹、辰巳雄大らで再演へ

世界的ロックバンド・ビートルズはもともと“5人編成”のバンドだった―。アートとロック、青春の光と影を、華と実力を備えた個性豊かなキャストが20曲以上もの生演奏でつづる『BACKBEAT』が2023年春に再演される。

本作は、20世紀を代表するロックバンドのビートルズの創成期を描いた1994年公開の伝記映画『BACKBEAT』を、イアン・ソフトリー監督自ら舞台化した作品。

結成当初、ビートルズは5人編成だった。当時のベーシストであり、画家としての才能も発揮しながら、しかしビートルズのメジャーデビューを待たずして袂を分かつことになるスチュアート・サトクリフと、彼の芸術的センスにほれ込み、敬愛していた学生時代からの親友ジョン・レノン。そして、ジョージ・ハリスン、ポール・マッカートニー、ピート・ベストのメンバーがビートルズを結成し、若者らしい爆発的なエネルギーでハンブルクへ巡業していた時代を描く。

やがて、写真家のアストリッド・キルヒヘルと運命的な出会いをして恋に落ち、アート志向を強くしていくスチュアート、揺れ動き葛藤するメンバーたち。実際にビートルズのメンバーに起こった史実があまりにドラマチックで、あらゆる面で伝説のバンドだったのだと改めて感嘆を禁じ得ない。

さらに、本作の大きな見どころの一つは、何といっても20を超える楽曲の生演奏。初期ビートルズの粗削りながら勢いのある演奏、あり余るエネルギーを正面からぶつけてたぎるようなほとばしる生演奏のサウンドにもぜひご期待を!

スチュアート・サトクリフを演じるのは、A.B.C-Z のメンバーでありバラエティーや映画、舞台など幅広いステージでマルチに活躍する戸塚祥太。ジョン・レノン役はジャンルを問わず俳優として存在感を示しながら歌手としても活躍、情感あふれるライブに評価の高い加藤和樹が務める。ジョージ・ハリスン役にグループでの活動に加え単独でも多数の舞台で活躍するふぉ~ゆ~の辰巳雄大。当時はギターを弾いていたポール・マッカートニー役にはFUZZY CONTROL のJUON。ドラムのピート・ベスト役に舞台やミュージカルを中心に活躍する上口耕平。2019年5月の初演時に見事なサウンドを日本中に響き渡らせた“令和のビートルズ”のメンバーが再集結する!

また、スチュアートの恋人となるアストリッド・キルヒヘル役は、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役でミュージカルを中心に活躍している愛加あゆが務める。さらには、鍛冶直人、東山光明、西川大貴、加藤将、工藤広夢、そして66年のビートルズ初来日公演の際に前座を務め、彼らの大変貴重な生の演奏を体感している歌手で俳優の尾藤イサオ。尾藤が披露するライブでの歌唱にもご注目を。華と実力を備えた、個性豊かなキャストが奏でる青春の光と影。どうぞお楽しみに。翻訳・演出は石丸さち子、音楽監督は森大輔が務める。

[スチュアート・サトクリフ役:戸塚祥太コメント]

このメンバーでロックしてお芝居して…青春の光と影を、メンバーそしてお客さんとまた味わうことができるんだと今から興奮しています。スチュアートは芸術や表現するということをとことん突き詰めていった人で、あのジョン・レノンがほれ込むほどのセンスを持っていたので、自分も突き詰めていきたいと思います。演出の石丸さち子さんは誰よりもエネルギッシュに僕たちをまとめてくれていたので、今回も石丸さんマジックがどう作用するのか楽しみです。スチュアートはクールな一面もありつつ、ロマンチストで愛情表現がとても熱く、アストリッドの芸術性・才能に引かれるという部分がとても彼らしいなと思います。生きていく上で何を優先させたいか、何を手にしたいか、そして人間関係の中でどちらかを選ばないといけない…、という場面はいろんな人が経験していることだと思います。彼の孤独や人生は複雑にカオスな状態で光と影が入り混じっています。その表裏一体を表現できるよう、より濃く演じていきたいです。気を引き締めてメンバー一丸となり、このチームで令和のビートルズとして皆さんの心の中に熱いものを届けたいと思います。

[ジョン・レノン役:加藤和樹コメント]

このメンバーでまたやりたいね、と話していたので、再演が決まった時、またあの時間が来るぜ!「ビーバッパルーラ」!!とみんなで喜び合いました。この作品はスチュアートとジョンとの出会い、そしてビートルズの活動を描いた作品です。何といっても生演奏が見どころです。悲しい別れもありますが、それを経て今のビートルズがあるということを感じていただけると思います。前回の公演が終わっても、仲が良くて当時のビートルズみたいに同じ時間を過ごした仲間、戦友がまた集まることで、より芝居に深みが出ると確信しています。新たに変わるBACKBEATを、僕たちも楽しみにしています。

[ジョージ・ハリスン役:辰巳雄大コメント]

1

2

関連記事

  1. 中川大志主演『歌妖曲~中川大志之丞変化~』ライブビューイング開催…
  2. 月刊TVfan(テレビファン)年末年始特大号、12月14日発売
  3. ITZY(イッチ)、日本デビュー記念ショーケース「ITZY JA…
  4. 銀魂史上屈指の“泣ける”dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-…
  5. 大地真央の主演舞台「クイーン・エリザベス」製作発表
  6. 明治座とにっぽん丸の初コラボ企画!中川晃教が船上コンサート7月開…
  7. 大阪松竹座開場100周年記念『垣根の魔女』4月上演!主演の久本雅…
  8. 少年忍者・川﨑星輝、舞台初主演! 「火の顔」で演技派として猛進
PAGE TOP
error: Content is protected !!