ニュース

望海風斗、平原綾香、井上芳雄「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」プレビュー直前取材会

「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」のプレビュー初日が6月24日に東京・帝国劇場にて行われ、直前の囲み会見が開かれた。囲み会見にはWキャストの出演者が登場。サティーン役の望海風斗と平原綾香、クリスチャン役の井上芳雄と甲斐翔真、ハロルド・ジドラー役の橋本さとし、松村雄基、デューク(モンロス公爵)役の伊礼彼方、Kが出席した。

2001年に公開したバズ・ラーマン監督作の映画「ムーラン・ルージュ」をミュージカル化。望海は「ステージに立っていると(豪華なセットだということが)わかりませんでしたが、ゲネプロを観て『こんなにすごいんだ』と驚きました。早く客席の皆さんを素晴らしい世界にお連れしたい」と意気込みを。平原は「自分で演じながらサティーンとクリスチャンの姿に毎日感動しています。この作品で一番素敵なのは、人を愛すること。きっとお客様の心に『愛してる』という言葉が残ると思う。キャスト全員オーダーメイドの衣裳でカッコいいです。ぜひ注目してください」と話した。

井上は「“Wキャストを意識する芸風”ですが(笑)、今回みんな仲が良くて素敵です。20年以上帝劇に立っていますが、こんなに気合が入った舞台セットは観たことがない。『何があったんだろう』というくらい“決死の覚悟”を感じます。作り手の本気が伝わってきますし、そうでなければ成立しない舞台です。チケット代が高いのは話題になってましたけど、中にいるとこれはかかって当然だな、と。それでも賄えるかなというくらい豪華なので。世界中で『ムーラン・ルージュ!』やってますけど、日本が1番チケット代を抑えてるらしいんですよ」と語った。

会見の後半には、映画「ムーラン・ルージュ」のラーマン監督がサプライズ登場。「日本語はわからないが、きっと素晴らしい翻訳なのだろうと思った。ラストの悲劇的なシーンでは、本当に感動した」と話した。

東京・帝国劇場の公演は6月29日~8月31日(プレビュー公演は6月24日~26日)。

関連記事

  1. ミュージカル『黒執事』シリーズ最新作が開幕!
  2. 戸塚祥太主演「未来記の番人」開幕
  3. 目指せ、箱根駅伝!A.B.C-Zの塚田僚一主演舞台『風が強く吹い…
  4. 大倉忠義が『夜への長い旅路』で4年ぶり舞台出演!
  5. 舞台『七人のおたく cult seven THE STAGE』が…
  6. INI初アリーナツアー「2022 INI 1ST ARENA L…
  7. 千鳥が「お台場冒険」団長に就任!フジテレビ愛で今夏を盛り上げる
  8. IMPACTors/ジャニーズJr.の椿泰我が『マウストラップ~…
PAGE TOP
error: Content is protected !!