ニュース

浦井健治主演『アルジャーノンに花束を』全キャスト発表!

全世界が涙した不朽の名作、感動の傑作舞台が2023年春に帰ってくる。

来年のGWに5度目の上演が決定している、浦井健治主演のミュージカル『アルジャーノンに花束を』。このたび、本作の全キャストと公演詳細が発表された。

原作は、作家ダニエル・キイスが59年に発表した同名小説。日本でも発行部数300万部を超える名作であり、小説を基にアメリカ、カナダ、フランスで映画化。日本でも02年に映画化、15年にテレビドラマ化された。

ミュージカルとしては06年2月に日本初演を果たし、主演の浦井が「第31回菊田一夫演劇賞」を受賞。浦井はさらに、14年の上演の際にも「第22回読売演劇大賞最優秀男優賞」を受賞した。その後、17年と20年の上演時にも大きな話題を呼び、人々の心に深く刻まれた傑作ミュージカルだ。浦井は今回、9年ぶり3度目の主演となる。

注目の共演者には、大山真志、長澤風海、若松渓太、大月さゆ、藤田奈那、渡来美友、東山義久、北翔海莉ら、本作に縁があるキャストから初出演のキャストまで、ミュージカル作品に欠かせない実力派がそろった。

さらに演出には劇団四季退団後、宝塚歌劇団の振り付けやグランドミュージカルの演出など幅広く手掛ける上島雪夫を迎え、新たなミュージカル『アルジャーノンに花束を』をお届けする。

これから作り上げるミュージカル『アルジャーノンに花束を』に対する思い、演じる役柄について、キャストを代表して浦井、東山、北翔からコメントが寄せられた。

[浦井健治コメント]

チャーリイ・ゴードン役を演じる浦井健治です。僕は、この作品で初めて主演をさせていただきました。原作はありますが、ミュージカルとしてゼロから作っていく過程の全てが宝物であり、そこで出会った方々、経験は僕にとってかけがえのないものになっています。僕ももちろんですが、関わった人全てが人生の学びや人間が育む愛や気付き、そういったものを得られるような作品です。僕が演じるチャーリイはとてもピュアで純粋だからこそ、人間の狂気や葛藤などが色づいて見えるのだと思います。今回、アルジャーノン役を演じられる長澤さんや、東山さんとは共演経験がありますが、自分にとってもすごく楽しみであり、お二人が演じられることはとても意味のあることだと思っています。そして初めて共演させていただく方とも、今回の新たなミュージカル『アルジャーノンに花束を』を一緒に作っていけることがうれしいです。今の僕ならではのチャーリイを、そして今回の共演者の方々とゼロからのスタートとして、さらにこれまでこの作品に携わった全ての人々の思いを込めて、新しい『アルジャーノンに花束を』を作れたらなと思っています。さまざまな出来事が起こっているこの瞬間に、この作品をもう一度花を咲かせることができるというのは、きっとお客さまにとっても心の中が温かくなるような、花が芽生えてくる、そんなすてきな経験をしていただけると思います。

[東山義久コメント]

ストラウス博士役を演じます、東山義久です。この作品の一番の魅力はなんと言ってもチャーリイを演じる浦井健治くんだと思います。今回彼が9年ぶりにチャーリイを演じるということで、これまでの経験が積み重なり、また新しいチャーリイ像を見せてくれることを、今からとても楽しみにしています。そしてこの作品を一緒に作っていける機会を頂いたことをとてもうれしく思っています。今回5度目の上演となりますが、これまで錚々(そうそう)たるキャストの方々が演じられてきたストラウス博士役を演じさせていただけること、さらに久しぶりに上島雪夫先生に演出していただけることもとても楽しみです。皆さまが待ち望んでいたチャーリイが帰ってきます。また新しい作品として、一新したカンパニーで作り上げ、皆さまの心に残る作品をお届けしたいと思います。劇場でお待ちしております。

[北翔海莉コメント]

アリス・キニアンを演じます、北翔海莉です。このお話は、現実にありそうで現実ではない架空のストーリーなのですが、見るたびに物語に引き込まれていって、それは人間の愚かさであったり、主人公が変化していけばいくほど、周りの人たちのずるさと言いますか、そういった部分もどんどん変わっていくところが面白いところではないかと思っております。私が演じさせていただくアリス・キニアン役は、一人の人間として主人公に最も接していく人物です。登場人物の中でも、一番優しくて、懐が温かく、そして主人公を大きく包み込むという部分においては、実生活で子どもを持つ母としての人生経験を交えて、今の自分として挑戦していきたいと思います。過去に宝塚時代の先輩方が演じられてきたこの大役を引き継がせていただきますが、お客さまにも新しい北翔海莉をお届けできるのではないかなと思っております。共演者の方々と一緒にさまざまなことを学びたいと思っております。ぜひ楽しみにしていてください。

1

2

関連記事

  1. イギリスの傑作笑劇(ファルス)『トムとディックとハリー』を今夏上…
  2. TVfan CROSS Vol.39(テレビファンクロス) 6月…
  3. 『シュレック・ザ・ミュージカル』のオーディションを経てspi、福…
  4. 木村拓哉 日産「e-4ORCE」新CM発表会
  5. IMPACTorsの基俊介、舞台『ぴーすおぶけーき』で「深澤くん…
  6. 「月刊TVfan」6月号 4月24日(水)発売!
  7. ミュージカル『エリザベス・アーデンvs.ヘレナ・ルビンスタイン …
  8. 主演・井上芳雄と作・演出を務める蓬莱竜太が『首切り王子と愚かな女…
PAGE TOP
error: Content is protected !!