ニュース

内博貴主演の舞台『シェイクスピア物語~真実の愛~』が開幕!

内博貴主演の舞台『シェイクスピア物語~真実の愛~』が、4月15日にKAAT神奈川劇術劇場 ホールにて開幕。初日公演を前に、公開ゲネプロと開幕直前取材会が行われた。
サブ1

サブ2
佐藤幹夫とモトイキシゲキが脚本・演出を担当。1953年のイギリス・ロンドンを舞台に、イギリスの偉大なる劇作家ウィリアム・シェークスピアの青春時代を描く。「ロミオとジュリエット」はなぜ、どうして生まれたのか…。その誕生の秘話とともに、シェークスピアの真実の愛を描いた舞台で、内がウィル・シェークスピアを演じる。

サブ3 サブ4
公開ゲネプロ後の取材会には、内をはじめ熊谷彩春、廣瀬智紀、真野響子、村上弘明が登壇した。あいさつに立った内は稽古期間が約3週間と短く、この日が初めて衣装を着けての通し稽古だったと明かして「稽古でやってきたことをステージ上で全力でやるだけ。短い稽古時間の中でよくここまで来られたなと思っています。無事に初日を迎えることができてホッとしています」と安堵の表情を見せた。そして「必ず皆さんを満足させられる作品になっていると思いますので、ぜひ劇場に足を運んでください。よろしくお願いします」と来場を呼び掛けた。
本作で人気劇作家、詩人のクリストファー・マーロウと、アドミラル一座のスター俳優ネッド・アレンの二役を演じた廣瀬は「二役やらせていただくのですが、どちらの役も共通して芯の強い部分があったので、そこを突き詰めながら、どちらも丁寧に演じられたらと思っています。舞台に携わる人間として、キャラクターたちのように命を燃やして演じたい」と意気込みを語った。

サブ5 サブ6
公演は4月24日(日)まで、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場ホールにて。5月20日(金)~22日(日)まで、大阪・森ノ宮ピロティホールにて。

写真提供◎「シェイクスピア物語」製作実行委員会2022

 

関連記事

  1. ミュージカル『黒執事』~寄宿学校の秘密~のBlu-ray…
  2. SKE48 愛知県知事を表敬訪問
  3. 関ジャニ∞・渋谷すばるが2018年末で事務所を退所。夏のツアーは…
  4. EXILE TETSUYA学長が新入生にエール!EXPG高等学院…
  5. 人気テレビ番組の初舞台化『逃走中 THE STAGE』5月上演!…
  6. 「無料トライアル」ができる「WOWOWオンデマンド」でイケメンを…
  7. 勝地涼&仲野太賀主演の舞台『いのち知らず』男性5人だけで繰り広げ…
  8. ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズンが始動!本公演前にキ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!