ニュース

新劇場「I’M A SHOW」が有楽町に12月1日オープン!箭内道彦がクリエーティブディレクターに就任

サンライズプロモーション東京(本社・東京都港区、代表・高橋一仁)が12月1日(木)、東京・有楽町マリオン別館7F(現オルタナティブシアター)に新劇場「music&theater I’M A SHOW TOKYO、YURAKUCHO」をオープンする。

392席の客席は最後列でも出演者の息遣いを間近に感じられる空間で、まさに全てが特等席の劇場だ。音楽も演劇も没入感たっぷりに楽しめるようになっている。

有楽町は、明治期に有楽座と帝国劇場がオープンして以来のアミューズメントシティ。今も数多くの観客が映画や演劇を楽しもうとこの街を訪れている。有楽町マリオンは、日本のエンターテインメントの聖地である日劇跡地に建つこの街のランドマーク。そんなエンタメの聖地に生まれる「I’M A SHOW(アイマショウ)」。東京駅から徒歩5分、ビジネス街や繁華街に囲まれた最高の立地で多彩な人々が楽しむことができる空間を提供し、アミューズメントシティ有楽町を代表するスポットに進化していくことを目指す。

「I’M A SHOW」の名付け親は箭内道彦。新劇場のクリエーティブディレクターとして力を奮うことが決まった。劇場の命名や広告のクリエーティブなど、さまざまな角度から劇場に新たな命を吹き込んでもらう。

[箭内道彦コメント]

コロナ禍において不要不急ともいわれたエンターテインメント。僕は、そうは思いません。ほとんどの人には泣くこと、笑うこと、歌うこと、それができる場所がどうしても必要です。ショーも、人も、生きています。有楽町にできる新しい劇場。ずっと会いたかった、ずっと会えなかった、あなたに会うために。そんな思いを名に込めました。どうぞフランクで永いお付き合いを。

 

関連記事

  1. Stage fan Vol.19(ステージファン) 5月27日(…
  2. 舞台『滝沢歌舞伎ZERO』初の映画化決定!Snow Manが映画…
  3. dTVの年間総合視聴ランキング発表!社会現象にもなった「鬼滅の刃…
  4. ミュージカル『ダブル・トラブル』2022-23冬にふぉ~ゆ~の越…
  5. 音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』を屋良朝幸主演で今夏上演!
  6. ミュージカル『BE MORE CHILL』今夏3都市で上演!He…
  7. ZIP!朝ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」森本慎太郎×渡辺大知×錦鯉(…
  8. 『錆色のアーマ』外伝-碧空の梟(あおのふくろう)-が開幕!
PAGE TOP
error: Content is protected !!