ニュース

 舞台『冬のライオン』を2022年2月に上演!佐々木蔵之介がヘンリー二世役に挑む

愛と憎しみと欲望。権謀術数渦巻く、高貴な人々の赤裸々な家族劇。

佐々木蔵之介主演の舞台『冬のライオン』が、2022年2月に東京芸術劇場 プレイハウスにて上演が決まった。

時は英国王家の草創期、1183年。イングランド王ヘンリー二世が迎える、心休まらぬクリスマス。場所はイングランドの初代国王ヘンリー二世が居城としていたフランス中部のシノン城。豪傑で実力と運を味方にしてきた初代国王が築き上げた領土に、跡目を誰が継ぐのか決着をつけるべく集まったのは、妻エレノア、長男リチャード、次男ジェフリー、三男ジョン、そして王が寵愛するフランス王女アレーとその異母兄弟で敵国フランスの王フィリップ。

ジョンに家督を継がせたい国王、虎視眈々(たんたん)と跡継ぎの座を狙う長男リチャード。何度も反旗を翻したため長年幽閉されていながら広大な領土を持ち、王妃の立場にいるエレノア。若きアリーとの確執…。

権力と愛情が交錯し、時にストレートに時に権謀術数を巡らし戦いを続ける彼らは、王族でありながらあまりに人間くさく緊迫のパワーゲームは滑稽にも感じられる。

欲望、嫉妬、愛情、策略、期待、絶望。重厚で独特な言葉遣いのセリフに込められた、思惑と感情。俳優の演技力と表現力を最大限味わい尽くすのに、これほどにふさわしい作品はないだろう。『冬のライオン』では、いつの世も変わることのない家族の相克の図、今も変わらぬ人間の性が描きだされていく。

演出を手掛けるのは抜群の存在感を表し、その演出を信奉する俳優たちが数多いことでも知られている気鋭の演出家・森新太郎。手掛ける作品は、マクドナーなど現代翻訳戯曲からシェークスピアやイプセンなどの西洋古典、日本の近・現代古典、またミュージカルまで幅広く、緻密で緊迫感あふれる演出が高い評価を得ている。本作は、森自身がコロナ禍の中で“今上演したい作品”として自ら選んだ一作だ。

ヘンリー二世を演じるのは端正なルックス、高い身体性、情熱溢れる演技で日本演劇界には欠かせない存在の佐々木蔵之介。森の演出では『BENT』に出演し、お互いに信頼をおく間柄だ。

共演は葵わかな、加藤和樹、水田航生、永島敬三、浅利陽介、高畑淳子がヘンリーの妻・エレノア役で出演する。佐々木×高畑が演じるエネルギッシュな王と王妃は、陽性のエネルギーで丁々発止の夫婦が表現されることだろう。

まさしく、緊迫のパワーゲームを演じるにふさわしい演技巧者の競演をどうぞお楽しみに。

[ヘンリー二世役:佐々木蔵之介コメント]

この作品は、登場する7人全員が休む間もなく戦い続け、うそしか言わないけれど本当はその裏返しで、相手からの愛情を求めているのでは?というところに行き着く戯曲だなと思いました。自分の妻や子どもに対して、言葉の配慮のなさが度を越えていて笑える、言葉の使い方にユーモアがあるなと思いました。ヘンリー二世は50歳を超えているにもかかわらず、老いる前に精神的にも肉体的にも活力が急上昇していて、そこを楽しんでいるというところがポイントだと思います。家族との何が真実か分からないやり合いを楽しめるように役を作っていきたいです。森さんは『BENT』でご一緒したことがあり、「いつ死ぬか分からない状態でも、人間って想像次第で笑えるようになるんだ」とおっしゃっていたのが印象的です。今回は森さんの演出で、高畑さんとのやり取りを夫婦漫才みたいな感じで楽しくできたらいいなと思います。高畑さんとは何度も共演しており、演劇の先輩で、大好きで尊敬している方。お相手役で舞台に立てるのは、この上なくうれしくて、稽古しがいがあると思うので、とても楽しみです。

2022年2月26日(土)~3月15日(火)まで、東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて。

 

関連記事

  1. 橘ケンチ(EXILE)×黒龍酒造&常山酒造2コラボ酒
  2. 小川優(ジャニーズJr.)の単独初主演舞台!転生歴史大河『淡海乃…
  3. 宝塚歌劇団入団から20年を迎える明日海りお、9月に記念コンサート…
  4. 赤楚衛二&坂口健太郎が主演「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」吉…
  5. 古田新太のフランク・フルタ―がついにラストラン!『ロッキー・ホラ…
  6. 7月放送の“密室サスペンスドラマ”に 俳優集団D-BOYSの4人…
  7. 『忍術学園 学園祭2021』が「忍たま」の聖地・尼崎で初開催!
  8. A.B.C-Zの橋本良亮主演×G2脚本・演出の音楽劇『ブンとフン…
PAGE TOP
error: Content is protected !!