ニュース

9月上演の舞台『Birdland』に上田竜也が主演!

PARCO劇場の9月公演として日本初上演が先日発表された、イギリスの劇作家サイモン・スティーブンス作、劇団ゴジゲン主宰・松居大悟演出の舞台『Birdland』のキャストおよび公演日程が決定した。

本作は、日本でも2014年に上演された『夜中に犬に起こった奇妙な事件』でオリビエ賞、トニー賞を受賞した英国を代表する作家サイモン・スティーブンスによる戯曲で、同年にキャリー・クラックネルの演出により、イギリス・ロイヤルコート劇場で世界初演された作品だ。世界的な人気の絶頂にあるロックスターの世界ツアー最後の一週間、ツアーが終わりに近づくにつれて精神が不安定になっていく…。富や名声によって変えられ、観衆に“スター”として消費されていく一人のロックスターの物語。

演出は、劇団ゴジゲン主宰で作・演出・出演をこなし、パルコ・プロデュース作品を演出するのは本作が初となる松居。“役を通して演じる俳優の生きざまを見る作品”と評される本作を、松居がどう演出するのか注目される。

主演は近年、ホフェッシュ・シェクター率いる世界的ダンスカンパニーの『ポリティカル・マザー ザ・コレオグラファーズ・カット』日本初演や、21年続く大人気ミュージカル『Endless SHOCK』への出演など、ジャンルの枠を超えた活躍が続く上田竜也。本作で、世界的な人気の絶頂にあるロックスター・ポール役に挑む。セリフ劇の中に存在するカリスマをどのような表現で見せてくれるのか楽しみだ。

共演は安達祐実、玉置玲央、佐津川愛美、目次立樹、池津祥子、岡田義徳といった豪華な顔ぶれがそろった。

[上田竜也コメント]

『Birdland』はなかなかエグイ話もあるのですが、とても興味をそそられています。ごく一部の限られた人しかなれないスター性を持っている人は衝動的で、狂っていく様だったり生きざまで魅力をバクハツさせていて、短くても凝縮された人生を送っている方が多いイメージがあります。僕が演じるポールも誰もが認めるスターでありながら、自分で破壊しようとしていく様はあらゆる意味での「スターであること」が備わっていて、それ自体と戦っている印象を受けています。演出の松居大悟さんともお話しさせていただいて、自分の意見も伝えて話し合いながら創っていけそうでとてもありがたいですし、松居さんをはじめ共演者の方々とは年が近い方も多く、どんな稽古場になるのか、今から楽しみです。今準備中なので、どんな作品をお届けできるかはこれからですが、見に来てくださる皆さんの約2時間に何かを残せる作品にしたいと思います。ぜひ、劇場でご覧ください。公演は9月9日(木)~10月3日(日)まで、東京・PARCO劇場にて。10月に愛知、京都、福岡公演あり。

関連記事

  1. 舞台『少年たち』が9月に新橋演舞場で上演決定!
  2. 古川雄大が初のミュージカルコンサートを開催!縁の深い豪華ゲストが…
  3. 原嘉孝主演、6人の男女が繰り広げるミステリー!舞台『罠』が開幕
  4. 岩﨑大昇(美少年/ジャニーズJr.)初主演のミュージカル『ELF…
  5. 『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』東京公演開幕!
  6. 松崎祐介(ふぉ~ゆ~)主演、寺西拓人(ジャニーズJr.)共演の舞…
  7. 加藤諒主演舞台『パタリロ!』の新作がキャストを一新して“シーズン…
  8. 塚田僚一主演舞台『風が強く吹いている』メインビジュアル公開!
PAGE TOP
error: Content is protected !!