その他

「東宝シンデレラ」6年ぶり開催決定!新たに「TOHO NEW FACE」部門も新設

令和の“シンデレラ”&“王子”の発掘へ! 1984年に東宝創立50周年記念イベントとして始まった「東宝シンデレラ」オーディション。初代シンデレラに沢口靖子、4代目に野波麻帆、5代目に長澤まさみ、7代目に上白石萌歌、8代目に福本莉子。また、11年の第7回では、審査員特別賞に上白石萌音、山崎紘菜、ニュージェネレーション賞に浜辺美波と第一線で活躍する女優“シンデレラ”を数多く生み出してきた。

22年、東宝創立90周年プロジェクトとして6年ぶり9回目となる「東宝シンデレラ」オーディションの開催が決定した。

 

さらに、46年から60年代後半にかけて俳優発掘のためのオーディションとして開催され、三船敏郎、平田昭彦、宝田明、佐原健二、岡田真澄らの名優を輩出した「東宝ニューフェイス」の歴史あるタイトルを引き継ぎ、男性オーディションとして表記も改め「TOHO NEW FACE」オーディションも始動する。

今回のオーディション告知ポスター&映像には、上白石萌歌、上白石萌音、浜辺を起用。彼女たちがデビューするきっかけとなった11年の第7回「東宝シンデレラオーディション」以来となる、実に11年ぶりでの共演が実現した。「東宝シンデレラ」オーディション最大の特長は、やはり受賞後に東宝作品に出演できること。主な作品として、上白石萌歌は『羊と鋼の森』(18年、橋本光二郎監督)、上白石萌音は『君の名は。』(16年、新海誠監督)や上演中の舞台『千と千尋の神隠し』、浜辺は『君の膵臓をたべたい』(17年、月川翔監督)など。東宝の映画、演劇への出演からテレビドラマ、CM、今やあらゆる分野で大活躍中の3人と同じように映画、演劇、ミュージカルなどでの活躍を夢見る未来の「シンデレラ」「NEW FACE」を大募集する。

132-0147-1A-EQfa2-02aso.indd

「東宝シンデレラ」&「TOHO NEW FACE」オーディション

応募期間:2022年7月18日(月)後11.59まで応募受付中

応募資格:満10歳から満22歳まで(2022年7月18日時点)の女性、男性

応募先:公式HP

審査:7月の1次審査を経て、8月から全国6都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)で2次審査を実施。9月に東京と大阪で3次審査実施後、10月に「シンデレラ」「NEW FACE」の2グループに分かれ、都内で4次審査となる合宿審査を行う。最終審査は11月6日(日)、都内にて「東宝シンデレラ」&「TOHO NEW FACE」グランプリ&受賞者発表会を開催

賞金・副賞:

「東宝シンデレラ」と「TOHO NEW FACE」のグランプリに各300万円

※グランプリ受賞者には賞金のほか、セイコーウオッチから副賞としてグランドセイコーが贈呈される予定

「東宝シンデレラ」と「TOHO NEW FACE」のミュージカル賞に各100万円

 ※「東宝シンデレラ」「TOHO NEW FACE」共に、全応募者の中からグランプリを各1名ずつ、さらにミュージカルで活躍が期待される人を各1名ずつ、ミュージカル賞として選出

[市川南(東宝取締役常務執行役員、「東宝シンデレラ」&「TOHO NEW FACE」オーディション実行委員会 実行委員長)コメント]

以前から、このオーディションの最大の売りは東宝製作の映画、ドラマに出演していただくということ。さらに加えて今回は演劇、ミュージカルの出演もお約束します。10月実施の4次審査となる合宿審査には、東宝の映画プロデューサーや演劇演出家の審査はもちろん、沢口靖子、髙嶋政宏、髙嶋政伸、そして長澤まさみもぜひ現場に行きたいと言ってくれています。もちろん、今回のオーディションをPRしてくれている3人、上白石萌歌、上白石萌音、浜辺美波も審査に加わってもらいます。東宝創立90周年プロジェクトである今回の「東宝シンデレラ」&「TOHO NEW FACE」オーディションは、東宝芸能の俳優さんたちも含めて総出で審査を行い、東宝らしいやり方で新しい才能を見つけていきたいと思います。

[上白石萌歌(第7回「東宝シンデレラ」グランプリ)コメント]

「東宝シンデレラ」オーディションは、今思えば私の人生の大きな分岐点でありスタート地点でした。オーディションを受ける前の私は、表現することは大好きなのに人前に出ることは大の苦手で、いつも誰かの後ろに隠れ、うつむいてばかりいるような子どもでした。姉と一緒だから、という理由で思い切ってオーディションに応募したことを覚えています。あれから11年がたち、たくさんの宝物のような出会いと経験をさせていただきました。間違いなく、あの時の決断が私を大きく変えてくれました。勇気を振り絞って踏み出した一歩が、人生を変える大きな一歩になるはずです。ご応募お待ちしております!

[上白石萌音(第7回「東宝シンデレラ」審査員特別賞)コメント]

歌と踊りが大好きだった私に習い事の先生が勧めてくださったのが「東宝シンデレラ」オーディションでした。「シンデレラ」という言葉が自分と結び付かなくて、そもそも自信が全くなくて、応募するまでとても悩みましたが、背中を押してくださった先生と勇気を出した自分に、今ではとても感謝しています。何も知らず何もできなかった私でしたが、たくさんの方々が根気強く教え導いてくださいました。あの頃の学びは宝物です。このオーディションで、本当に人生が変わりました。どうかじっくり考えて、心が決まったら、一歩を踏み出してみてください。自信がないなら、「好き」という気持ちを信じてみるのもいいと思います。ご応募お待ちしています。

1

2

関連記事

  1. アンバサダーに『でんぱ組.inc』 公式サポーターに『こぶしファ…
  2. BTS最新写真集「2021 THE FACT BTS PHOTO…
  3. BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE「…
  4. 「au 三太郎ファン感謝デー」 松田翔太、桐谷健太、濱田岳がCM…
  5. キーファー・サザーランド主演「サバイバー: 宿命の大統領」が 1…
  6. TVfan CROSS Vol.38(テレビファンクロス)4月7…
  7. 劇団☆新感線の舞台『けむりの軍団』がゲキ×シネとなって今夏スクリ…
  8. 「月刊TVfan」(月刊テレビファン)5月号 3月24日(火)発…
PAGE TOP
error: Content is protected !!