ニュース

関西演劇界のクセ者が集結した爆笑法廷劇『12人のおかしな大阪人2023』1月上演!

関西演劇界のクセ者が集結! 12人の爆笑法廷劇が感動のラストをもたらす!? 今なお語り継がれる1995年初演の伝説の舞台『12人のおかしな大阪人2023』が、28年ぶりに東京でも上演へ!

ヘンリー・フォンダ主演の映画版があまりにも有名な法廷劇の傑作『十二人の怒れる男』。さまざまな出自の12人の陪審員たちがある事件の評決を巡って丁々発止するというスリリングな内容で、オマージュとなる作品が数多く生まれた。その一つであると同時に、もっとも異色といえるのが、この『12人のおかしな大阪人』だ。

「陪審員を、全員大阪人にしたらどうだろう?」というアイデアを元に東野ひろあきが脚本を書き、G2がプロデュース、演出を生瀬勝久が担当し、1995年1月に初演。生瀬勝久や升毅、キムラ緑子、山西惇などの当時関西を拠点としていたスター俳優たちを集めて、大阪と東京で上演された。特に大阪公演は阪神・淡路大震災の直後に上演され、関西人たちの笑顔を取り戻したことでも記憶に残っている。

「12人の陪審員が話し合い、殺人事件の有罪or無罪を決める」という設定は『十二人の怒れる男』にならいつつ、そこはやっぱりお笑いの街・大阪の人々。話題はどんどん脇道にそれ、ボケとツッコミと冗談だらけのマシンガントークが繰り広げられる、“大阪人あるある”満載のハイパーコメディーに。評判は非常に良かったものの、再演はおろかソフト化されることもなく幻の作品となっていた。

20年5月には、ほとんどのオリジナルキャストがそろったリモート朗読の無料配信が実現。当然のように起こった「ぜひ舞台版が見たい」という声に応えるように、オリジナルキャストの一人・わかぎゑふが、大阪府枚方市の枚方市総合文化芸術センターとタッグを組み、21年11月に自らの台本・演出で26年ぶりの再演を実現した。

関西小劇場界だけでなく新劇から伝統芸能にまでおよぶ、わかぎの幅広い人脈を生かしたバラエティーに富むキャスティング。時代に則したラストに変更した舞台は「26年前と遜色ない」「面白おかしいだけじゃなくて、陪審員制度の風刺も効いている」と初演に劣らぬ高評価が。さらに「大阪で、たった3ステージだけなのがもったいない」と再演を望む声も多数寄せられた。

そのリクエストに応えて『12人のおかしな大阪人』3度目の上演が決定! わかぎが再び企画・台本・演出を担当し、ほとんどのキャストが続投する。

今回は新キャストとして、今江大地(関西ジャニーズJr.)、多和田任益が参加! うえだひろし(リリパットアーミーⅡ)、内山絢貴(劇団五期会)、大江雅子、大熊隆太郎(壱劇屋)、木内義一(テノヒラサイズ)、古場町茉美(Z system)、早川丈二(MousePiece-ree)、古川剛充(ゲキゲキ)、ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)、前田晃男(ボラ☆ボラ)という、関西を中心に活動する個性派俳優たちが続投する。さらに日替わりゲストとして、東野ひろあき、茂山宗彦、ドヰタイジ(STAR☆JACKS)、桂九雀が登場する。12人のおかしな大阪人が生み出す笑いと感動を、ぜひ堪能あれ!

公演は2023年1⽉7⽇(土)〜17⽇(火)まで東京・紀伊國屋ホール、1⽉21⽇(土)〜22⽇(日)まで大阪・松下IMPホールにて。

 

関連記事

  1. 森川智之&三上哲『魔界探偵ゴーゴリ』イベントで劇中シー…
  2. 舞台『弱虫ペダル』SPARE BIKE篇~Heroes!!~が大…
  3. 橘ケンチ(EXILE)×油長酒造コラボ日本酒「風の森橘feat.…
  4. ジャニーズJr.の小鯛詩恩と竹村実悟が外部初主演&W主演舞台『椿…
  5. Reading Pop『青い鳥』のメイン&ソロビジュアル公開!
  6. EXILE15人体制のドームツアー「EXILE LIVE TOU…
  7. 舞台『魔界転生』が2年3カ月ぶりに四大都市で再演!上川隆也が再び…
  8. 演出:宮本亞門×主演:東山紀之×共演:谷原章介の『チョコレートド…
PAGE TOP
error: Content is protected !!