ニュース

井上芳雄主演『首切り王子と愚かな女』が開幕!

1-1

井上芳雄主演の舞台、パルコ・プロデュース2021『首切り王子と愚かな女』が、6月15日に東京・PARCO劇場にて開幕した。本作は、井上が劇作家・演出家の蓬莱竜太と15年の主演舞台『正しい教室』以来6年ぶりに再びタッグを組んで臨む大人のファンタジー。

初日公演前に取材会と公開ゲネプロが行われ、井上、伊藤沙莉若村麻由美の主要キャストと演出の蓬莱が登壇。それぞれが公演への思いや、お互いの印象などについて語った。

2-1[井上芳雄コメント]

このような時勢の中で、初日までこぎ着けられたことがとてもうれしいです。完全な新作なので、ちょっとまだお客さまの反応が想像つかないのですが、早く見てもらいたいと思っています。自分の中でPARCO劇場イコール蓬莱さんというイメージがあって、ちょうど1年前くらいから「来年どうしようか?」という話をしていました。その時は1年後どうなっているかも分からなくて、「でもこういう時だからこそ、楽しいものがいいよね」と。蓬莱さんの作品なのでただ楽しいだけではないですが、でもミュージカルや他のお芝居では体験できないような世界をいつも見せてくれます。蓬莱さんいわく、僕のフィールドに寄ってくれたそうなんですが、全然そんな気はしていなくて、寄せてくれたとしたら設定が「王子」というところだけかなと、首切りですけど(笑)。ただ、やっていくうちにこれこそ王子なんじゃないかなと思いながらやれているので、僕の王子役の集大成として、それくらいの気持ちでやりたいですし、やれるかなと思います。こうした状況ということを考えなくても、とても刺激的な作品が生まれていると思いますし、演出であったりセットであったり、いろんなチャレンジングなアイデアもあって、お客さまにどう届くか、受け取ってもらえるのか楽しみに思っています。

3-1[伊藤沙莉コメント]

舞台出演が約4年ぶりなので、(緊張で)シンプルに吐きそうなんですが…(笑)。この作品はとても大切で、大好きなので、たくさんの方に見ていただきたいですし、この時代だからこそ多くの方に届いてほしいなと思うので、精いっぱい頑張ります。井上さんは見た目も中身も王子様で笑顔もすてきなのですが、切ない表情もすごく似合っていて。麻由美さんは稽古が始まってから、日に日にパワフルな感じになっていく印象で、私たちが迷っているとアドバイスをくださったり、打ち解けることができたのでうれしかったです。私の演じるビリの言っていること、やっていることに違和感がなくて、ビリは姉への執着があるんですけど、そういう家族に対しての感覚というか、子どもではないけど、家族の前では素が出ちゃうというのは共感できるなと思います。

4-1[若村麻由美コメント]

ファンタジー作品は初出演ですが、ファンタジーというにはあまりにも深く、今の時代を反映していて、お客さまには蓬莱さんワールドを楽しんでいただけると思います。井上さんは首切りだろうがなんだろうが、王子は王子で、蓬莱さんもおっしゃっていましたが、「いい奴」がにじみ出ていて、品行方正でスーパースターパワーが出ています。伊藤さんは生きているエネルギーを感じさせてくれる方で、生命体が舞台の上を走り抜けるような。本当にチャーミングで、私は伊藤さんの声が好きなんです。誠実でストレートに生きていくヒロイン像が彼女にぴったりで、いつも見ていてほのぼのしています。設定は王国ですが、家族の話でもあり、親子、姉妹の話なので、いろんな方に刺さると思います。

[作・演出:蓬莱竜太コメント]

初日を迎えられない作品があまりにも多いこの時代で初日を迎えられるという喜びと、今、演劇をやることが許されている以上、最大限、遊んで、一生懸命一日一日を楽しみたいと思います。こういう時代なので、現代劇というよりはお客さまをフィクションの世界にいざなって異世界の時間を味わってほしいなという気持ちがありまして。芳雄くんはプライベートでもよく知っているのですが、すっごくいい奴で、それとは逆の芳雄くんを見せたいなと。沙莉ちゃんは小さい体のどこにこんなにエネルギーがあるんだという素晴らしい女優さんですし、この二人が一番格闘し合えるシチュエーションをと思い、作品を書きました。今回はファンタジーを見に来た人にはシンプル過ぎて衝撃的なセットだと思いますが、演劇の想像力の豊かさをそのまま舞台に上げたいと考えたときに、稽古場をそのまま再現するとどうなるのか?と。「稽古場からスタートして、このシンプルなセットから、どうお客さまをファンタジーの世界に誘うか?」というのを演出したいと思いました。基本的にずっとキャストが舞台上にいて、役者のオフの姿、オンになる瞬間なども見ていただけると思うので、そこも見どころかなと思います。

公演は7月4日(日)まで同所にて。その後、大阪、広島、福岡でも上演する。

撮影◎加藤幸広

関連記事

  1. TVファン様 RYO_6049_re 尾野真千子インタビュー「私だったら、思い出を振り返る旅行なんてし…
  2. D-EMOTION main 30-DELUXの弟分ユニットD-EMOTIONが新劇場のこけら…
  3. DSC09029_ 増田貴久 ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」取材会
  4. エリザベート 舞台公演の中止が4月、5月以降も多数決定
  5. tvfan_告知_2020年12月号 「月刊TVfan」(月刊テレビファン)12月号 10月24日(土…
  6. IMG_4648 NGT48 総選挙速報発表の翌日も、地域密着活動
  7. かがみの孤城_平面書影_ホロ強 本屋大賞受賞作『かがみの孤城』を初舞台化!生駒里奈主演で東阪名で…
  8. メイン 舞台『弱虫ペダル』SPARE BIKE篇~Heroes!!~が大…
PAGE TOP
error: Content is protected !!