ニュース

今泉佑唯主演の舞台『あずみ』、初日は4月20日に順延へ

元欅坂46の今泉佑唯が四代目あずみを務める舞台『あずみ~戦国編~』の公開ゲネプロが、3月14日(土)に東京・Bunkamuraシアターコクーンで行われた。当初は同日に公演初日を迎えるはずだったが、直前になって公演の延期が決定。既に劇場入りして場当たりなどの稽古を済ませていたキャストの意気込みと熱量を届けるために、構成・演出を手掛けた岡村俊一らでゲネプロ実施を決めたもの。公演は現在、初日を3月20日(金)に切り替えて準備が進められている。

サブ1

岡村がカンパニーを代表して思いを語った。

「世間的な判断に従う……ということではなく、キャスト、スタッフ、何よりお客様のことを考えたときにやはり幕を開けるわけにはいかなかった。これは全員で決めた苦渋の選択です。ですが『演劇』という文化が人生に不要だとは思わない。だから作品の完成度はもちろん、感染防止も万全の体制でお客様をお迎えしたい。今日、通し稽古を公開することを決めたのは、20日の初日に向けたキャストの意気込みと共に、万全の感染防止対策も見ていただきたかったからです。今、この激動の日々だからこそ、胸を張れる作品に仕上がったと思います」

実際、公演にあたっては万全の備えが取られている。受付には観客のために除菌水の噴霧器が用意され、ステージ奥の搬入口は開放したまま。開演5分前に鳴る1ベルで緞帳が下げられ、ようやく閉じる。さらに劇場の扉も同じく開演直前まで開放。徹底した換気は一幕と二幕の間の休憩時間も実施するという。それだけの備えをもって、新たな20日の初日へと挑む。

そんな万全の体制の中で、間もなく幕を開ける舞台『あずみ~戦国編~』。激動の戦国時代。幼少より刺客として育てられ、過酷な使命を背負い、屈強な男たちに立ち向かい、たった一人で強く生きていく少女あずみ。胸に迫るストーリーと、スピード感溢れる展開。完成度の高いこの名作を、あずみ役の今泉をはじめ、瀬戸利樹、味方良介・高橋龍輝(Wキャスト)、神永圭佑、小松準弥らが熱く演じていく。特に『あずみ』史上最高と評される壮絶な殺陣、アクションは必見だ。

公演は3月20日(金)~29日(日)まで東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、4月4日(土)、5日(日)に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて。

サブ2

 

 

関連記事

  1. 舞台業界に希望を与えるため舞台専門プラットホーム「シアターコンプ…
  2. 銀岩塩の『ABSO-METAL』シリーズ最新作2021年2月上演…
  3. 『十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門』が7年ぶりに大阪松…
  4. つかこうへいの「銀幕の果てに」初演が開幕 矢島舞美、味方良介らが…
  5. 「#海ドラ部」部長・青山テルマにインタビュー!
  6. TVfan CROSS(テレビファンクロス) Vol.31 7月…
  7. 風男塾、10月ライブツアーを発表!デビュー15周年に向けて卒業生…
  8. Snow Manラウール&渡辺翔太「2022年 モス年間イメージ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!