ニュース

舞台『ぼくらの七日間戦争』が待望の再演決定!

2020年秋に初の舞台化で好評を博した舞台『ぼくらの七日間戦争』が、多くの熱い要望に応えて22年2月に再演することが決定した。

原作は85年に宗田理により書き下ろされた「ぼくらの七日間戦争」で、当時の中高生を中心に熱狂を生み、瞬く間にベストセラーとなった。劇場版も大ヒットを記録し、その後はアニメ映画化もされている。

「ぼくらの七日間戦争」は、大人による管理教育に反抗した主人公たちが廃工場に立てこもり、爽快な逆襲劇を繰り広げるストーリー。思いがけず起こる事件や難題に立ち向かう子どもたちの勇気と知恵と行動力も本作の魅力の一つ。彼らの成長や冒険心に、見る者全てが青春時代に胸を熱くした思いをよみがえらせるような名作であり、登場する大人たちも子どものためを思うがあまり衝突してしまったり、中には理解を示すものがいたりと、誰もが現在の自分に置き換えられるような作品でもある。

また本作は、原作では描かれていない“ぼくら”が大人になった姿にも心を熱くさせるものがある舞台となっている。

主人公となる菊地英治役で主演するのは、映画、ドラマ、舞台での活躍が目覚ましい校條拳太朗。共演には相原徹役に瀬戸啓太が、“ぼくら”の中でヒロインとなる中山ひとみ役をAKB48で活躍中の北澤早紀が演じる。

“大人”のキャストとしては柿沼直樹の母親役である遠山景織子、“ぼくら”の最大の味方となる老人・瀬川卓蔵役の石橋保が前作から続投。また新たに、橋口純子の母親役に月影瞳、“ぼくら”の通う学校の教師・西脇由布子役に根岸愛、さらに教頭役に渡辺裕之と実力派が名を連ねた。

“ぼくら”と“大人”の熱い戦いを劇場で楽しもう!

公演は2022年2月2日(水)~6日(日)まで、東京・東京建物Brillia HALLにて。

 

©2022 宗田理 /舞台「ぼくらの七日間戦争」製作委員会

関連記事

  1. AKB48の2017年1月25日(水)発売の8thアルバム「サム…
  2. 祭nine.「ビビビTANGO」インタビュー
  3. 「月刊TVfan」(テレビファン)7月号 5月24日(火)発売!…
  4. 坂本昌行と海宝直人共演の二人芝居『マーダー・フォー・トゥー』が開…
  5. 作・演出マギーによる新しいエンターテインメント 『Retrial…
  6. 町田啓太×スタンダードプードルがバディを組んで表紙に登場!動物た…
  7. 「月刊TVfan」年末年始特大号(2月号) 12月13日(金)発…
  8. 一夜限りのライブ配信「プレイタイム」が特別編集版にてオンデマンド…
PAGE TOP
error: Content is protected !!