ニュース

目指せ、箱根駅伝!A.B.C-Zの塚田僚一主演舞台『風が強く吹いている』来年1月上演

2023年1月にシアター1010にて、A.B.C-Zの塚田僚一が主演する舞台『風が強く吹いている』が上演される。

原作は直木賞作家・三浦しをんによる、箱根駅伝を舞台にした同題小説。07年に漫画化、ラジオドラマ化され、09年には舞台化と実写映画化、18年にはテレビアニメ化もされ、さらに10年には第1回ブクログ大賞文庫本部門大賞を受賞するなど幅広い年代から支持される名作だ。

21年に“見たことのない掛け算”というブランドコンセプトを掲げ、演劇作品を手掛けるクリエーティブカンパニー「ILLUMINUS」によって新しく舞台化され、23年1月に再演されることになった。

物語の主人公であり駅伝チームの主将・清瀬灰二役を、A.B.C-Zのメンバーで抜群の身体能力を誇る塚田が演じる。物語のキーパーソンともなる天才ランナー・蔵原走役には、DISH//のメンバーでミュージシャンのみならず俳優としても注目を集める矢部昌暉。さらに、双子の兄弟の城太郎と次郎役は、双子ユニットTWiN PARADOXとして活動している双葉勇と双葉要が演じる。そのほか、橋本全一、高岡裕貴、阿部快征、澤井一希、安原寛之、冨岡健翔(ジャニーズJr.)、西村菜那子、山田ジェームス武、三津家貴也というフレッシュかつ個性豊かなキャストがそろった。

脚本を担当するのは、第6回アニマックス大賞に入選後、アニメーション制作会社Production I.G.にて脚本家デビューし、以降、マンガ原作、舞台脚本、ノベライズなどを多く手掛けている春日康徳。演出は、さまざまなジャンルの作品で演出を務め、「舞台でしか見られない景色」をテーマに華やかで美しい世界構築に定評がある吉田武寛が担当する。

キャストを一新して再演される舞台『風が強く吹いている』に、乞うご期待!

[清瀬灰二(ハイジ)役:塚田僚一コメント]

今回、このお話を頂いた時にまさか自分が三浦しをんさんの作品に携われるなんて!と驚きました。「結果を出すとはどういうことなのか?」。さまざまな状況下で戦っている人たちへ、この舞台から何か感じてもらえたらいいなっと思います。僕はハイジから教えてもらいました。そんなハイジを演じられると思うと、今から楽しみで仕方ありません。幅広くいろいろな事に挑戦されている演出の吉田武寛さん、風が強く吹いていると同じくらい大好きな「東のエデン」も書かれていた脚本の春日康徳さん、一緒にアクロバットをしていた後輩の冨岡健翔、素晴らしい俳優さんたちと舞台上から強い風を吹かせていきたいです。

公演は2023年1月18日(水)~22日(日)まで東京・シアター1010にて。

関連記事

  1. 舞台「夏の夜の夢」製作発表
  2. 韓流ドラマ歌手コンサートがBSフジで放送! ZEROロングインタ…
  3. 舞台『少年たち』が9月に新橋演舞場で上演決定!
  4. ボイメン平松が天下奪取! 自慢の顎でギネス記録を達成!
  5. 舞台『千と千尋の神隠し』再演へ!橋本環奈と上白石萌音が再びWキャ…
  6. SKE48 総選挙感謝公演
  7. 祭nine.「轟け、獅子太鼓」インタビュー
  8. 月刊TVfan(テレビファン)8月号、6月24日発売
PAGE TOP
error: Content is protected !!