ニュース

京本大我主演ミュージカル「ニュージーズ」製作発表

SixTONESの京本大我が主演するブロードウェイミュージカル「ニュージーズ」の製作発表会見が都内で行われた。会見には京本のほか、咲妃みゆ、松岡広大、加藤清史郎、霧矢大夢、松平健の出演者と、演出・日本語訳・訳詞を務める小池修一郎が参加した。

京本は「座長なのでしっかり前を向いて挑みます。いつまでも初々しくはいられない。しっかりステキなキャストの中で座長として全うしていきたい」と意気込みを。さらに「芸能界の生みの親はジャニーさんですが、ミュージカル界の生みの親は小池先生だと思っています。この出会いには感謝しきれない」といい、小池に全幅の信頼を寄せて本作に臨む。

小池は、そんな京本について「彼はジャニー喜多川さんからお預かりした大切な存在。芸事へのあふれる意欲、これから先もミュージカル俳優として活動していきたいという気概を強く感じる」と高く評価。さらに「京本くんは『エリザベート』でトートを演じた井上芳雄さん、城田優さん、古川雄大さんの3人としか、劇中でキスをしたことがないそうです。ファンの方々には申し訳ありませんが、今回、咲妃が唇を奪います」とカミングアウトした。

本作は、ディズニーの大ヒットミュージカルの日本初演。1899年のニューヨークを舞台に新聞販売の少年たち“ニュージーズ”の奮闘を描く。公演は5月8日から30日まで東京・日生劇場、6月6日から13日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて。チケットは2月22日に発売される。

関連記事

  1. 要潤が名画の新たな魅力を提示「要博士の異常な映画愛」
  2. STU48 初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」 瀬戸内7県の魅力満…
  3. 小瀧望主演!最高峰の法廷劇『検察側の証人』が開幕
  4. 室龍太主演『春風外伝2021』のビジュアル完成!
  5. 「月刊TVfan」(月刊テレビファン)6月号 4月24日(金)発…
  6. 『サンリオ男子』の新作が11月に上演決定!
  7. 『テニスの王子様』3rdシーズンの集大成となる コンサート Dr…
  8. THE RAMPAGEが夏の思い出を詰め込んだMUSIC VID…
PAGE TOP
error: Content is protected !!