ニュース

「第47回菊田一夫演劇賞」授賞式を開催!大賞『千と千尋の神隠し』ほか各賞受賞者が集合

先般、受賞者が発表されていた本年度「第47回菊田一夫演劇賞」の授賞式が5月30日に東京会館にて行われた。

受賞式には、本年度の受賞者である舞台『千と千尋の神隠し』を代表して橋本環奈、上白石萌音(演劇大賞)、佐藤B作、木下晴香、森新太郎(以上4名:演劇賞)、松本白鸚(特別賞)が出席し、選考委員会から賞状と正賞の盾と副賞の賞金(大賞:100万円、演劇賞および特別賞50万円)が授与された。なお、土居裕子は新型コロナウイルス感染症罹患のため授賞式は欠席となり、代理で所属事務所、プランニング・クレア代表取締役・中村尚美氏が登壇した。

受賞者と受賞内容は次の通り。「演劇大賞」の橋本環奈、上白石萌音、「特別賞」の松本白鸚の受賞コメントを紹介する。

菊田一夫演劇大賞

舞台『千と千尋の神隠し』上演関係者一同 (舞台『千と千尋の神隠し』の高い舞台成果に対して)

橋本環奈コメント]

私たちみんなで作った舞台が菊田一夫演劇賞大賞を受賞することができて大変光栄に、うれしく思っています。「千と千尋の神隠し」という作品は誰もが知る世界的な不朽の名作で、それを舞台化するということになり、世界初演ということもあって0から1をつくる作業がこんなにも大変なんだと日々の稽古で感じていて、幕を開けるために誰一人欠けても上演できなかったと思うと、カンパニー全員でこの賞を受賞できたことがうれしいです。まだ北海道、愛知と公演が続くので、この賞を励みにもっと磨きをかけて精進していきたいと思います。本日はありがとうございました。

上白石萌音コメント]

このたびはありがとうございます。みんなで一つの賞を頂けたことがとてもうれしいです。この作品は国内のみならず海外にも上演関係者がいらっしゃいます。国境も世代も超えて大きなカンパニーが一本の映画への愛とリスペクトで強くつながっていることがすてきだなと思いますし、その輪の中に自分もいられることを幸せに思います。お客さまの中には初めて舞台をご覧になるという方が多いそうです。そういった方々にもっと演劇を見てみたいと思っていただけるような、良い入り口になれるような作品でいられるよう努めてまいります。まだロングランが続く中でこのような栄えある賞を頂けたことはカンパニー全体の活力になっています。賞に恥じぬよう、一公演一公演を大切にお届けしたいと思います。ありがとうございました。

菊田一夫演劇賞

佐藤B作 (『サンシャイン・ボーイズ』のアル・ルイス役の演技に対して)

土居裕子 (『リトルプリンス』の王子役の演技に対して)

木下晴香 (『モーツァルト!』のコンスタンツェ役、「王家の紋章」のキャロル役、『彼女を笑う人がいても』の岩井梨沙/山中誠子役の演技に対して)

森新太郎 (『ジュリアス・シーザー』、『冬のライオン』の演出の成果に対して)

菊田一夫演劇賞特別賞

松本白鸚 (『ラ・マンチャの男』の主演を半世紀以上にわたり務めた功績に対して)

[松本白鸚コメント]

一番懐かしい名前が刻まれた賞でございます。『ラ・マンチャの男』というミュージカルは26歳の時に初演をしました。あっという間に50年。今日は東宝さん、選考委員の方々、ご関係者、『ラ・マンチャの男』スタッフ・キャストの皆さま方にお礼を申し上げたいと思います。先週くらいから『キンキー・ブーツ』というミュージカルがブロードウェーで上演されているのですが、その劇場が『ラ・マンチャの男』をやった劇場でマーチンベックシアターと言います。英語でブロードウェーの俳優さん相手に60ステージやりました。懐かしいなと思いました。本当に今日はお礼の言葉で終始したいと思います。最後に初演からブロードウェーをはじめ50年以上私のそばにいて、ブロードウェーではドレッサーもやってくれました、家内の紀子にお礼を言いたいと思います。ありがとう。

 

 

 

関連記事

  1. 「月刊TVfan」11月号 9月22日(土)発売!
  2. 松尾スズキが作・演出の歌って踊る傑作エンターテインメント!長澤ま…
  3. ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage東…
  4. デヴィッド・ボウイ大回顧展、初日、2日目はチケット完売!
  5. BTS最新写真集「2021 THE FACT BTS PHOTO…
  6. 井ノ原&寺尾バースデー 山田も涙!?
  7. 宮藤官九郎の脚本に名優たちが震え上がる!?「遠藤憲一と宮藤官九郎…
  8. 「中居さんは愛情深い」 SHOWROOM社長・前田裕二インタビュ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!