ニュース

『シュレック・ザ・ミュージカル』のオーディションを経てspi、福田えり、吉田純也、泉見洋平らの出演が決定!

8月15日(月)から東京建物Brillia HALLにて上演する『シュレック・ザ・ミュージカル』トライアウト公演。このたび、1,300通を超える応募者の中からオーディションによって選ばれた出演者と公演詳細が発表された。

『シュレック』は、『マダガスカル』『カンフー・パンダ』など数多くの子ども向けアニメ映画を手掛けてきたドリームワークスが2001年に製作したアドベンチャーコメディー映画で、史上初のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した大ヒット作品。

「仲間との絆」「真実の愛」「困難に立ち向かう」という普遍的テーマをジョークやパロディー満載で描いた『シュレック』は子どもだけでなく、大人も夢中にし、公開から20年たった今でも世界中で愛される名作アニメーション映画だ。

そんな映画『シュレック』を基に08年にブロードウェーにてミュージカル化され大好評を博した本作が日本初上陸! 大人も子どもも夢中になる魅力を凝縮した、笑いっぱなしの90分間をどうぞお楽しみに。

主人公・シュレックには、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』ニック・マッシ役やミュージカル『オリバー!』のビル・サイクス役を演じるなど抜群の演技力と圧倒的歌唱力で観客を魅了してきたspiが決まった。186cmの高身長と舞台『信長の野暮』や「テレビ演劇サクセス荘」(テレビ東京系)でいかんなく発揮されたコメディーセンスで、シュレックをどう演じるのか乞うご期待。

ヒロインのフィオナ役は、『THE BOY FROM OZ』『天保12年のシェイクスピア』『モーツアルト!』『エリザベート』などに出演、今年の11月には『天使にラブ・ソングを~シスターアクト~』ティナ役での出演も控える福田えりが抜てきされた。

しゃべるロバのドンキー役は、有名テーマパークでアクター・シンガー・MC・キャラクターボイスを務めるほか、ミュージカル『BKLYM』への出演、近年ではミュージカル『イン・ザ・ハイツ』『The View Upstairs』、舞台『「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage』で歌唱指導を務めるなど盤石の歌唱力で幅広い活躍を見せる吉田純也が担当する。

ファークアード卿役は、99年『RENT』でミュージカルに出演以降、『レ・ミゼラブル』マリウス役、『ミス・サイゴン』トゥイ役、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』アルフレート役など数多くの大作ミュージカルのメインキャストとして活躍する泉見洋平が務める。

ほかにも、ジンジャーブレッドマン役の岡村さやか、ドラゴン役の須藤香菜、ピノキオ役の新里宏太など歌と演技を兼ね備えた面々に加え、次世代のミュージカルを担う若き俳優たちが愉快なシュレックの旅路をにぎにぎしく届ける。

[シュレック役:spiコメント]

spiです。僕は王子様系ミュージカル俳優でもなく、トレンディー俳優でもない、モンスター系ミュージカルモンスター俳優なのでシュレックを絶対やってみたいという気持ちがあり、オーディションに参加させていただきました。今回やらせていただけることになって本当にうれしいです。みんなの思いを背負って、楽しんでやりたいと思ってます!

[フィオナ役:福田えりコメント]

全キャストオーディションというのを見て、チャレンジしたいと思いました。フィオナ役に決まったと連絡を頂いた時はビックリし過ぎて「私がフィオナですか?!」と何度も確認してしまいました。フィオナはプリンセスではありますが、かなり個性的なキャラクターでもあるので、自分なりのフィオナを作り上げていきたいです。

映画を知っている方も知らない方も、シュレックと個性豊かなキャラクターたちが織りなす物語に、笑顔になっていただけると思います。今年の夏は、ぜひシュレックの世界へ遊びにいらしてください。劇場でお待ちしています!

[ドンキー役:吉田純也コメント]

いつまでもチャレンジするという気持ちを胸に、実に4年ぶりにオーディションに挑みました。結果を頂いた瞬間は外にいたので、飛び跳ねて喜びたい気持ちをグッと抑え、ただひたすら「ありがとうございます、ありがとうございます!」と心の中で連呼していました。映像ではエディ・マーフィーさん、山寺宏一さん、舞台ではダニエル・ブレーカーさんと、憧れの俳優さんが演じていらっしゃるドンキー。尊敬と感謝の念を心に宿し、全力でチャレンジします。

[ファークアード卿役:泉見洋平コメント]

アニメ版を見て、「実写版があったらどんな俳優さんが演じるのだろう?」なんて思っていたら、オーディションがあると聞き、ぜひ挑戦してみようと思いました。ファークアード卿は、初めて見た時から演じたいキャラクターでした。ただ、実際に人が演じるとなると、「どうやって表現するのだろう?」と興味深く見ていたので、ミュージカル版の映像を見て、衝撃でした! 人と人との距離が寂しい時代ですが、“生”の舞台で“心”をいっぱい動かしていただければ幸いです。「2022年夏休み」の思い出に、しっかり“体温”を感じていただけるように、汗多めで頑張ります!

1

2

関連記事

  1. 根本正勝×峯岸みなみ主演映画『終わりが始まり』が京都国際映画祭で…
  2. 『僕のヒーローアカデミア』The“Ultra”Stageの最新作…
  3. 三宅健、大鶴佐助、藤木直人ら集結!音楽と言葉を結ぶ新たな舞台芸術…
  4. 誕生から50周年を迎えた「修羅雪姫」が“復活祭50th”として今…
  5. 11月上演の『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAG…
  6. TVfan CROSS(テレビファンクロス) Vol.37 1月…
  7. 佐藤アツヒロが舞台『告白』でオリジナル作品の演出に初挑戦!
  8. 舞台『5 Guys Shakespeare Act1:[HAML…
PAGE TOP
error: Content is protected !!