ニュース

原嘉孝主演、6人の男女が繰り広げるミステリー!舞台『罠』が開幕

原嘉孝が主演するノサカラボ最新作の舞台『罠』が、10月22日に東京・ニッショーホールにて開幕した。

世界の名作ミステリーを舞台化していくプロジェクト“ノサカラボ”初の長編舞台『罠』は、フランスの劇作家ロベール・トマが1960年に書き下ろした傑作ミステリー。

60年代のフランスを舞台に6人の男女が繰り広げる張り詰めた応酬、二転三転する捜査、そして衝撃のラスト…。果たしてうそをついているのは誰なのか。誰もが怪しく、誰もが真実を語っているとは思えない、息をもつかせぬ展開が繰り広げられる。

主演の原は、妻が失踪し憔悴するダニエルを演じる。妻を名乗る女を元宝塚歌劇団星組男役の麻央侑希、謎の女を連れてくる神父を高田翔、捜査を左右する重要な証人として釈由美子と横島亘(劇団民藝)、事件の捜査をする警部を的場浩司が演じる。

開幕前日に囲み取材と公開ゲネプロが行われ、囲み取材には原をはじめとするキャストと、演出の野坂実が登壇した。

[原嘉孝コメント]

やっと(開幕の日が)来たかという気持ちなんですが、まあすごく体力が要る芝居です。この作品が観客にどう届くのか、それが楽しみです。(袖に)はけないでずっとセリフを言っているので、僕が中心。最初から最後まで気持ちの変化というのを見てほしいです。あとはやるだけです。楽しみです!

[的場浩司コメント]

自分の気持ちとしては、今は早く幕が上がらないかなと。今日これからゲネをやりますが、本気で本番同様にやりたいです。見どころは、まずはヨシ(原)がやるダニエルを最後まで見てほしい、とても面白いから。2回3回と見ていただける方は、逆にヨシじゃなく周りの人を見て。こそこそと細かい芝居をしていて面白いから。

[高田翔コメント]

今日初めて舞台上で(ゲネを)やる。緊張しますね。でも日々違う作品をやっている感覚になるというか、毎日同じことがない。だから、一度じゃなく何度も足を運んでほしいです。

見どころは、全部です!

公演は10月30日(日)まで、同所にて。11月2日(水)、3日(木)大阪・松下IMPホールにて。

撮影◎山岸和人

 

関連記事

  1. 市川海老蔵×黒木瞳×森山未來で新生「オイディプス」が誕生!
  2. マーベラスとテレビ神奈川でオリジナルドラマ「ハンサムセンキョ」を…
  3. 『僕のヒーローアカデミア』 The “Ultra” Stageの…
  4. ミュージカル『新テニスの王子様』The Second Stage…
  5. 主演・井上芳雄と作・演出を務める蓬莱竜太が『首切り王子と愚かな女…
  6. 17年ぶり『シンデレラストーリー』上演!舞台衣装をまとったメイン…
  7. 成井豊と梅棒の夢のコラボレーションがついに実現!
  8. 川崎皇輝主演「ミュージカル『町田くんの世界』」フォトコール&囲み…
PAGE TOP
error: Content is protected !!