ニュース

黒木華と中島裕翔が初共演&ダブル主演を務める『ウェンディ&ピーターパン』の公演ビジュアル解禁

8月13日(金)から東京・Bunkamura オーチャードホールにて日本初演となる、DISCOVER WORLD THEATRE vol.11『ウェンディ&ピーターパン』。黒木華と中島裕翔が初共演にしてダブル主演を務めることで注目を集めている本作の公演ビジュアルが完成、解禁された。

スコットランドの作家、ジェームス・マシュー・バリーが20世紀初頭に書いた世界的傑作戯曲「ピーターパン」。この「ピーターパン」をロンドンで注目の若手作家であり演出家でもあるエラ・ヒクソンが新たにウェンディの視点から翻案し、2013 年に英国ロイヤル・シェークスピア・カンパニーの新作公演『WENDY&PETER PAN』として上演。セリフに加えてダンスやフライング、小道具、美術、映像などを駆使した“フィジカルシアター”のスタイルとスペクタクルとマジカル満載の美しい舞台が話題となり、15 年にはウエストエンドでの再演も果たした。

待望の日本初演となる今回、演出を手掛けるのは『るつぼ』(16年)、『民衆の敵』(18年、共にBunkamura シアターコクーン)で社会的テーマを力強く描き、日本の観客を魅了したジョナサン・マンビィ。ロンドンでの初演、再演でも演出を務めた彼が、世界的に有名な「ピーターパン」のファンタジックな世界観から現代社会に通ずるテーマを浮き彫りにする。

タイトルロールであるウェンディとピーターパンを演じるのは、今回が初共演となる黒木華とHey! Say! JUMP の中島裕翔。さらに平埜生成、前原滉、富田望生、山崎紘菜、玉置孝匡、石田ひかり、堤真一と若手からベテランまで多彩な魅力を持つ豪華なキャストが集った。

このたび公開された公演ビジュアルでは、ネバーランドを彷彿とさせる森の中の不思議な空間にウェンディ、ピーターなどの登場人物たちが浮遊している非日常的な日常を描くマジックリアリズムの世界を表現している。

エラ・ヒクソンが、大胆な新解釈で描く本作は生と死、喪失感と絶望、幸せと喜びなどの普遍的テーマが散りばめられた「大人のためのマジカル・ファンタジー」として新たな冒険の旅をお届けする。

ウェンディは作品を通してどのような経験をし、どのように成長していくのか。日本初演となる『ウェンディ&ピーターパン』にどうぞご期待を!

公演は8月13日(金)~9月5(日)日まで、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて。

関連記事

  1. 日本初演の戯曲版『キオスク』を林翔太主演で2021年上演!
  2. 蓮佛美沙子「連続ドラマW 鵜頭川村事件」インタビュー
  3. 速水もこみち&松井愛莉「この男は人生最大の過ちです」インタビュー…
  4. BOYS AND MENのニューシングル「進化理論」がオリコンデ…
  5. 町田啓太×スタンダードプードルがバディを組んで表紙に登場!動物た…
  6. 演出・蓬莱竜太、天海祐希×鈴木亮平のW主演で送る西部劇エンターテ…
  7. 三谷幸喜×香取慎吾の最新作「誰かが、見ている」今秋にAmazon…
  8. オスカープロモーション年末恒例の晴れ着撮影会開催!冬晴れの空の元…
PAGE TOP
error: Content is protected !!