アニメ

もしも3年4組の男子たちが高校生になったとしたら?「ちびまる子ちゃん THE STAGE『はいすくーるでいず』」12月上演!

「ちびまる子ちゃん」原作35周年記念公演として12月15日(木)から天王洲 銀河劇場にて上演される、「ちびまる子ちゃん THE STAGE『はいすくーるでいず』」。

このたび、キービジュアルが公開されてメインキャストのコメントなども発表になった。

「ちびまる子ちゃん」は静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)を舞台に、作者のさくらももこさんが自身を投影した小学3年生のまる子をはじめ、家族や友だちとのほのぼのとした日常を楽しく、面白く、時に切なく描いた心温まる作品。2021年から22年までを「ちびまる子ちゃん」原作35周年記念イヤーとして、アニバーサリーをお祝いする企画を実施中だ。

原作35周年記念企画のラストを飾るのは、舞台化作品。“まる子のクラスメートである3年4組の男子たちが高校生になったとしたら!?”を描く、もしものお話となる。

このたび、本作のキービジュアルおよび待望の配役が公開された。キービジュアルには、3年4組の男子たちの8年後の姿がついにお披露目となった。また、既報の3年4組の男子キャストのほか、ヒデじいや金井先生、大野君のお爺ちゃんといった脇を固める名俳優も集結! 舞台オリジナルキャラクターも登場し、男子たちの日常を彩る。

ほのぼのとした日常や高校生ならではの悩みや葛藤、仲間との友情や青春を描くハートフルな物語、「ちびまる子ちゃん THE STAGE『はいすくーるでいず』」にご期待を!

花輪和彦(花輪クン)役:佐奈宏紀コメント]

「ちびまる子ちゃん」という長く愛されているすてきな作品に携わることができて、とても光栄でうれしく思います。そして、僕が演じさせていただく花輪クンも、皆さんに愛されているキャラクターの1人だと思っています。その花輪クンを演じられること、とても楽しみです。花輪クンについて熱心に調べるほど、どこか自分に近いものを感じているので、稽古を経て、自分なりの高校生・花輪クンを作り上げられたらなと思います! また、演出家の顕作さんの作る優しい世界観が大好きなので、「ちびまる子ちゃん×小林顕作」がどんな作品になるのか、イチファン目線としても楽しみにしています!(笑)。 この作品の支えになれるよう、精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします!

[浜崎のりたか(はまじ)役:松島勇之介コメント]

初めまして。はまじ役を演じさせていただきます、松島勇之介です! 皆さまいかがだったでしょうか? 予想は的中しましたか?(笑)。まず、「ちびまる子ちゃん」はもう、言わずと知れた名作。僕も幼いころから毎週日曜の夕方、おばあちゃんのおうちで家族とアニメを見ていました。今回は漫画「ちびまる子ちゃん」のその後のお話。まる子と共に成長してきた僕としては、大変感慨深いことです。そして今回のはまじ青年は、台本を読むとあのころと同じようにおちゃらけるだけではなく、夢を持ち覚悟がある、どこか男らしい良い男といった印象です。それぞれが大きくなった姿をどうか劇場で目撃してください!!

[藤木茂(藤木君)役:矢田悠祐コメント]

藤木君役を演じます、矢田悠祐です。 まさかの登場人物全員、高校生になっています。一体どんなふうに成長していて、そしてどんな舞台になるのか、僕には全く想像がつきません。いい意味で(笑)。 最近は悪役を演じることが多かったので、今回は思う存分青春させていただいて、デトックスしようと思います。 よろしくお願いします。

[小杉太(小杉君)役:川﨑優作コメント]

日曜の夜といったらアニメ「ちびまる子ちゃん」。明日月曜日かぁ…という憂鬱な気持ちを何度も「ちびまる子ちゃん」には救ってもらいました。こうして恩返しの機会を頂けるとは…感無量です。小学生で毎日が無敵だったキャラクターたちも、舞台版では8年たって高校生。彼らにも年相応の悩みがあることでしょう。小杉君にも新たな悩みや意外な挑戦があるとかないとか…。原作35周年という素晴らしい節目にこの公演をやらせていただけることに感謝しながら、食いしん坊パワー全開でお届けしてまいります! 共にピーヒャラな時間を過ごしましょう!

[山根つよし(山根君)役:石川凌雅コメント]

国民的作品で、しかも舞台は8年が経過した“もしも”の世界。そんな本作に携わることができてとても光栄です。

ちびまる子ちゃんのキャラクターたちが青春をどう謳歌していくのか、想像しただけでなんだかニヤニヤしております! キャストの皆さんもユーモアがあり楽しい方ばかりなので、稽古の段階からきっと素晴らしい時間を過ごせると思っています! 高校生役を演じることができるのはとっても楽しみで、自身が経験したクラスメート同士の和気あいあいとしたあの気持ちを引っ張り出しながら演じたいと思います!

[大野けんいち(大野君)役:橋本祥平コメント]

国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の舞台化と聞いて、驚かれた方はたくさんいると思います。僕もその一人でした!(笑)皆さまと同様に、どうやって舞台化するの!? 小学生を演じられるのか…とドキドキしていましたが、今作は3年4組の男子たちが高校生になったらという“もしも”のお話。高校生にはいろんな悩みがありますよね。その悩みは時に、大人が入れない場合もある。そんな時、助けてくれるのはやっぱり友達。 友情、反抗、絆、夢と言った青春物語に加え、しっかりとあの大好きな「ちびまる子ちゃん」の世界が広がっている作品です。もしものお話なので、きっといろんな人生の選択肢があって、今回その中の一つを演劇として表現させていただきます。今を生きる3年4組のみんなの未来を明るく照らせるような、希望に満ちた公演にしたいと思います。

1

2

関連記事

  1. オリジナルミュージカル『りんご』上演決定!実話に基づく物語に屋良…
  2. 戸塚祥太が舞台「阿呆浪士」でコメディーに初挑戦!
  3. バカリズム、中丸雄一、カズレーザー出演「家事ヤロウ!!!」がゴー…
  4. 横山裕主演『マシーン日記』のビジュアル解禁!サカナクションが主題…
  5. 「2022年オスカープロモーション新春晴れ着撮影会」小芝風花、髙…
  6. 市川海老蔵×黒木瞳×森山未來で新生「オイディプス」が誕生!
  7. 関ジャニ∞横山裕・丸山隆平 プレミアム“カルチャー”フライデーP…
  8. A.B.C-Z塚田僚一の4年ぶり単独主演舞台『Mogut』~ハリ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!