ニュース

片岡愛之助主演、今井翼共演の『GOEMON 石川五右衛門』が10月に大阪松竹座で上演!歌舞伎×フラメンコのコラボ再び

大阪松竹座で10月5日(火)に開幕する、十月花形歌舞伎『GOEMON 石川五右衛門』の製作発表が都内で行われた。

2011年に徳島県・大阪国際美術館「システィーナ歌舞伎」で初演された本作。伝説の大盗賊・石川五右衛門が実は赤毛でスペインの血を引いていたら…という奇抜な設定とスタイリッシュな舞台が話題を呼び、大阪松竹座、新橋演舞場で再演を重ねてきた。このたび、大阪松竹座に7年の時を経て新たな演出と共に帰ってきた。

出演は、初演から主演の石川五右衛門を演じてきて歌舞伎は元より多彩な分野へのボーダレスな活躍が光る片岡愛之助。五右衛門の父で神父のカルデロンと五右衛門の修業仲間だった霧隠才蔵の二役を務めるのが、本場スペインでのフラメンコ修行の経験があり3回目の出演となる今井翼。そのほか中村壱太郎、中村種之助、上村吉弥、さらには圧倒的な存在感で五右衛門の敵・豊臣秀吉を務めた中村雁治郎が出演する。

歌舞伎×フラメンコ、奇跡のコラボレーション再び! 和と洋の歴史と文化が交錯する奇想天外なエンターテインメント歌舞伎の傑作が今秋、満を持して登場する。

サブ

製作発表会見には片岡愛之助、今井翼らが出席。5回目の上演となる片岡は「大阪では久しぶりの1カ月興行です。(感染状況が)これからどうなっていくか分からないですが、一歩ずつ踏み出していくしかない」と公演への決意を述べ、「(初演から)10年たち、僕も年を取って身体はキツくなっていくけど、こんなに再演されてうれしい」と笑顔を見せた。劇中に登場するフラメンコシーンについては、「毎年、振り付けのレベルが上がって、パワーアップしています。翼くんは余裕の感じだけど、僕らは付いていくのに必死です。毎回課題が与えられて、今回もどんな振り付けができ上がるか楽しみです」と語った。

13年に大阪松竹座で観劇したことが縁で片岡から誘われ、14年の公演から出演している今井は「僕は歌舞伎の芝居に付いていくのに必死。皆さん、日本の伝統芸能を守られている方たちで、常に鍛錬されている。そんな世界に入れてくださるわけです。歌舞伎はいまだに緊張するんですが、愛之助さんはじめ皆さんの胸をお借りして、一生懸命務めたいです」と意気込みを述べた。

公演は10月5日(火)~27日(水)まで、大阪・大阪松竹座にて。

 

関連記事

  1. 高橋一生の音声ガイドにうっとり!「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人…
  2. TVfan CROSS Vol.38(テレビファンクロス)4月7…
  3. ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stageの…
  4. 「#海ドラ部」部長・青山テルマにインタビュー!
  5. 橋本環奈と上白石萌音がWキャストで千尋役!話題の舞台『千と千尋の…
  6. 橘ケンチ(EXILE)がメンバーの心を丸裸=ヌードに!旅番組「E…
  7. 荒牧慶彦、北園涼、植田圭輔らが出演のMANKAI STAGE『A…
  8. ミニオン、TVfan編集部に現る!?
PAGE TOP
error: Content is protected !!