ニュース

ABEMA×LDH 2021 スペシャルファンミーティング@EXILE TRIBE STATION in YOKOHAMAよりTHE RAMPAGEメンバーからメッセージ到着!

繝ゥ繝ウ繝倥z邏譚・繧ュ繝」繝・メ_LINE_ALBUM_210909_17

EXILE TRIBE総出演のスペシャルファンミーティングが開催された。神奈川・山下ふ頭内にオープンした特設会場「EXILE TRIBE STATION in YOKOHAMA」を舞台に、EXILE TRIBE 6組がライブやトーク、ゲーム企画を行った本イベント。TVfanWebでは、各グループのファンミーティングに潜入した様子を写真付きで連日振り返り中。

今回は、9月8日のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのイベントより、メンバーから到着したメッセージをお届けします!

涼しげな衣装に身を包んだメンバーたちが1曲目に披露したのは、今年6月にリリースされたばかりのサマーチューン「HEATWAVE」。熱帯夜をほうふつとさせる楽曲で、16人が縦横無尽に動く様子を間近で見ることができるぜいたくな空間は、THE RAMPAGEの醍醐味を存分に味わわせてくれる。会場の空気は、一気に16人がつくり上げる世界観に包まれた。

繝ゥ繝ウ繝倥z邏譚・Ph1_LINE_ALBUM_210909_3

続く「Dream On」では手拍子で会場と一体となり、3曲目の「Welcome 2 paradise」は、ステージを大きく使い、16人が一列に並んで踊る構成が魅力的な1曲だ。「Look at ブースに集まる My squad ブギーバックしよう朝まで」の部分では、毎回違う動きを入れてくる鈴木昂秀にならって他のメンバーも同じ動きをするというくだりがあるのだが、この曲が披露されるたびに「今日はどんな動きをしてくるのだろう」というワクワク感を抱かせてくれるのも魅力だ。

曲間のMCで、少しずつ涼しさを帯びる会場の空気を感じながら「夏も終わりに近づいてきたのかな」と切ない余韻に浸るボーカルの川村壱馬の言葉と共に始まった4曲目は、10月リリースの新曲「LIVING IN THE DREAM」。頑張る全ての人の背中を優しく押してくれるような楽曲に、心が穏やかになっていくのを感じる1曲だった。メンバーたちも柔和な表情でフロアを見渡していたのが印象的。

続く5曲目は、「LIVING IN THE DREAM」から引き続きリラックスしたムードで披露された「ESCAPE」。メンバーの与那嶺瑠唯が振り付けたゆったりと優しいダンスが光る。

ラストを飾るのは「Can’t Say Goodbye」。夏が終わってしまう寂しさや、忘れられないこの夏この瞬間を感じさせながら、しっとりと歌い上げてくれた。

繝ゥ繝ウ繝倥z邏譚・Ph2_LINE_ALBUM_210909_4

ライブパートを終え、いったんはけたメンバーたちがおそろいの甚平姿で再登場。普段からツアー衣装などのプロデュースをしている最年少メンバーの長谷川慎と後藤拓磨が、この甚平を制作したのだそう。甚平はメンバーからも大好評で、お昼公演が終わった後も着替えずそのまま過ごしていた人ばかりだったという。「みんな、欲しくなっちゃったでしょ?」という長谷川の言葉に、メンバーも「おぉ〜!」と反応。このイベント中に、8月に幕を閉じた「REBOOT」ツアーの追加公演が4都市8公演で行われることが決定。ボーカル3人がそれぞれコメントを寄せた。

「前半もいろいろ学ばせてもらって、声を出せなかったりする状況ではありましたが、すごく良い思い出ができました。最後は16人で駆け抜けたいと思います」と川村。「後半戦をやれるということは、前半戦で皆さんがルールを守ってくれたからこそ。前半戦とは違う…あっ言えないか」と、追加公演への楽しげな予感を匂わせてくれた吉野北人。「皆さんと17公演作り上げてきたライブがあるからこそ、追加公演につながった。うれしさと同時に、クルーの皆さんへの感謝でいっぱい。グレードアップした公演をお届けするので、楽しみにしていてほしいです」とRIKU。

繝ゥ繝ウ繝倥z邏譚・Ph3_LINE_ALBUM_210909_56

最初に行われたコーナーは「メンバーに聞きたいあんなことやこんなこと」。メンバー同士で聞きたいことを聞き合うコーナーだ。

LIKIYA→鈴木昂秀「よく道路が混んでいるという理由で遅刻していますが、実際に道は混んでいますか? 何割くらいがウソですか?」という最初の質問からメンバーたちは大盛り上がり。1週間のうち5日くらいは道路が混んでいると遅刻連絡が入るという鈴木に、メンバーの不満がさく裂!?

