ニュース

12年ぶり上演『ミナト町純情オセロ』で三宅健が劇団☆新感線に初参加!

2023年3月に東京、4月に大阪にて、2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演Shinkansen faces Shakespeare『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』を上演する。

11年に上演された、劇団☆新感線としては異色の“いのうえ歌舞伎”でもなく“ネタモノ”でもなく“R シリーズ”でもない、シェークスピアの『オセロー』を翻案した青木豪書き下ろしの『港町純情オセロ』が、23年に『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』として12年ぶりによみがえる。

本作は、物語の舞台を戦前と戦中から、戦後のアメリカ文化が流れ込んできたポップな時代に改めて書き直し、当時を彷彿させる歌謡曲の要素を取り込みながら装いを新たに上演する。

本作の上演に当たり、劇団☆新感線初参加となる豪華なキャストが結集した。

オセロを演じるのは、新感線初参加となる三宅健。シェークスピア初挑戦で新境地に挑む。初演で劇団員の橋本じゅんが演じた泥臭いヤクザの組長を、一本気で純情な血気溢れるヤクザ者として演じる。

オセロの美しい妻・モナには、俳優として幅広い作品に出演し、作家としても活躍する松井玲奈。知らず知らずのうちにオセロを追い詰める悪計に加担することになるオセロの部下・汐見丈に、舞台を中心にミュージカルからストレートプレイに数多く出演する寺西拓人。

劇団員からは粟根まこと、高田聖子が登板。フレッシュな面々を支える2人の役どころにもご期待を。

悲劇ではあれど、新感線ならではの歌って踊って笑える要素も盛りだくさん、取っ付きにくいなんて言わせない! 令和版・新感線製シェークスピア『ミナト町純情オセロ』が、2023年の春に登場する。

常に新作を発表している新感線として、数少ない再演作品となる本作。がっぷり“芝居”に向き合った、奥深い人間ドラマをどうぞご堪能あれ!

[三宅健コメント]

兼ねてから、いのうえひでのりさんの演出を受けてみたいと思っていましたので、 劇団☆新感線に出演させていただけることを大変光栄に思います。自身にとって、シェークスピアを題材とした作品に携わるのは初のことなので身が引き締まる思いです。僕の知っているオセロのイメージは、自身と真逆のイメージですが、僕にしかできないオセロを演じられるように精一杯努めたいと思います。

 

 

 

関連記事

  1. 天才役者とその代役という特異な関係性を描く漫画「ダブル」が和田雅…
  2. 北村諒ら出演の「劇団『ドラマティカ』ACT2」が開幕!7月8日か…
  3. 亀梨和也ソロライブ「Inside 23 experiment N…
  4. 今夜最終回!ドラマ「ホームルーム」キャストインタビュー
  5. 『あんさんぶるスターズ!THE STAGE』の『キセキ』シリーズ…
  6. 美しくも切ない朗読劇『秒速5センチメートル』開幕!
  7. 関西ジャニーズJr.福井宏志朗と奧村颯太がW主演『キャッシュ・オ…
  8. 坂本昌行インタビュー「ペットドクター花咲万太郎の事件カルテ」
PAGE TOP
error: Content is protected !!