ドラマ

鈴木仁と吉田仁人が5年ぶり共演!「モトカレ←リトライ 〜カノジョが知らない僕たちの本音〜」インタビュー

累計110万部超えの華谷艶による人気コミックをドラマ化し、4月7日からMBSの「ドラマ特区」で放送された「モトカレ←リトライ」。大学生になった蜜(川津明日香)の隣の部屋に中学時代のモトカレ・楓(鈴木仁)が住んでいたことから巻き起こる、ちょっと大人の甘いラブストーリーが話題になった。現在、dTVオリジナルドラマ「モトカレ←リトライ 〜カノジョが知らない僕たちの本音〜」(全2話)がdTVで配信中。地上波ドラマの第1話〜3話を楓目線で描いたアナザーストーリーで、楓と親友・和葉(吉田仁人)の高校時代や、サウナでの女人禁制トークが繰り広げられる。配信を記念して、鈴木仁と吉田仁人(M!LK)の二人に撮影の裏側について語り合ってもらった。

(75- 66)_DSC8510_R

——まず地上波版「モトカレ←リトライ」の出演オファーを受けた時は、どのように思われましたか?

鈴木:主役を任せてもらえることに責任を感じながらも、素直にうれしかったです。あと、今まで学生役は高校生の役が多かったんですけど、今回は大学生。また一つステップアップした恋愛になるのだろうなと思いました。

吉田:僕は寝起きにマネジャーさんからの電話を受けて、オーディションか何かかな?と思ったら、「決まったよ、ドラマ!」と言われて、「えっ!本当ですか?」と(笑)。うれしかったのは、仁と5年ぶりに共演できること。『斉木楠雄のΨ難』(17年)という映画で、同じクラスメートの役だったんですよ。

鈴木:自分は、この世界に入ってすぐくらいの時でした。

吉田:しかもホテルの部屋がたまたま相部屋で。いろいろ話して仲良くなったんですけど、その後、なかなか会えなかったよね?

鈴木:うん。

吉田:それから仁はドラマや映画で活躍していて、すごいなあと。今回は、いろいろ学ばせてもらおうと思いました。

鈴木:ズルいよ、自分だけ良いこと言って(笑)。

吉田:僕は演技経験が多くないので、仁がいることが安心材料でしたね。最初から、ド緊張してたので。

鈴木:緊張してたよね〜。

吉田:読み合わせの時、本当に冷や汗かいてた(笑)。仁がいてくれてありがたかったです。

鈴木:僕も。和葉と蜜とのりか(中村里帆)は、一緒の大学に通う同級生の設定。4人は絡むことも多いので、コミュニケーションを取ってうまくやっていきたいなと思っていたんです。和葉として仁人がいてくれたから、最初から気負うことなく作品に入ることができました。

吉田:蜜役の川津明日香ちゃんも、のりか役の中村里帆ちゃんも本当に優しくて。

鈴木:「次のシーンは大変だね」っていうような話から、日常の他愛もない話まで、いろいろ話したよね。

吉田:僕は仁菜役のえなこさんや乍先生役の水間ロンさんとも仲良くさせてもらって、本当に会話が絶えない現場でした。

鈴木:仁人とは、撮影が終わってご飯に行ったことも。

吉田:みんなに「しゃぶしゃぶ食って帰るわ〜」って言ってね(笑)。

鈴木:コミュニケーションがよく取れていたから、お互いの関係値もどんどん深まって。それが作品自体の魅力にもつながってるんじゃないかなって思います。

——dTVオリジナルドラマは、地上波版と並行して撮影を?

鈴木:並行して撮らきゃいけないシーンは撮りつつ、メインとなる部分は地上波版の合間に3日間で撮りました。

——dTV版の脚本を読まれた感想はいかがでしたか?

鈴木:地上波版では平静を装っていた楓のもがき、苦しみ、悩みみたいなものが描かれていて面白いなって。あと、「楓はここでこういう感情になっていたから、地上波版ではこうなっているのか」と明らかになる部分が多々あって。「だったら、地上波版はこう演じておかないといけないな」と参考になったりしました。

吉田:dTV版には、原作にはないオリジナルエピソードやカッコいいとかキラキラだけじゃない人間味あふれるシーンもたくさんある。魅力的な脚本だなと思いました。

鈴木:サウナのシーンに出てくるオリジナルキャラクター「熱波師・一二三」が楽しみでしたね。キャストは誰になるのかなと思っていたら…。

吉田:前野朋哉さんに決まって。

鈴木:「え、前野さん、出てくださるの!?」って(笑)。

吉田:豪華だよね〜。

——前野さんと共演されたことは?

鈴木:初めましてです。

吉田:てっきり、どこかで共演してるのかと思ってた。

鈴木:え、初めましてでしょ?

吉田:めちゃくちゃ初めまして。

鈴木:「初めまして」にめちゃくちゃとかないから(笑)。

——実際に前野さんと共演されていかがでしたか?

鈴木:俺も前野さんもサウナ好きなので、待ち時間はサウナの話ばっかりしてました。

吉田:「どんな休日を過ごせたら幸せですか?」って前野さんに聞いたら、「映画見て、すし食って、サウナに入れれば最高の一日だよね」って(笑)。

鈴木:言ってたね。

吉田:そして芝居が始まると、本物の熱波師みたいで。控え室の前を温泉のスタッフさんが通り掛かかったなーと思ったら前野さんだったことがあって、溶け込み方がすごいなと思いました(笑)。

1

2

関連記事

  1. バカリズム、中丸雄一、カズレーザー出演「家事ヤロウ!!!」がゴー…
  2. 『スーパーサラリーマン左江内氏』2017年1月ドラマ 堤真一がサ…
  3. 望海風斗が20周年を彩る新たなショータイム!コンサートツアーを今…
  4. 山田孝之インタビュー「出演する以上はNGなしの覚悟で臨んだ」20…
  5. 熊本で「KAB Music Carnival 2018」開催!
  6. ドラマ『今からあなたを脅迫します』超人気“さわやか”国会議員役に…
  7. 三宅健、大鶴佐助、藤木直人ら集結!音楽と言葉を結ぶ新たな舞台芸術…
  8. 本日デビューのSixTONES、Snow Man ドコモイベント…
PAGE TOP
error: Content is protected !!