特集・インタビュー

栗山航×塩野瑛久×西銘駿×定本楓馬「男劇団 青山表参道X」インタビュー

Ph1

2017年に結成された男性エンターテイメント集団「男劇団 青山表参道X」。
新メンバーを迎え、第2回公演「ENDLESS REPEATERSーエンドレスリピーターズー」に挑戦する。
4人1組で3チームを構成する舞台で、各公演日替わりゲストが出演、全く違った内容となるのが本公演の最大の特徴だ。
舞台稽古真っ最中の団長・栗山航、副団長・塩野瑛久、西銘駿、定本楓馬の4名に、新作公演への意気込みや劇団への思いを聞いた。

――第2回公演はどんな内容に?
(全員で定本さんを見つめ)
定本 全員でこっち見ないで(笑)。
西銘 もうずっとその役割(笑)。
定本 えっと…あるお金持ちの屋敷に強盗集団ZOOという4人組の強盗集団が侵入します。そしてある宝石を盗むためにミッションに挑戦するんですけど、4人は壮絶な死を迎えてしまう。でも気づくとまた死ぬ前に戻っていて…。またそこからミッションをやり直すという繰り返しが起こります。なぜこのミッションが繰り返しているのか、そしてゲスト枠となる5人目の存在が4人にどう関係してくるのかがドキドキする、笑って泣けるミステリー作品となっています。(言い切った顔)
西銘 ハハハハ(笑)。
定本 大丈夫ですか…?
西銘 (定本くんは)いつもこうやって重荷を背負ってくれているんです(笑)。

――稽古が始まってみて、ワクワク感が強い? 不安な人もいますか?
栗山 ワクワク感は常にありますね。まずストーリーがワクワクさせられるものなので。だけど僕は今のところドキドキの方が強い。
一同 ははは(笑)。
栗山 まぁちょっと…なんでしょうね。僕はルビーチームなんですが。
塩野 ルビーチームは、別名“チーム綱渡り”と呼ばれています(笑)。
栗山 (笑)。みんな個性が強くて。前評判でも、このチームは個性が強くてどんなものになるのか想像がつかない、と言われていたんですけど。稽古場でチームで動いてみたら、本当にその通りで(笑)。
西銘 ははは!
栗山 みんな互いに何しようとしてるのかわかっていないんですよ(笑)。そもそも全員が集まれることがまだ少なくてちょっとドキドキです…。
塩野 ただ、爆発力があるので。今の段階ではそうですけど、本番に入ってみたら一番面白いかもしれない。
西銘 そうそう。
栗山 まとまればいいんですけどね。まとめるのはきっと僕の役目になってくるので。
塩野 そうですね。それ以外にいないですね。
定本 ふふふ(笑)。
栗山 まだまだちぐはぐです。

――西銘さん、塩野さんのいらっしゃるサファイアチームは?
西銘 (塩野に向かって)どんな感じですかね?
塩野 なんか不思議と役割分担みたいなことはされてきているのかなっていう感じがして。例えば僕のチームの村上由歩くんとかはすごく家で考えてきてくれて。「これやってみていいですか?」とか聞いてくれます。僕はやっぱり物語の主軸からあまりブレないようにとか、そのバランスを考えながら入れ込む作業をしていたり。で、西銘はマスコットキャラとしていて(笑)。
西銘 ふふ(笑)。
塩野 で、新しく入った松本(健太)くんがすごくいい味を出してくれていますね。振ったことに対して期待以上で返ってきたりするので、それが楽しいです。
西銘 彼はもう、鰹くらいダシ取れますからね!いい味出してますよ。
塩野 ははは(笑)。そうだね。
栗山 めっちゃいいよね、伸びているよね。ここは本当にいいチーム。

