ニュース

柚希礼音とソニンのタッグ再び!ミュージカル『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』が再演へ

2023年6月に東京・東京国際フォーラム ホールCほか地方公演にて、A new musical 『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』の上演が決定した。本作は自由と平等を求めて戦った女性たちを正面から描き話題となったオリジナルミュージカル作品。

19世紀半ば、アメリカ北部で女性の権利を求めて労働運動を率いた実在の女性サラ・バグリーとハリエット・ファーリー。劣悪な工場の環境の中で働かされていたサラとハリエット、そして仲間の女性たちが自身の尊厳と労働環境の向上を求め、理想をぶつけ合いながらもペンと団結力を武器に闘い、世の中を動かしていく姿を描くヒューマン・ストーリーだ。

19年、アメリカ・ブロードウェーで活躍する新進気鋭の作曲家コンビクレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーによって作られたパワフルでソウルフルなロックサウンド満載の原案を基に、日本で活躍する板垣恭一をはじめとする豪華クリエーティブチームが集結し、日米クリエーターの共作というかたちで上演された本作は、女性たちの闘いと連帯の物語が大きな話題となり、19年読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した。このたび、約4年の時を経て、23年6月に待望の再演が決定した。

本作の主演を務めるのは初演から続投の柚希礼音。文章の力によって世界に女性の知性と力強さを発信しようと奮闘する主人公サラ・バグリーを演じる。文芸誌「The Lowell Offering」の編集者でサラと対立しながらも深い友情を結ぶ我慢強く聡明な女性ハリエット・ファーリーをこちらも初演に引き続きソニンが演じる。変わらない力強さとさらにパワーアップした二人の姿にご期待を。加えて、サラを支える心優しいアビゲイルに実咲凜音 、ラーコム夫人の娘ルーシーに清水くるみが続投、華やかな生き方で人生を謳歌するマーシャに平野綾が決定した。

さらに、水田航生、寺西拓人、松原凜子、谷口ゆうな、能條愛未、原田優一、戸井勝海、春風ひとみと再演に当たり新たなキャストも迎え、時代に合わせてブラッシュアップした作品をお届けする。詳しくはオフィシャルHPへ。

(写真は2019年公演より)

 

関連記事

  1. 本日から上演の舞台『呪術廻戦』、Blu-ray&DVDが2023…
  2. お米を擬人化したRICE on STAGE『ラブ米』最新作を11…
  3. 鴻上尚史×中山優馬が再びタッグ!愛と戦いと信頼と絶望と希望の物語…
  4. 岡田将生主演『ガラスの動物園』のビジュアルを解禁!
  5. 中村蒼が俳優デビューを飾った新国立劇場に凱旋!舞台『ロビー・ヒー…
  6. 東方神起、ソウル・東京・香港で再始動を宣言
  7. ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』Snow Ma…
  8. EXILE ÜSA、国連WFP視察報告会で“おいしい”ダンス披露…
PAGE TOP
error: Content is protected !!