ドラマ

石原さとみ、ドラマクランクアップ 「20代最後の作品がこれで良かった」

20161203NW00415

2月7日(水)に最終回を迎えるドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」が、先日クランクアップを迎えた。
今年9月初旬にクランクインしてから、約3カ月の撮影を終えた主演の石原さとみは、
「長いようで短かったこの3カ月、プライベートな時間も含めて、河野悦子のことだけを考えて生きてきた気がします。台本が面白くて、この(悦子という)役が楽しくて、ベテランで頼りがいのあるスタッフとキャストの皆様と一緒にお芝居をするのが、本当に心地よかったです。
女優業って実は地味な仕事だなあ、と思うこともあるのですが、これだけ反響があって、これまでドラマを見てこられなかった方たちにも観てもらえたりすると、お芝居って、女優業って、作品をみんなで作ることって、こんなにも楽しくて、影響力のあることなんだと知りました。20代最後の作品がこれで良かったと、そして、これからもお芝居を続けていこうと思いました。皆さんのおかげです。これからも宜しくお願いします。」

20161203NW00398

最終話のあらすじは…

『Lassy』編集長の亀井(芳本美代子)から、巻頭特集の企画書を書いてプレゼンするように言われた悦子(石原さとみ)。悦子に『Lassy』編集部に異動できる大チャンスが訪れる。悦子は貝塚(青木崇高)から、本郷(鹿賀丈史)の盗作を訴える告発文が送り付けられたと知らされる。告発文の送り主は、“直木龍之介”と名乗るWEB小説家。直木は、自分が1ヵ月前に発表した作品と、発売されたばかりの本郷の最新作が酷似していると主張していた。本郷は連絡がつかない状態で、真偽を確かめることができない。貝塚は、本郷の最新作と直木の作品を細かく検証すれば手がかりが得られるかもしれないと考え、校閲部に2つの作品の事実確認を依頼。悦子たち校閲部の面々と幸人(菅田将暉)は協力して、本郷の盗作疑惑を晴らすために奔走する。一方、悦子が『Lassy』編集部に企画をプレゼンする日も近付いていた。そんな中、校閲部に何者かが侵入し…。

日本テレビ系にて12月7日(水)夜10時から最終回放送。

20161203NW00433

関連記事

  1. オフィシャル集合_R-1 栗山千明が夢中のアイドル!「婚外恋愛に似たもの」スノーホワイツ
  2. 【メインお写真・決】KZ4_7269trm_1 テレ朝7月ドラマに窪田正孝、川口春奈が決定!
  3. 最新アー写 倉島颯良ロングインタビュー
  4. IMG_2155s 真木よう子主演・フジテレビ夏ドラマ「セシルのもくろみ」7/13(…
  5. DSC_0804 内藤剛志、62歳の誕生日! 主演ドラマ「警視庁・捜査一課長」のキ…
  6. 「雲が描いた月明り」ドラマイベント_ジニョン(B1A4)-1 B1A4のジニョンがドラマファンミーティングで来日
  7. TWD8cckeyart-1 「ウォーキング・デッド」シーズン8、dTVのFOXチャンネルで日…
  8. DSC_00031 Anlyとスキマスイッチのコラボ曲が、新ドラマ「視覚探偵日暮旅人…
PAGE TOP