――まとまりがある?
栗山 そう、すごく見やすい。稽古場見ていて「あ、そういうことか」って思う。
定本 やるべき本来の姿がそこで確認できる(笑)。
栗山 そう、本来の姿がね(笑)。僕たちが一番最初に芝居をしちゃうと、多分みんなを混乱させてしまうと思う。このシーンでは何をやっているんだ…?みたいなことがたまにあるので。サファイアチームが一番最初にやってくれたら、“こういうシーンだ”っていう提示ができるというか。
西銘 やっぱり塩野くんがチームのリーダーなので! 気になることは何でもまず相談して、「そこは入れて良いんじゃない?」とか、「もっとこうした方が良いんじゃない?」と、みんなで自由に言え合えるチームだと思うので、とても楽しいです。

――しっかりコミュニケーションが取れている。
塩野 取れていますね。仲を深めるために稽古初日からご飯食べに行きましたし。まぁ元々3人(塩野、西銘、村上)は仲良かったんですけど、新規加入の松本くんだけ未知だったので。一緒に行こうってご飯行ってみたら、そこでも良い味だしてました(笑)。

――面白キャラ?
塩野 面白いですね!
西銘 あそこまで面白いとはね…。
塩野 空気感が独特だよね。真顔でボケる人みたいな。
栗山 自分で面白いことしようとしてないんですよ。彼の場合、普通に生きていることが面白い。ラッキーパンチですよ。

――エメラルドチームはいかがですか?
定本 元気がいい人がいたり、頭がいい人がいたり。それぞれ与えられた役が自分の元の性格と違う人が多い印象です。それがある意味僕たちエメラルドチームにとってはすごく挑戦だなと。

――自分のキャラクターとのギャップを埋める作業を。
定本 そうですね。なのでこれが形になったら、今までその人を見てくれていた人にとってはすごくびっくりするものになって、きっと新しいものをお見せできるんじゃないかな。

――エメラルドチームのまとめ役は?
定本 そこがちょっと…これからの問題なんですけど。結構同年代が多くて、誰がまとめようかってなっちゃうんですよ。
栗山 いいじゃん、みんな言い合える仲なんだから。
定本 それは確かにすごく助かっていますね。
栗山 俺にはみんなが対等な感じに見えるけどね。
塩野 誰がリーダーか決める必要も別にないからね。他のチームは自然とそうなっちゃっただけだから(笑)。
定本 なるほど。

――稽古は3チーム一緒にやるんですか?
塩野 今は一緒に稽古場にいます。稽古場で1チームずつやっていって。だから他のチームが稽古しているのを見ることができるんです。それがまた新鮮ですね。他の人の芝居を見ることで発見できることも多く、客観視できる部分もあったりするので。もちろん内容としてはそれぞれのチームごとに違うことをしているんですけど、でも確実に発見できるものがあって。それがまたちょっと楽しいなって。

――トリプルキャストの方同士で演技が見せ合えるっていう環境は良いですね。稽古場でのエピソードはありますか?
西銘 僕稽古場ですごく嫌なことがありまして。ルビーチームに同じドック役の飯島(寛騎)くんがいない日があったんですよ。
一同 (既に笑っている)
西銘 それで演出家さんから「ドック役には西銘が入ろう」って代役を頼まれて。ルビーチームからすれば「飯島くんいないからゴメンね、お願いします!」っていう感じのテンションなのかなって思ったら「あ、西銘とは違うからいいわ」って、バーンって突き放されて。
塩野 ふふふ(笑)。
西銘 「西銘がいると取っ散らかるからいい」って言われて。いやいや僕はお願いされているんですけど…?って。
塩野 (ニヤリと笑って)ちなみに誰に突き放されたの?
西銘 団長(栗山)っすよ!!
一同 (爆笑)。
西銘 団長に突き放されて…! その時の僕の気持ちわかります…?