吉野北人→メンバー「一番行きたいのは誰の地元?」の質問に、誰の地元へ行きたいか一斉に指を差すことに。すると、沖縄出身の与那嶺に票が集中。与那嶺と同郷の神谷にはなぜか票が集まらず…陣から「彼は新宿やもんね」と言われ、「なんか傷ついた…」としょんぼりする神谷。長崎出身の浦川、宮崎出身の吉野、大阪出身の川村、青森出身のLIKIYAにそれぞれ票が集まり、それぞれの地元トークで盛り上がる。

鈴木→浦川翔平「TikTokを撮っている時どんな気持ち?」、

武知海青→メンバー「この夏やり残したことは?」、

浦川→武知「背筋が鍛えられ過ぎている」という悩み相談も。

岩谷翔吾→メンバー「何をして気持ちを切り替えているか、自分にとってのご褒美は?」という質問では、純粋に気になる!と興味津々の岩谷の振りで、メンバーそれぞれの知られざる発散方法が明かされた。中には深〜い発言も…⁉︎

陣の「よく目が合うメンバーは?」という質問では、今日一番神谷と目が合ったという与那嶺から神谷へ「好きになっちゃう!」とラブコールが飛ぶ“ハイサイ”な1シーンも。藤原樹からは吉野がちょっかいを掛けてくるというエピソードが飛び出し盛り上がるなど、他にもついつい見てしまうメンバーの話など、盛りだくさんのトークコーナーとなった。

繝ゥ繝ウ繝倥z邏譚・Ph4_LINE_ALBUM_210909_67

2つ目のコーナーは「THE 縁日レース」。メンバー全員で縁日のゲームで対決することに。

8人ずつの2チームに分かれ、リレー形式でスーパーボールすくい、ヨーヨー釣り、アイスの早食い対決をしていく。冷静に黙々と食べていく藤原に対し、冷たさに悶えながらアイスを頬張る龍の対比など、メンバーそれぞれの挑み方の違いが見られるのも面白い。ラストの川村vs岩谷の輪投げ対決は、僅差で岩谷の勝利!

負けてしまったチームには罰ゲームが。ジャンケンに負けてしまった川村が「夏デートで彼女に言いたい一言」を披露することに。「マジで思いつかん」と考える素振りを見せながら、「お前のことばっか考えてる」とぶっきらぼうに言った川村にメンバーも大盛り上がり。

最後に「BOND OF TRUST」を披露。会場と彼らが一瞬で一つになり、夏祭りのような高揚感に包まれたファンミーティングが幕を閉じた。

繝ゥ繝ウ繝倥z邏譚・Ph5_LINE_ALBUM_210909_13

最後に、ファンミーティングを終えた直後のリーダーの陣とボーカルのRIKUのメッセージをお届けする。

――本日の感想は?

RIKU  今回ファンミーティングを昼、夜と2回やらせていただいたんですが、普段の我々のライブしかり、本当にTHE RAMPAGE CREWの皆さんだったり、たくさんの方々のご協力があってこういったイベントの実施につながっているのかなと思っているので、イベント本番中も言ったんですけど、本当に改めて、皆さんに対しての感謝の気持ちでいっぱいですし、自分たち自身も楽しめて僕ら自身の思い出にもなりました。また冬とかに違った形でやれたらいいなと思います。

固定ページ:

1

2 3

関連記事

  1. CMカット_01 池田朱那が制服姿でキャッチボールの腕前を披露! 青春体験型野球ゲ…
  2. GENERATIONS早版05-1 GENERATIONS 初のドームツアー完走! セットリスト配信…
  3. メイン 富田翔主演舞台『知恵と希望と極悪キノコ』が2月25日に開幕!
  4. _______________ ドラマ「ハルとアオのお弁当箱」吉谷彩子&井之脇海 スペシャル対談…
  5. Adobe Photoshop PDF TVfan CROSS Vol.38(テレビファンクロス)4月7…
  6. GENE_BEST_ALL_YORI-1 GENERATIONS初ベストアルバム発売記念「GENERATI…
  7. 1477474278366 俳優生活32年、野村宏伸が静岡・下田で新たな人生探しをスタート
  8. A_B_C-Z ________ A.B.C-Zの河合郁人と塚田僚一、「徹子の部屋」7年ぶり出演!…
PAGE TOP
error: Content is protected !!