ニュース

TVアニメ「薔薇王の葬列」初舞台化!6月に日本青年館にて上演

現在放送中のTVアニメを初舞台化する舞台『薔薇王の葬列』が、6月に日本青年館にて上演される。

原作「薔薇王の葬列」は、菅野文によるダークファンタジー漫画。シェークスピアの史劇で描かれた、狡猾(こうかつ)で残忍な稀代のピカレスクというイメージで知られるリチャード三世を、男女二つの性を持って生まれたことを秘密に抱える存在として翻案。15世紀イングランドの“白薔薇”ヨーク家と“赤薔薇”ランカスター家が王位継承を巡って争いを繰り返した薔薇戦争を背景に、大胆かつ深奥な解釈とアレンジによって全く新しいリチャード三世の物語を生み出した。

リチャードがたどる数奇で残酷な運命を、壮麗で美しくドラマチックな世界観で描き上げ、人気を博している。

2022年1月からは連続2クールでTVアニメ放送が始まり、ますます話題沸騰中の本作が、待望の初舞台化となる。

男女二つの性を持って生まれた主人公・リチャード役に、若月佑美と有馬爽人の男女Wキャストという舞台ならではの手法も話題を集める本作。

共演には和田琢磨、君沢ユウキ、高本学、加藤将、瀬戸祐介、廣野凌大、星波、藤岡沙也香、さらに田中良子、そして谷口賢志と、華と実力を兼ね備えたキャストが集結した。

TVアニメのシリーズ構成・脚本を担う内田裕基が、舞台版の脚本も担当。原作の魅力を存分に引き出す演出とステージングに定評のある演出家・松崎史也が演出を手掛け、美しき『薔薇王の葬列』の世界が舞台上に描き出す。

[リチャード役:若月佑美コメント]

久しぶりの舞台作品への出演と、さらにはリチャード役ということで正直とても緊張しておりますが、原作の素晴らしさを大切に、しっかりと愛を持って演じられたらと思っています。非常に難しい役所ではありますが悩み葛藤しリチャードとともに頑張ります。また今回は男女のダブルキャストということで、私は初めての経験で新しい挑戦ですし全く違った面白さが味わえると思いますので、ぜひ、劇場に足を運んでいただけたら幸いです。

[リチャード役:有馬爽人コメント]

今回出演が決まった時は驚きが隠せず、また舞台に立てるんだと思うと、すごくうれしかったです。この作品は何回も見返してしまうようなとても繊細なストーリーで、演じるリチャードは自分ととても似ている所が多く、演じるのがとても楽しみです! 皆さんが舞台上の僕たちと同じ場所で生きているような、そんな世界をお届けできる日を心より楽しみにしております。

公演は6月10日(金)~19日(日)まで、東京・日本青年館ホールにて。

 

©菅野文(秋田書店)/舞台『薔薇王の葬列』製作委員会

 

 

関連記事

  1. ジャニーズ成人式が17年ぶり復活!なにわ男子ほか新成人11人が集…
  2. 名作戯曲の誕生秘話を描いた大ヒット作が日本初演へ!加藤シゲアキが…
  3. THE RAMPAGEインタビュー 初バラード曲「INVISIB…
  4. 屋良朝幸主演のミュージカル『ドッグファイト』が再々演決定!
  5. 『映画トロピカル~ジュ!プリキュア プチ とびこめ!コラボ♡ダン…
  6. Stagefan Vol.3発売中!
  7. 成井豊と梅棒の夢のコラボレーションがついに実現!
  8. 加藤和樹主演ミュージカル『BARNUM』最新情報解禁!
PAGE TOP
error: Content is protected !!