――頼まれて協力しようと思ったのに、と?
西銘 そうですよ。せっかく手伝おうって思ったのに! だって僕は別にいいんですよ? やらなくても。サファイアチームだし。
塩野 お願いしますって頼まれたのにね(笑)。
西銘 頼まれている側ですよ!? 「わかりました。全然やりますよ!」って言う立場なのに、「西銘はいらないです」って言われて。だから僕は(団長のいる)ルビーチームのことは大っ嫌いです!
栗山 ふはは(笑)。
定本 はははは!
西銘 同じ役の定本くんも飯島くんもいないときに「ほんとゴメン。お前しかいないからやって」っていう時があっても絶対やらないからね!? もう、ぜーったいやらないから!
栗山 (笑いが止まらない)
西銘 そういう対応されるんだから!
栗山 …ゴメン。
一同 (笑)。
塩野 謝罪入った(笑)。
西銘 はははは!

②DSC_0061

――お断りした真意は?
栗山 同じキャラクターでも本当にチームによって全然違うんですよ。だから、さだもっちゃん(定本)がやっているドックと、西銘くんがやっているドックって本当に全然違くて。で、想像した時にうちのチームのドックに合いそうなのはさだもっちゃんだなって思ったんです。だから「さだもっちゃんお願い!」って言ったの。
西銘 ふふふ(笑)。
定本 その前のシーンでルビーチームがすごくとっ散らかってたんですよ(笑)。
栗山 既にわけわかんないのに、西銘入ってきちゃったらもっとわけわかんなくなっちゃいそうだったから(笑)。一旦落ち着かせるために(笑)。

――それで定本さんに代役が。
栗山 「楓馬ゴメンね、やってもらっていい?」って頼みました。
西銘 何で楓馬くんにはそんな言い方なんですか!? 僕には「大丈夫です」って言ったのに!
一同 (笑)。

――トリプルキャストの演技を自分が演じる役の参考にしたりは?
塩野 ある意味参考にしますね。
西銘 このシーンではこうするのか〜いいな〜!っていうのはありますよね。
栗山 そうだね。選択肢がすごく広がるよね。全然違うからこそ、本当に盗んでもいいと思うし。そういうことをやるんだったら、俺たちはこういうのをやろうっていうのもアリですしね。ただ、本当にセリフとかも全然違ったりするから、タメにならないこともいっぱいある。
塩野 いっぱいありますね(笑)。

――日替わりゲストの立ち位置はどのような?
定本 結構重要な人物です。物語の鍵を握っているので、5人目の存在を深く語るとネタバレになっちゃうんですけど…。とにかくキーパーソンですね。

――塩野さん、西銘さん、定本さんは日替わりゲストとしても出演し、キーパーソンを演じるわけですが。
塩野 すっかり忘れていましたね。
栗山 本当だよね。
西銘 僕大丈夫かなー(笑)。
定本 へへへ(笑)。
西銘 まず台本を見て「あ、大変かもしれない…」って思ってたんですけど、稽古場入ってつくづく思ってきますよね。これは本当に大変だぞ…って。
塩野 うん。
西銘 もう1人やるの?って。

――ということはお稽古も2倍?
塩野 お稽古2倍はないです。ないよね? 多分。
西銘 そうですね。自主稽古も含め、ゲストをどう演じるかは、あなた方次第。(塩野定本を指して)
塩野 自分次第だよね。
栗山 西銘次第だよ(笑)。
西銘 そうそう僕次第です。…なんであなた方次第って言っちゃったんだろう(笑)。

――定本さんの計画は?
定本 まだ自分の役でいっぱいいっぱいで…。意外とやることが多くて、ゲストのことは本当に最後の方になってくるんじゃないかな。
西銘 考えたくないですよね(笑)。本当に今現実逃避してます…。

