ニュース

EXILE15人体制のドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH”」開幕! ATSUSHI「EXILEって最高だなって思いました。皆さんのおかげです」

7月6日、福岡PayPayドームにて「EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH”」の初日公演が開催された。今回のツアーには、2020年にソロ活動専念を発表したATSUSHIがグループに限定復活し全公演に参加する。約2年5カ月ぶりの“15人のEXILE”によるドームライブだ。今しか見られない、15人によるEXILEのライブパフォーマンス。このライブに懸けるメンバーと客席で見守るファンの思いがヒートアップするドームツアーがいよいよ始まった。

コロナ禍の2年間をたどるようなオープニング演出の後、ツアータイトル「POWER OF WISH」の“W”のフォーメーションでメンバーがステージに登場。観客の期待感が募る中、「Rising Sun」の光り輝くようなパフォーマンスからライブはスタートした。ATSUSHIとTAKAHIROの歌声による懐かしい掛け合いが響き渡ると会場の熱量が一気に高まり、続いて今回のツアーのテーマソングである新曲「POWER OF WSH」が披露される。このステージに賭ける“願い”と“想い”を、15人がスタイリッシュなダンスナンバーで届けた。エモーショナルなInterludeを挟み、人気の高いライブチューン「Heads or Tails」を熱演。NESMITHとSHOKICHIも交えた4人の迫力ある歌声と圧巻のダンスパフォーマンスで、「今」のEXILEを見せ付ける。

ツアー初日を迎えるに当たり、ATSUSHIはライブ前にこう語っている。「このコロナ禍で、多くの人たちが苦しい思いであったり、思うようにいかない日々を送られていたと思います。それは僕らエンターテインメントを届ける側も同じで、僕らに何ができるかをずっと話し合ってきました。そこでLDHとメンバーの後押しもあり『今の日本を元気にする力を、もう一度EXILEとして届ける』というアイデアを頂き、今回出演させていただくことを決意できました」。

ライブの中盤にはATSUSHIとTAKAHIRO、選抜メンバーが名バラード「Lovers Again」と「Ti Amo」を新たなアレンジで披露した。EXILEの歴史を感じさせる、思いの込もったパフォーマンスに会場全体が感動に包まれる。

公演直前の囲み取材にてAKIRA、TAKAHIRO、SHOKICHIは、15人体制のライブに対する思いについてそれぞれ語った。

「5年前、10年前に作った曲でも今の時代にフィットしたメッセージ性があったり、過去の曲を今聴くとまた違った感覚でいろいろな捉え方ができて、エンターテインメントの幅が広がったり。改めて自分たちが作り上げてきた大切な楽曲や、ATSUSHIくんとTAKAHIROの奏でる歌声からも、EXILEの在り方を再認識させてもらえるような気がして、いろいろなイメージが湧きました(AKIRA)」。

「久しぶりにATSUSHIさんが参加されたことで、すごく懐かしい雰囲気を感じて。アリーナとはまた違った心地よい緊張感で現場を過ごさせてもらってます。(黒木)啓司くんも(参加するツアーは今回が)ラストというのもありますし、お客さんとのコミュニケーションはもちろん、メンバーとも一瞬のアイコンタクトだとか、一つ一つの思い出を胸に刻んでいきたいと思います(TAKAHIRO)」。

「前回のツアーもそうですが、ずっと(ライブができず)悔しかった思いを、さらに乗せてリベンジしたいという思いがあります。ここを経て、“LDHエンターテインメント完全復活”として、僕らに続いて全LDHアーティストが輝いていけるような、その勢いをあおるようなツアーになればと(SHOKICHI)」。

なお、今回のツアーには先日引退を発表した黒木が所属するEXILE THE SECONDの6人によるパフォーマンスタイムも設けられている。活動再開を望むファンの声が多かった彼らの登場に、会場は当然のごとく大いに沸き上がり熱中した。今回のセットリストについては、やはり特別な思いが込められているのだと改めて感じる。

「啓司さんと一緒に盛り上げるSECONDを皆さんにお見せできるよう、結構たっぷり時間を取っていますので、そこで楽しんでもらえたらと思っています。自分たちも一曲一曲、かみ締めながらパフォーマンスしていきたいと思います(SHOKICHI)」。

「今の時代だからこそ届くPOWER OF WISHとしてのメッセージ性と、20周年のメモリアル感が融合したライブになっているので、懐かしくもあり、新しさも感じていただけると思います(AKIRA)」。

「これでも絞りに絞って、この(40曲以上を詰め込んだ)内容になったので。ありがたいことに第一章の頃からヒットソングが多いな、ということも再確認できました。みんなの欲を詰め込んだら、あと2時間くらい長いライブになったかもしれない(TAKAHIRO)」。

1

2

関連記事

  1. 福田悠太主演、室龍太、松本明子ら共演の舞台『ボーイング・ボーイン…
  2. 舞台専門プラットフォーム「シアターコンプレックス」が「オリジナル…
  3. IMPACTors/ジャニーズJr.の椿泰我が『マウストラップ~…
  4. 舞台『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』詳細情報解禁!…
  5. 主人公役に生田絵梨花を迎え、松尾スズキ演出の 傑作ミュージカルが…
  6. ABEMA×LDH 2021 スペシャルファンミーティング@EX…
  7. Kis-My-Ft2メンバーがシェフに!ガチンコバトルに!いきな…
  8. 浜中文一主演のミュージカル『Now. Here. This.』が…
PAGE TOP
error: Content is protected !!