ニュース

元櫻坂46キャプテン・菅井友香が『新・幕末純情伝』で卒業後初舞台!

つかこうへい復活祭2023『新・幕末純情伝』が、1月28日に東京・新宿の紀伊國屋ホールで開幕した。

『幕末純情伝』は、幕末の京都を舞台に新撰組の沖田総司が実は女だったという、つかこうへいさんのユニークな着想の下、1989年8月にPARCO劇場にて幕を上げた。それ以降『熱海殺人事件』『飛龍伝』と 並ぶつかさんの代表的な作品として愛され、これまで幾度となく上演され続けている。歴代の沖田総司には、牧瀬里穂、広末涼子、石原さとみ、鈴木杏、桐谷美玲、松井玲奈などそうそうたる女優が並び、伝説ともいえる歴史をつくってきた。

今回、紅一点、沖田総司の11代目を務めるのは欅坂46、櫻坂46 の キャプテンを歴任し、22年11月9日に東京ドームでの櫻坂46ツアーファイナル公演にてグループを卒業したばかりの菅井友香。本作がグループ卒業後、初舞台となる。

初日公演を前に、舞台あいさつと公開ゲネプロが行われ、舞台あいさつには、菅井の他、坂本龍馬役の松大航也、土方歳三役の高橋龍輝、勝海舟役の吉田智則と、司会進行役を務めた演出・岡村俊一が登壇した。

あいさつで菅井は「キャストの皆さんが全員欠けることなく、無事に初日を迎えられることを、本当にうれしく思います。精いっぱい、命を懸けて演じさせていただきます」と宣言。手応えを聞かれると「(稽古で)今日までできることは全部やってきたかなと思っているので、あとは見てくださる方に届けるのみ…気合バッチリです!」と意気込んだ。

グループ卒業後の初舞台については「これまではキャプテンとしてグループのことを第一に頑張ってきましたが、一人の人間としていろんな経験をし、心を豊かにして、それを誰かに届けられる人になりたい。愛を求めていた沖田総司のように、目の前にいる人たちを信じ愛して、自分も美しい心の持ち主になれるよう頑張りたい」とも語った。

菅井は3年前『飛龍伝2020』のヒロイン神林美智子役を熱演し、振り切った演技で高い評価を得た。つか作品の二大ヒロインといわれる沖田と神林の両方を演じたことがあるのは、長い歴史の中で広末と桐谷の2人だけであり、菅井は3人目の歴史的ヒロインとなる。「偉大な女優の皆さんが演じてきた大役を受け継ぐのは、すごく責任を感じています。自分もしっかり誰かにつないでいけるように努力するしかない」と気を引き締めた。

そんな菅井の演技を、演出の岡村は「史上最高に美しい沖田総司をお見せできる。真っすぐに演じています」と絶賛した。

また坂本龍馬役に初挑戦する松大は「頼もしいチームとやれることが支え」と語り、今年の抱負を聞かれると「目の前の仕事を精いっぱいこなす」と答え、初日公演へ向けて気合を入れた。

その他のキャストは、晃平、関隼太、北野秀気、濱田和馬、須藤公一、武田義晴など。

公演は2月12日(日)まで同所にて。2月17日(金)~19日(日)まで、兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeにて。

 

関連記事

  1. 『超歌舞伎2022 Powered by NTT』が開幕!中村獅…
  2. 『イケメン戦国THE STAGE』第10弾の開幕を前に過去9公演…
  3. 舞台『逆転裁判~ 逆転のパラレルワールド~』に宇宙Six/ジャニ…
  4. BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE「…
  5. 舞台『キングダム』信役と嬴政・漂役の扮装ビジュアル公開!
  6. 橋本環奈と上白石萌音がWキャストで千尋役!話題の舞台『千と千尋の…
  7. W主演&Wキャストで上演する舞台『錦田警部はどろぼうがお好き』が…
  8. ハローメンディーライブキャラクターが、サンリオピューロランド初ハ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!