――もしこの4人で、今回の公演のストーリーのように、とあるミッションを遂行してくださいといわれたとき、その役割分担はどうなりそう?
西銘 まぁ僕は排除されますよね。
栗山 排除?
西銘 3人に排除される。だって邪魔になるから!
一同 (笑)。
西銘 絶対邪魔になりますよ? 大丈夫ですか!?
定本 大丈夫(笑)。
西銘 きっと足かせになりますから。
定本 実行係で。
西銘 実行係って、“ひとまず行って来い”の役?
定本 (笑)。
西銘 地雷あるかもしれないから、ひとまず行って来いって?
栗山 そう(笑)。

――チームの頭脳になる人は?
栗山 頭脳はあっきーじゃないかな?
西銘 塩野くんっすね。
栗山 結構理論派だもんね。
塩野 はい。理論派ですね。

――実行係の西銘さんの司令塔に。
西銘 そうですね。僕が使われる。でもそれは大事ですから! 誰かが渋々行くのと、そういうものなんだって理解して行くのはやっぱり違いますからね!
塩野 ふふ(笑)。便利だなぁ。
定本 あ、でも情報集めとか得意そうじゃないですか? 人と接するのがすごく上手だから。
塩野 あ〜!確かに。
定本 ちょっとあの人と仲良くなって情報を手にいれてきてよ…みたいな。
西銘 なんで僕だけいつもギリギリの戦いしてるんですか!? それスパイってことですよね? スパイしに行って、殺される可能性あるじゃないですか!
塩野 いや、まぁでも相手が敵とは限らないから。情報源だからね。
西銘 そっか…! で、(栗山を指して)破壊神か。
栗山 へ?
西銘 ドアとかをガンガンって押しても開かない状況だったら、破壊する人!
栗山 手で?(笑)
西銘 手で。ミッションはするけど、残り10秒とかになったら壁をぶち抜く!
栗山 ははは! パワープレイだ(笑)。
塩野 身体を動かしてほしいのね? 栗山くんに。
西銘 はい!

――定本さんは何になりそう?
塩野 楓馬も頭いいからな。
西銘 謎解き系ですよ。
栗山 詐欺師みたいなね。
定本 詐欺師?
塩野・西銘 あ〜!
栗山 騙す系ね。
定本 騙す方か〜。
栗山 人を騙して情報を得るとか、潜入捜査とか。
塩野 じゃあ西銘はやっぱりいなくていいね(笑)。
西銘 なんで!?
塩野 ははは(笑)。
西銘 いや、使って使って!? 危ないところにも行くから! 剣山が出てるフィールドとか行くから!
栗山 すごい行くじゃん(笑)。頑張れ!
西銘 そういうところには率先して僕が行きます。そんで、案外こういう奴って最後まで生き残っていたりするんですよ(笑)。さんざん死にそうなフラグ立てといてね(笑)。

②DSC_0061

――公演名にちなみ、皆さんの“エンドレスリピートしたい”思い出は?
塩野 中学生くらいの時をエンドレスリピートしたいな。あの時は本当に何にも考えてなかったので。今の日本の経済がどうなってるだとか。
定本 そもそも中学生そんなこと考えないです(笑)。
塩野 何も考えてなかったからこそ、ある意味一番幸せだったかも。
西銘 そうですね、確かに。でも一番幸せなのって…保育園とかですかね?
一同 (笑)。
西銘 いやこれはリアルに。毎日絵本読んだり、友達とかけっこしたりして。
塩野 記憶あるの?
西銘 ありますあります!
塩野 すごいな。
西銘 紙飛行機飛ばしたりとか。
栗山 楽しかった?
西銘 むちゃくちゃ楽しかった! それって毎日追われることもないし、家帰ったらご飯がある。で、遊べる。最高じゃないですか!
栗山 でもその当時はそれが当たり前だと思ってなかった?
西銘 当たり前だと思ってました。保育園って嫌なものが何もない空間というか。本当一番の楽園ですよ! ある意味老後と一緒。一番楽しいところですね。
栗山 老後と一緒なのね(笑)。
定本 僕は高校1年生とかですかね。受験という呪縛から解き放たれて。高3になったら将来のこと考えないといけないじゃないですか。だから高1の入学したて。学祭とか楽しいし。
塩野 カーストが決まる瞬間ね。
栗山 こわ!
定本 怖いっすね。でも楽しいこといっぱいあったので。
西銘 でも、頭だけ残して保育園行った方が一番効率的ですからね。それで毎日学園祭すればいいじゃないですか。
塩野 すればいいじゃないですかって(笑)。
西銘 学園祭…っていいですよね。
定本 ははは(笑)。
西銘 …まぁ僕も本当は高校生が良かったですけどね。先に保育園って言っちゃったから、そこで突っ切るしかなくて!
栗山 ははは(笑)。俺は昔に戻るっていうのも…苦で。苦というか、過去にそんな楽しい場面ってあったかなって。
西銘 え!?
塩野 怖い怖い怖い。闇が深いよ(笑)。
栗山 いや、違う違う! 常に楽しいことが更新されているので。だから、そういう意味では今なのかな。リピートしたい瞬間。若くて身体が動かせるうちにいろんなものを楽しみたい。
塩野 ずっとリピートして、いろんなことに手を出したいよね。
栗山 そうそう。

