ニュース

8th Single「STOP FOR NOTHING」をリリースしたFANTASTICSに特大ボリュームインタビュー!

澤本 すみませんでした!

堀 みんな練習しないといけないって分かっていますから。

瀬口 いきなりだからね!

――堀さんは?

瀬口 夏喜って普段からクールじゃないですか。クールな人がたまにはっちゃけると、めちゃくちゃウケるんですよ。

堀 ハハハ!

瀬口 普段はっちゃけてる人がはっちゃけても…あんまりウケないんだけど。

澤本 いやいやいや。

瀬口 あれ?と思って。俺もはっちゃけてんのにな…っていう。クレームっていうか、ずるいなって!

澤本 確かに。

瀬口 100パーセントでやってる自分が、たまに恥ずかしくなります(笑)。

世界×佐藤大樹

――新曲「STOP FOR NOTHING」はどんな楽曲になっていますか?

世界 すごくシンプルな曲ではありながら、メッセージ性が強い曲なんです。振りを作る前に可士和さんとお会いする機会があって、その時にこれがどういうプロジェクトなのか可士和さんから直々に説明していただきました。もちろんHIROさんからも説明いただいて、それを踏まえた上で、振り付けを作る時は“真似できる”ということは今回に関してはあまり考えず、どっちかというとFANTASTICS を軸に考えました。僕ら自身もネクストステージに行けるような振り付けや構成にしたいという思いがあったので、ボーカル2人も今回は踊るようにしました。何より今回は、パフォーマー一人一人が主役になるシーンがあります。この「STOP FOR NOTHING」をきっかけに、僕らにしかできない少し変わったアプローチをしていきたいという思いがありました。今まではザ・王道みたいなアプローチが多かったんですが、この楽曲から振り付けと立ち位置、そして構成から変えていきました。珍しく、大樹が真ん中に来たりしています。

佐藤 本当になかなかないんですけど、今回はセンターを世界さんと僕で割っていたりしています。見た時のバランスがすごく良かったなと、個人的にも思いました。

――Project Video撮影に関しても、新たな試みがたくさんあったと思います。

世界 すごく楽しかったです。撮ってすぐにVチェックした時、すごく絵が良かったです。いつもはCMなどを撮られている方が監督を担当してくださるということで、すごく新しい角度からFANTASTICSを撮ってもらったなという印象がありました。僕たちが踊っているところの周りの壁を全部閉じて、360度カメラをグルグル回しながら撮ったりして、とにかく新しかったです。

佐藤 パフォーマー全員というよりも、一人一人のソロショットがかなり多かったです。もしかしたら今までで一番踊ったんじゃないかなと思います。かなり過酷でしたが、仕上がったのを見ると今までの撮り方と全然違って、また新たな一面を引き出してもらえたなと感じました。シンプルに、“STOP FOR NOTHING”というメッセージがどの場面を見ても伝わる構造になっているので、可士和さんの素晴らしいアイデアが光ったなと思いました。

――カップリングの「Play Back」は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」(日本テレビ系)の主題歌にもなりました。この曲に懸ける特別な思いもありましたか?

佐藤 単純にうれしかったです。ただ、ドラマがあってトークがあってカバー曲があるという番組内容を聞いた時に、30分番組でこんなに盛りだくさんな内容になるというのはすごくびっくりしました。何より、当時のヒット曲をFANTASTICSなりにカバーできたのがすごくいい経験になったなと思いますし、それが現実的に『BACK TO THE MEMORIES』という舞台を6人がやる機会にもつながったので、今まで僕らを知らなかった層の方々にも知ってもらえる機会になったんじゃないかなと思います。

世界 「マネキン・ナイト・フィーバー」からの流れがずっと続いて、1個区切りがついたかなという感じがします。「マネキン・ナイト・フィーバー」から始まって、「High Fever」をFANTASTCS名義で出させていただきました。あのドラマでカバーした楽曲の評判が良くて、それを受けて、のちに『BACK TO THE MEMORIES』にもつながるような「FUN!FUN!FANTASTICS」というドラマができたと感じています。すごくいい流れで、シティポップや80年代90年代の世界観をFANTASTICS流に落とし込めたなというのがあるので、またいつかもしかしたら――例えばライブでそういうのをコンセプトでやる時も、全然違和感なくできるのかなと感じています。

――お話にも出ました『BACK TO THE MEMORIES』は、お二人も観劇されたと伺いました。改めて振り返ってみて、メンバーの舞台を観劇していかがでしたか?

佐藤 なんかすごい…キラキラしていましたね。

世界 そうだね。

佐藤 普段自分たちがいるグループを客観的に見ることはできないので、今回すごく楽しかったです。自分たちのグループだけど、僕らの魅力はなんなのか分かったような気がします。心なしか、彼らを応援したくなるような内容だったなと思いました。

1 2 3 4

5

6 7 8

関連記事

  1. 橘ケンチ(EXILE)と油長酒造の最新コラボ日本酒「風の森橘AL…
  2. 関ジャニ∞横山裕・丸山隆平 プレミアム“カルチャー”フライデーP…
  3. TVfan CROSS Vol.34(テレビファンクロス Vol…
  4. 7MEN侍の矢花黎が舞台初主演で明智小五郎役に挑戦!「モボ朗読劇…
  5. 恋を読むvol.3『秒速5センチメートル』の豪華キャスト15名が…
  6. ABEMA×LDH 2021 スペシャルファンミーティング@EX…
  7. 宮田俊哉主演『GREAT PRETENDER グレートプリテンダ…
  8. 劇団EXILE 『勇者のために鐘は鳴る』で個性豊かなキャラにふん…
PAGE TOP
error: Content is protected !!