ニュース

風間俊介主演舞台『パークビューライフ』が開幕!3人の女性とつづるほろ苦くも心温まる会話劇

風間俊介主演の舞台『パークビューライフ』が、4月7日に東京・世田谷パブリックシアターで開幕。初日前日に開幕直前取材&公開ゲネプロが行われた。

本作は、脚本・岡田惠和×演出・田村孝裕のタッグで贈る新作舞台。風間演じる孤独な人生を送っていた男性が、職を失ったさえないアラサーシングル女性3人と共同生活を送ることになる怒涛(どとう)の会話劇。性格の全く違う4人が、互いの欠点も含めて共に生きていく、コロナ禍の今と重なる、ほろ苦くも心温まるストーリー。女性3人を倉科カナ、中川翔子、前田亜季という個性豊かな女優陣が演じる。

公開ゲネプロの前に行われた取材会に風間、倉科、中川、前田の4人が登壇。公演に向けた思いを語った。

[風間俊介コメント]

この物語は、今を描いた物語です。人との接触や出会いみたいなものが難しくなった今だからこそ、人と新しく出会ったり、人と一緒に暮らす決意みたいなものの大切さがしっかり描かれていると思います。今を生きる皆さまに見ていただけたらと思う作品でございます。今劇場に来てくださる皆さんは、本当に物語を愛し、物語を求めてくださるのだと思います。“演劇は不要不急だ”と言われたりしますが、自分にとって物語が必要だ、今豊かな時間が必要だと感じた方は、ぜひとも世田谷パブリックシアターに来ていただいて、この物語を受け取っていただけたらと思います。“一歩踏み出してみたい”、そんな優しい気持ちを持って帰れると思います。

 [倉科カナコメント]
この作品は、約1時間40分の怒涛(どとう)の会話劇となっています。物語自体はとても温かい物語なのですが、ただ私たちのエネルギーはMAXで演じております。たくさんの方に来ていただいて、そのエネルギーを少しでも受け取っていただけたらうれしいなと思います。(役柄は)3人の幼なじみで、瀬戸内海の島育ちの3人で、前田さん演じる望ちゃんは優等生で、中川さん演じる香苗は変な子で、私は普通という役柄です(笑)。なんでしょう、ツッコミ役が多いですね。

[中川翔子コメント]
今日は本当にお忙しい中、時間という命を削って皆さま会いに来てくださって、本当に感謝しています。それくらいお会いできること、直接生でお客さまの生きている姿を私たちも感じ取って、そして舞台の上で全く違った人生を生きることができる、本当にこれがいかに尊くて素晴らしいことか。コロナ禍になって人生観が大きく変わりました。こんな機会だからこそ、絶対にこの舞台は多幸感、幸せな笑顔の光を必ずお持ち帰りいただける作品となっていますので、どうかお互いハッピーになれますので、お越しいただけることを楽しみにしております。

[前田亜季コメント]
稽古場でも感染対策をしっかり取りながら、この4人とスタッフの方々と一緒に、濃厚で濃密な稽古期間を過ごしてまいりました。岡田(惠和)さんからも“小さな幸せを全力で愛してください”というメッセージもいただきました。それを胸に一所懸命きたいなと思

います。(役柄は)実際のタイプとは全く違うんですが(笑)。でもこのお話の中でもそうなんですが、どれだけ自分の欠点をさらけ出せるかみたいなところがあって。だから私自身も早い段階でみんなにダメなところを見せて、支えてもらっています。

東京公演は4月18日(日)まで世田谷パブリックシアターにて。大阪公演は4月23日(金)~25日(日)までサンケイホールブリーゼにて、愛知公演は5月1日(土)、2日(日)ウィンクあいち 大ホールにて。

 

© 2021パークビューライフ

撮影◎岩田えり

 

関連記事

  1. 「月刊TVfan」3月号 1月24日(金)発売!
  2. IMPACTorsからトップバッターで初座長!アガサ・クリスティ…
  3. ミュージカル『マリー・アントワネット』が2年ぶりの再演決定!
  4. 北村一輝&明日海りお ダブル主演『王様と私』会見
  5. 三宅健主演舞台『陰陽師 生成り姫』のふん装ビジュアル&第2弾キャ…
  6. 松本人志&中居正広の新番組『まつもtoなかい』初回放送ゲストは香…
  7. 林翔太主演『七人のおたくcult seven THE STAGE…
  8. 恋を読むvol.3『秒速5センチメートル』の豪華キャスト15名が…
PAGE TOP
error: Content is protected !!