――この劇団が結成されてもう少しで2年に。男劇団 青山表参道Xは皆さんにとって改めてどんな場所?
西銘 落ち着きますね。お芝居でもイベントでも取材の時でも。やっぱり他の現場って事務所が違うので、話せる領域や気を遣わなくてはいけない部分がどうしてもあるじゃないですか。でもここならそれがないので。しかも稽古スタートからすぐに仲が良い状態なので、何でも言い合える環境もある。そこはすごく大きいんじゃないですかね。劇団での仕事ってなるとすごく気持ちが落ち着きますね。
栗山 それにみんな本当に仲良くなったし、絆も深まったので。仲良くなると緊張感は無くなるのかなって思ってたんですけど、みんなそれぞれ自分の色をぶつけてくれるので、僕的にはすごく緊張感のある劇団になったなと。なぁなぁにならずに保てていると感じています。
塩野 僕自身、なかなか同業者で仲良くなったりする人がいないので。こうやって定期的に顔を合わせる人たちがいることがまずうれしいです。あまり自分から話しかける方ではないけど、僕のことをわかってくれている人が周りに集まっているので。そうするととても気が楽で。そういう意味でも安心できる場所だなと思いますね。
定本 僕も定期的に刺激を与えてもらえるなっていうのは思います。久々に会ったらなんかめちゃくちゃ面白くなってるなこの人、とか。他の現場で経験してきて戻ってきたとき、すごいなって思ったりするので。身近にそうやって成長していってる人たちがいるから、自分も頑張らないとっていう気持ちにさせてくれますし。そのおかげで常にシャキッとしていられる、僕にとってはそんな場所です。

②DSC_0061

――それでは最後に公演への意気込みを。
栗山 この劇団において、第2回公演はすごく大事なものだと思うんです。そこの重要性を多分みんなわかっていると思うので、もう1度身を引き締めて、しっかりしたものを作っていきたいです。旗揚げ公演にない空気感を作れるはずなので、僕たちの底力みたいなものを見てほしいです。

 

②DSC_0061くりやま・わたる 1991年6月15日生まれ、東京都出身。身長176cm。劇団で団長を務める。
TVドラマ「牙狼〈GARO〉~闇を照らす者~」で主演デビュー。2016 年第4回ジャパンアクションアワードベストアクション男優賞受賞。
2019年7月19日~「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」(小林優太役)レギュラー出演中。

西銘 やっぱり今回は他のお仕事に比べて、事務所の舞台ということで。たくさんぶつかり合って話し合える環境があります。だからすごく自分の中で成長できるんじゃないかなって思っています。本当に質の高いものを見せて、絶対“エメラルド”や“ルビー”には負けないように頑張りたいですし、観に来てくださる皆さんにいいものを見せていけたらと思います。
②DSC_0061にしめ・しゅん 1998年2月20日生まれ、沖縄県出身。身長174cm。
第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストグランプリ。「仮面ライダーゴースト」主演(天空時タケル役)でデビュー。
今秋映画『ダウト-嘘つき男は誰?-』(玄野梓役)が公開予定。

