ニュース

ハートフル音楽劇『イキヌクキセキ~十年目の願い~』が開幕!屋良朝幸が東日本大震災から10年の被災地へ思いを寄せる

屋良朝幸主演のハートフル音楽劇『イキヌクキセキ~十年目の願い~』横浜公演が、7月2日にKAAT神奈川芸術劇場にて開幕。初日公演を前に、公開ゲネプロと取材会が行われた。

本作は東日本大震災から10年がたった東北の被災地を舞台に、両親を失った主人公を中心とした人間関係を描いた物語。作・演出のトイキシゲキが、被災地での取材を通じた実体験を基に手掛けた作品だ。屋良は、津波で家族を失ったダンサーを演じる。劇中で屋良が歌うオリジナル曲「ありがとうは幸せの言葉」をはじめ、生バンドの演奏と共に名曲の歌唱や心温まる音楽、ダンスを織り交ぜて、大震災から10年を経た被災地での仲間たちとの絆を描く。

公開ゲネプロの後にステージ上で行われた取材会には屋良のほか、共演の浜中文一、松本明子、松下優也、ペナルティのヒデ、隅田美保、安寿ミラ、松平健が登壇した。

出演が決まって共演の浜中と共に東北を訪問し、この役に臨んだという屋良は「正直、この話を頂いた時に、どうして自分が主役なんだろうなっていう思いはすごくありました。自分がやるに当たって、何をこの作品に還元できればいいかなって思ったんですけど。その答えは正直ずっと見つからなくて。この間、東北の方に文ちゃんと一緒に行かせてもらって。実際に10年がたっていたので、どういう形なのかなあって見に行った時に、地元の人とかの話を聞いて逆にこっちがすごく元気をもらったんです。というのはやっぱり、そういうつらいこと、思い出を抱えているにも関わらず、そこで前に進んでいるっていう。その経験をしていることの強さっていうのを、自分は頂きまして。で、「こういうことがあったんだよっていうことを、今の若い子だったりとか知らない人に、私たちは伝えてほしい」って言われたことがものすごく勇気になって。自分の仕事は、エンターテインメントに関わる人間として、しっかりステージの上から伝えていくっていう仕事かもしれないし、その思いを見に来てくれた皆さんに伝える役目っていう。それもまた一つ、光栄なことで。そういう地元の人の思いだったりだとか、大変な思いをしている人の気持ちをくんだ上で、しっかりみんなに伝えていけることを伝えていければいいなと思います。ただ、それだけだとすごく固くなってしまうので。やはりこれはエンターテインメントとして、来てくれた人に本当に楽しんでもらえるように、ダンス、音楽、たくさんあるので。そこもショーとして楽しませる部分と、このリアルさとを融合した作品を皆さんにお届けできればいいなと思っています」と、意気込みを語った。

浜中は「この舞台に携わらせていただいて、こういう大きいテーマというか、ものにご縁があって、出させていただけるっていうのは僕にとっても…。毎回舞台に出るたびに「この舞台にご縁があったのはどういう意味なんだろう」って考えるんですけど、今回も今考えてはいるんですけど。すごくいい意味で、いろんなことがすごく広がったかなと。すごく良い経験をさせていただいたという思いと、この舞台で僕自身この作品を通して少しでも何かを伝えれたらなという…、ただただ、一生懸命やるしか僕にはできないんで。頑張りたいと思います」と、初日を前にした思いを述べた。

公演は7月11日(日)まで同所にて。7月16日(金)~18日(日)まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて。

 

撮影◎曳野若菜

 

 

関連記事

  1. Stage fan Vol.20(ステージファン) 6月27日(…
  2. 三代目 J SOUL BROTHERSオンラインファンイベント開…
  3. ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stageの…
  4. 江田剛(宇宙Six/ジャニーズJr.)今年2度目の単独主演となる…
  5. Kis-My-Ft2が生配信番組に初登場「#キスどき生特番」が世…
  6. 法廷劇の決定版!!『検察側の証人』をジャニーズWESTの小瀧望ら…
  7. photo 「クリミナル・マインド」マシュー4度目の来日 
  8. 桐山照史主演『赤シャツ』の全キャスト決定!Sexy Zoneの松…
PAGE TOP
error: Content is protected !!