ドラマ

山本舞香 Huluオリジナル「死神さん2」インタビュー

田中圭主演×堤幸彦監督の最強タッグによる刑事ドラマ「死神さん」がパワーアップして帰ってくる! Huluオリジナル「死神さん2」が9月17日(土)より独占配信スタート。本作で孤高のクセモノ刑事・儀藤(田中圭)に任命され“2代目パシリ”となった小刀祢(ことね)葵を演じるのは山本舞香。緊張感を持ちつつも楽しみながら撮影に挑んだ彼女は、どのように小刀祢を形作っていったのだろうか。

――今回演じる小刀祢葵はどのような人物ですか?

「不幸を呼ぶ女」とは自称していますが、それは口で言っているだけで。物語が進むにつれて謎が明かされていくと分かってくるのですが、実は人にすごく愛されている子だと思います。自分から「不幸を呼ぶ女です」とか、「私がいる所ではよく事件や事故が起きるんです」と言えるということは、人と話せないわけでも、人に言えないような重大な不幸が起こったわけでもないんじゃないかなって。だから、小刀祢は幸せなんじゃないかなと思いながら、役を作っています。

――小刀祢を演じるに当たり、意識していることは?

演じるに当たって方向性を固めて演じるということはなかったです。その時のテンションで、その時に感じたことをそのまま表現しているという感じですかね。堤さんに言われたことをその場でやることも。急に「ここをこうしてほしい」って言われることが多くて、「えっ、できるかな⁉」とあたふたしちゃいますね。いつもなんとか強行突破します。以前田中さんと堤さんと対談をした時に、田中さんが「堤さんから無茶振りされるよ」って教えてくださって。実際に撮影に入ってみて、1回本番をした後に変えることもありました。

――どんな無茶振りがありましたか?

儀藤さんのお部屋ってスルメイカが干してあって。その独特な部屋の中で、駄菓子屋に売っているイカをみんなに配って食べるとか(笑)。そういうやり取りも、きっと急に思い付くんでしょうね。急に言われたことを演じるのも楽しいし、こんなに毎日緊張しながら撮影するのは久しぶりです。

――以前、ご出演が決まった際に「シリーズものに出させていただくのはプレッシャーでもある」とコメントされていましたが、実際現場に入ってみていかがですか?

基本的には、すでに出来上がっている「堤組」に参加させていただいているっていうスタンスではいますね。ただ、皆さんがすごく優しくしてくださいますし、あっちゃん(前田敦子)が演じていたシーズン1のパシリとはまた違うキャラを作れたらと思っているので、2代目パシリを演じるプレッシャーはそこまでないですね。どちらかというと、大御所の監督とのお仕事のほうが緊張します。普段は2、3日で緊張が自然と取れるのに、今回は取れなくて。だからきっとクランクアップまでずっと緊張しっ放しなんだろうなって思います。いい緊張感で撮影できています。

――現場の雰囲気は?

基本的には田中さんとのシーンが多いのですが、田中さんが差し入れをいっぱいしてくれて。アイスとか、冷やし焼き芋とか。私はアイスが一番お気に入りでした。「どのフレーバーが食べたい?」って聞いてくださったので、速攻で「マスクメロンが良い!」って言って(笑)。それを食べて撮影して、幸せでした。田中さんに続いて、私も差し入れするようにしています。撮影中は暑い日が多かったので、ゼリーとかジュースとか手軽に飲めるものや食べられるものを差し入れていました。

――田中さんとは8年ぶりのご共演です。

儀藤さんになる瞬間と田中さんに戻る瞬間のスイッチの切り換えが、すごいなって思いますね。田中さんも「儀藤というキャラクターが自分の中に染み付いている」って言ってましたけど、スタンバイ中も本番ギリギリまでしゃべっていて。でも、「よーい、スタート」の「よーい」で猫背になって、「スタート」で声のトーンも変えて急に長いセリフを言い始められるんです。私だったら長いセリフの直前にはスタンバイ中から集中して役に入り込んでしまうので、さすがだなと。

――この作品では1話ごとに異なる儀藤の相棒が登場します。山本さんが相棒にするなら?

どの役というよりも、奈緒ちゃん本人がいい!(笑) 奈緒ちゃんの役もかわいいですし、初めてご一緒させていただいたんですけど、すごく優しい方でした。撮影終盤に「もっと一緒にお芝居したい!」「もっと一緒にお話したい!」って言ってくださって。テレビで見る通りホワンとした優しい方で、好きになりました。実は歌手の家入レオちゃんが共通の友達ということを、奈緒ちゃんの撮影が終わった後に知って。「うわ、話せばよかった!」って思いましたね。

――小刀祢は「不幸を呼ぶ女」を自称していますが、山本さんの最近あった小さな幸せと小さな不幸は?

小さな幸せは、マルプーとティーカッププードルの2匹の愛犬と一緒にいる時間ですね。すごい甘えん坊な子と、ちょっとお姉さんタイプな子なんです。家に帰るとすごく喜んでくれるので、それが当たり前の日常でもあり、幸せでもありますね。小さな不幸は、家族とケンカしたことです。

1

2

関連記事

  1. 劇団☆新感線・古田新太主演『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-ray…
  2. 古川雄大が初のミュージカルコンサートを開催!縁の深い豪華ゲストが…
  3. 「坊っちゃん」を敵役の視点から描いた傑作喜劇『赤シャツ』桐山照史…
  4. ベストセラー作家・燃え殻の小説『湯布院奇行』を成田凌×黒木華の共…
  5. TVfan CROSS(テレビファンクロス) Vol.28 10…
  6. 世界の音楽を奏でるコンサートに小野リサら豪華メンバーが集結!
  7. 中山優馬の歌声でよみがえる昭和のロックサウンド!!豪華クリエータ…
  8. ふぉ~ゆ~「ENTA!3」製作発表
PAGE TOP
error: Content is protected !!