塩野 今回は第2回公演で、旗上げ公演とは違い、非常に自由度が高くなっています。本当に3チームともバラバラなので、僕はあまりお客さんにこういうことを言いたくはないんですけど、良かったら3チームとも見ていただきたい。そうしたらすごく濃密な時間を過ごせるんじゃないかなと思うのが本音ですね。
②DSC_0061しおの・あきひさ 1995年1月3日生まれ、東京都出身。身長175cm。劇団で副団長を務める。
第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞・AOKI賞W受賞。TVドラマ「GTO」(水原僚一役)でデビュー。
2019年10月から映画『HiGH&LOW THE WORST』が公開予定。舞台「里見八犬伝」出演予定。

定本 本当に、今回の公演はお腹抱えて笑っちゃうと思います。3チームとも個性豊かで、本当にどのチームも見応えがあるので全部見てほしいです。あと、予想を裏切れるのかなと思います。海外ドラマのポスターのようなチラシとのギャップもそうですし。オープニングからいい意味で裏切れると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください!
②DSC_0061

さだもと・ふうま 1995年11月23日生まれ、北海道出身。身長175cm。
テレビ東京木ドラ25「テレビ演劇サクセス荘」(毎週木曜日深1.00)に出演中。
また、9月には舞台「今、僕は六本木の交差点に立つ」、10月にはライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~に出演が決定している。

 

公演期間・劇場
2019年7月20日(土)~7月28日(日)品川プリンスホテル クラブeX
≪全公演、終演後に当日出演メンバー全員によるお見送りを開催!≫

脚本・演出:川尻恵太(SUGARBOY)

出演:
ルビー:飯島寛騎・栗山航・小沼将太・立花裕大
サファイア:西銘駿・塩野瑛久・村上由歩・松本健太
エメラルド:定本楓馬・中村嘉惟人・湯本健一・長田翔恩

日替わりゲスト:水江建太・奥野壮・岩田知樹ほか

 

 

②DSC_0061

②DSC_0061

*栗山航×西銘駿×塩野瑛久×定本楓馬の直筆サイン入りポラ&ポラ付き色紙を各1名様にプレゼント!

・タイトルに「TVfanWEBプレゼント希望 男劇団 青山表参道X」
・本文に、住所、氏名、今回のインタビューのご意見・ご感想

を明記の上8月2日(金)までに、tvfan@mediaboy.co.jp宛てにご応募ください。

※当選発表は編集部からのメールの返信をもって代えさせていただきます。
「@mediaboy.co.jp」の受信許可設定を事前にお願いいたします。
文/田中莉奈

関連記事

  1. イケメン戦国囲み 2つのルートのマルチエンディングにも注目の「イケメン戦国 THE…
  2. AOHARU_RilsLive2019Logo ミュージカル「青春‐AOHARU‐鉄道」の ライブ公演開催と公式…
  3. 2-1 稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾 ホンネインタビュー③ 11/2夜9時…
  4. GW_main_0530re02 那州雪絵の代表作「ここはグリーン・ウッド」を待望の初舞台化!
  5. 橘ケンチ 京極夏彦の「魍魎の匣」が橘ケンチ主演で舞台化決定!
  6. 近江谷太朗-1 近江谷太朗のプロデュース舞台「世界を繋ぐ方法」が初日公演を開催
  7. Acrs051 ダンスボーカルグループ「CHERRSEE」涙のインタビュー!HI…
  8. Exif_JPEG_PICTURE 大地真央の主演舞台「クイーン・エリザベス」製作発表
PAGE TOP