その他

中居正広、NHKでのドキュメンタリーMC “笑い”をテーマに「やれてよかった」と手応え十分

中居正広がMCを務める特別番組「笑いの正体」(NHK総合 3月21日〈月・祝〉後6.05~6.43)の放送が決定。収録を終えた直後の中居が、オンライン取材会に出席した。

番組は、日本の笑いの歴史を振り返りながら、世の中にもたらされたものや、革新的な笑いを生み出した人たちの思いに迫るドキュメンタリー特番。今回はお笑いの中でも「漫才」にテーマを絞って取り上げる。

スタジオゲストは劇団ひとり、ケンドーコバヤシ、松嶋尚美。VTRゲストとして、松本人志(ダウンタウン)、水道橋博士(浅草キッド)、後藤輝基(フットボールアワー)、塙宣之(ナイツ)、山内健司(かまいたち)、濱家隆一(かまいたち)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、粗品(霜降り明星)が漫才を語る。

感染対策のため、web会議システムを使ったリモート形式の取材会に「これ聞こえてるんですか!? 初めてだなぁ。へぇ~すごいなあ」と驚きつつ、最初のひと言で「1回目の収録って楽しみはあまりなく、不安のほうがどうしても勝ってしまうんですけども、今終わって、自分で言うのもなんですけども、“手応え”を感じることのできた収録になったんじゃないかなと思っております」と力強く語った中居。

番組の見どころについては、「今、第何回のお笑いブームなのか分からないですが、世代によって、男女によって、あるいは西・東で、見ている文化も育ちも違いますので、僕も含めて、幼少の頃に見ていたものがそれぞれに染み込んでいると思うんです。その中で、なぜ“笑い”というものが生まれたのか。今回は、お題が『漫才』です。漫才がどのように生まれてきて、なんでこれが面白いと思うのか、いつから漫才のベースができたのかというものを紐解いていく番組です。面白かったです! やれてよかったです」と丁寧に紹介。

「こう言うとちょっとね、胡散臭いですよね(笑)。自分が出ているものをいいって、あんまりね? 僕は何回かしかないですけど、番宣をするとき、自分が出ているのに面白くないときがあるんですね。そのときの取材ってすごくツラくて…。スタッフの人がいて、『どうですか?』って聞かれても、どうしても歯切れの悪いときが何回かあったんですけれども、今回は終わってから何がホッとするかって、気持ちよく『見てください』って言えることが何よりだと思います」とお決まりのネタを交えつつ、番組への自信をのぞかせていた。

笑いの正体②

VTRで登場する漫才師たちのインタビューについては「若い方から、それこそ上は松本さん、浅草キッドの(水道橋)博士まで、年齢も20代、30代、40代、50代と、幅広くいろんな方々にVTR出演していただいて『漫才』についてお話しいただいたんですけども、漫才に対する思いというのは、僕は漫才を習ったことがないので分かりませんが、仕事をするにあたってのアプローチとか心構えとか向き合い方っていうのは、あらためてしっかり正面で向き合って、しっかり壁にぶち当たって、しっかりその壁を乗り越えなければいけないってことは、あらためて教えてもらえたなっていうことは感じました」と感想を。そこで、自分自身が感じた「壁」について尋ねられると「僕、壁にぶち当たったことがまずなくて…。ずっと僕が歩いているところは開けている。すいません(笑)」と笑いを巻き起こしていた。

「笑い」にまつわる記憶として、「僕らの世代は、ドリフターズも『ひょうきん族』もそうでしたし、土曜日の20時っていうのもあったと思うんですけど、友達とのつながりって、好きな人同士が集まるじゃないですか。月曜日になるとドリフを見た者同士が集まるわけですよ。ドリフが好きな人同士が集まって、親のいないところ、先生のいないところで、繰り返してちょっと下品な言葉を口にする解放感! あの覚醒は忘れられないですね」と子供の頃の思い出を公開。最後に「そういう友達と今もまだお付き合いしてます」とニヤリと笑って見せた。

あらためて、番組の手応えについて聞くと「スタッフも初めての方々なので、比較的しっかり、番組を作るにあたっての僕の立ち位置と、スタジオでの僕の立ち位置みたいなものをしっかり話し合えたのでそれがまず良かったし、導入がすごくスムーズにいったのかなあと思います。VTRも、僕としても見応えがあって、スタジオにいながらも何かちょっと吸い込まれるような、僕も食いついて見てしまうVTRだったので、こういうふうに自然に思えることは良かったなって。1回目って、本当に不安なんですよ。これ、本来なら1週間ぐらい前の収録予定だったんですよ。でも話していくうちに、最初はスタジオは僕1人の予定だったのがゲストさんがいたほうがいいんじゃないかなとか、この方のVTRも撮れるかもしれないとかっていうのが出てきて、そうすると収録が1週間ぐらいズレますと。でもそれくらい、いい意味で“粘れた”んですよね。収録日をズラすってなかなかないことなんですけど、やっぱり土台作りは大事なので、それもいいタイミングでできて、ズラしてよかったなと思います。少しでも魅力のある番組にっていう温度がスタッフの皆さんと一緒だったことがよかったですね」と、番組へのこだわりを公開。

1

2

関連記事

  1. ミュージカル『RENT』製作発表会見でキャスト20名が劇中歌披露…
  2. ジャニーズWESTの神山智洋がPARCO劇場に初登場!安部公房作…
  3. 三宅健、大鶴佐助、藤木直人ら集結!音楽と言葉を結ぶ新たな舞台芸術…
  4. ビートルズはもともと“5人編成”だった!『BACKBEAT』が戸…
  5. 坂本昌行がスペシャルゲスト出演!WOWOW「生中継!第72回トニ…
  6. 草彅剛主演×白石和彌監督が初タッグ!時代劇映画『碁盤斬り』製作決…
  7. 薮宏太が「ハル」で10年ぶりに舞台単独主演!29歳の誕生日をサプ…
  8. 左から山本学・西脇大河・村田翔平(吉本興業)・栗山航・辻憲斗・村上由歩 吉本興業の神保町花月と男劇団 青山表参道Xのコラボ公演が実現!
PAGE TOP
error: Content is protected !!