ニュース

辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)×浜中文一 “宿命の激突、再び!”舞台『スマホを落としただけなのに』が1年3カ月ぶりに開幕!

ふぉ~ゆ~の辰巳雄大主演、浜中文一出演の舞台『スマホを落としただけなのに』が、6月9日に東京・日本青年館ホールで開幕した。

舞台『スマホを落としただけなのに』は志駕晃が手掛けた同名の人気ミステリー小説を原作として2020年春に初めて舞台化されたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公演が途中で中止に。再演を心待ちにしている観客の声に応え、およそ1年3カ月の時を経て、初演キャストそのままに“アンコール”上演されることとなった。

舞台は警察の取調室。若く美しい黒髪の女性5人を残忍な方法で殺害し、その遺体を山中に埋めるという猟奇的事件の容疑者・浦野善治(浜中)の取り調べが行われている。ベテラン刑事の後藤武史(原田龍二)の厳しい追及にも、浦野はひょうひょうとした態度だ。自らを刑務所番号にかけて「ハチバン」と名乗るなど、本名すら明かそうとしない。そんな中、警察に転職したばかりでサイバー犯罪に強い若手刑事・加賀谷学(辰巳雄大)は、浦野が不正ハッキングに使用していたスマホの解析に成功。その被害者とみられるサラリーマンの富田誠(佐藤永典)に聴取を行うと、スマホを落としたことをきっかけにさまざまな被害に遭っていたこと、富田の恋人・稲葉麻美(早川聖来)が浦野のターゲットになっていたことを突き止める…。

今や生活必需品といっても過言ではないスマホ。そのスマホを運悪く落としてしまったことで、あらゆる個人情報や秘密が暴かれて犯罪に巻き込まれていくという現代版ホラーといえるだろう。ただ本作は単なるホラーに留まらず、事件に関わる人々の背景や心理状況を描くことで「デジタル信号化のできない情けとか絆とか愛とか、それらがいかにいとおしく尊いものかというメッセージ」(脚本・演出の横内謙介)が込められている。加賀谷学役を演じる辰巳は、警察に転職してきたばかりという設定などから、冒頭から少し「異質」な存在感を醸し出す。難しいサイバー用語をすらすらと口にしながら、人とのコミュニケーションはあまり得意ではないという加賀谷の人物像を非常に丁寧な芝居で見せていた。物語が進むにつれ「異質」なのは彼か、それとも我々か。そんなことまで考えさせられる奥深さがあった。

一方、浦野(ハチバン)役を演じる浜中はその屈折した心理状況や狂気を見事に体現。“連続殺人事件の容疑者”という設定で、俳優としてはなかなか演じるストレスも大きいかと推察するが、本当に「ハチバン」が憑依してしまったかのようなスリリングな芝居から、終始目が離せなかった。

初日のカーテンコールで、辰巳は「こうして舞台に再び立てたのは、皆さんのおかげです」と観客に感謝の意を述べ、観客の目の前で芝居ができた喜びをかみ締めていた。あいさつの最後に「千秋楽までみんなで駆け抜けたいと思います」と決意を語った。さらに脚本・演出の横内は初日観劇後、辰巳と浜中に対し「素晴らしい俳優たち。二人とも演技の楽しみを本質的につかんでいるから、PLAYがきっちりと劇となる。世の人々に、広く知ってほしい」と讃えた。

公演は6月14日(月)まで同所にて。なお、6月4日~6月6日まで松下IMPホールで上演予定だった大阪公演は全公演中止となった。

 

関連記事

  1. 『十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門』が7年ぶりに大阪松…
  2. 橘ケンチ企画原案の日本酒マンガ「あらばしり」間もなく連載開始!
  3. 舞台『血界戦線』第2弾が今秋公演決定!
  4. みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート
  5. 朗読劇『アルセーヌ・ルパン』第2弾“虎の牙”上演決定!
  6. ZIP!朝ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」森本慎太郎×渡辺大知×錦鯉(…
  7. ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』ドルビーシネマ特別先行上映&舞台あいさ…
  8. 小池徹平主演×小池修一郎の“W小池”でミュージカル『るろうに剣心…
PAGE TOP
error: Content is protected !!