ニュース

藤ヶ谷太輔主演ミュージカル『ドン・ジュアン』が待望の再演決定!

今秋10月、11月に大阪・東京で、藤ヶ谷太輔主演のミュージカル『ドン・ジュアン』を上演することが決まった。

藤ヶ谷が初めてミュージカルに挑み、主演を務めたミュージカル『ドン・ジュアン』は、2019年8月から10月に東京・TBS赤坂ACTシアター他にて上演。タイトルロールである稀代のプレイボーイを大胆かつ繊細に表現し高評価のうち幕を下ろした。その話題作が今秋、待望の再演が決定、名うての色男が帰ってくる。

本作は、モリエールの戯曲であり、モーツァルト作のオペラ『ドン・ジョヴァンニ』などでヨーロッパを中心に広く知られる「ドン・ジュアン伝説」を、フェリックス・グレイの作曲による情熱あふれる名曲でミュージカル化した作品。04年にカナダで初演され、その後パリや韓国でも上演。16年に宝塚歌劇で日本初上演された際も大きな話題を呼んだ。

物語の舞台はスペインのアンダルシア。毎夜、欲望の赴くままに女と酒を求め続けて放蕩(ほうとう)の限りを尽くす色男ドン・ジュアン。そんな稀代の色男がいつしか、真実の愛によって変貌していく…。

今作では、貴族の生まれでありながら快楽を求め続けて悪徳の限りを尽くしていた主人公ドン・ジュアンの変わりゆくさまを軸に描き出す。前回、類いまれな官能的な世界観を見事に体現してみせた藤ヶ谷。このたびの再演では、作品の中で人物の変化を愛に溺れてゆくさまを見せていくという新たな挑戦となりそうだ。

ヒロインのマリアは、元宝塚歌劇団トップ娘役で21年4月に歌劇団を退団後、本作が初の舞台出演となる真彩希帆が務める。凛とした佇まいと抜きん出た歌唱力で華と実力を兼ね備えた真彩。フラメンコをベースにした情熱の楽曲を流麗に歌い上げてくれることだろう。2人を囲むのは平間壮一、上口耕平、天翔愛、吉野圭吾、上野水香、春野寿美礼、鶴見辰吾といった多彩な実力派メンバーたち。ダイナミックな演出と人物の機微を細やかに描き出すことに定評のある気鋭の演出家・生田大和が、今回も潤色と演出を務める。

[藤ヶ谷太輔コメント]

2年ぶりの再演が決まって、ものすごくうれしかったです。前回は、演出の生田さんから頂いた「無謀かもしれないけれど、僕と冒険に出てみませんか」という言葉に引かれて、お応えしたところから始まりました。僕はこの『ドン・ジュアン』が初めてのミュージカルだったので、最初は楽譜もほとんど読めず、歌稽古では楽譜の読み方から始まりましたし、フラメンコもフェンシングも初めての経験でした。今思うとよくキャスティングしてくださったな、と思うのですが(笑)。ミュージカルで、自分の心がこんなにも動くとは思ってもみませんでした。自然に涙が出てきたり、怒ったり……20数曲、ライブよりも多いような曲数に苦戦もしましたが、その苦しみがドン・ジュアンの苦しみにも通じるところがあったのかも、とも思います。僕はこの『ドン・ジュアン』で生田さんはじめ、スタッフの皆さんやカンパニーの皆さんからミュージカルの楽しさや難しさというものを教えていただきました。今またこの作品に再会して、また新たな冒険に出られるのかと思うとワクワクします。カンパニーみんなで愛を持って良い作品を創って届けたいと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

公演は10月7日(木)~17日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、10月21日(木)~11月6日(土)まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて。

 

関連記事

  1. 宮崎駿のオリジナル作品「最貧前線」が 内野聖陽、風間俊介、溝端淳…
  2. ジャニーズJr.松本幸大主演で今夏7月に新作コメディー『正義ノ嘘…
  3. 清野菜名&坂口健太郎が偽装結婚!?「婚姻届に判を捺しただけですが…
  4. 舞台『ハイスクール!奇面組』第3弾が11月18日から上演!
  5. 新音楽誌「Mfan」が7月3日発刊
  6. SKE48須田亜香里、大場美奈、北川綾巴が映画「アイドル」初日舞…
  7. 小池徹平主演のミュージカル『るろうに剣心 京都編』5月にIHIス…
  8. 福田悠太主演、室龍太、松本明子ら共演の舞台『ボーイング・ボーイン…
PAGE TOP
error: Content is protected !!