ニュース

池田純矢作・演出 エン*ゲキシリーズ最新作「-4D-imetor(フォーディメーター)」が再始動!

池田純矢が作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの5作目となる最新作『-4D-imetor(フォーディメーター)』。当初2020年5月に予定していた上演は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止を余儀なくされたが、公演日程を2021年8月へと延期し、上演に向けて再び歩を進めてきた。このたび、全キャスト、ビジュアル、公演詳細が解禁された。

池田が自身の脚本・演出により「演劇とは娯楽であるべきだ」の理念の下、誰もが楽しめる王道エンターテインメントに特化した公演を上演するために作られた企画=エン*ゲキシリーズ。15年以来、これまでに4作を上演。演目ごとに学問のジャンルからテーマを定めて、エンターテインメント作品に見事昇華させ、好評を博してきた。

_ (2)

シリーズ5作目となる最新作『-4D-imetor』のテーマとなるのは量子力学。四次元世界や超能力といった未解明のミステリーをイリュージョンマジックで見せるという、演劇的インスピレーションにあふれた、いまだかつてない体感型演劇が生み出される。

W主演を務めるのは、乃木坂46卒業後、女優としてさまざまな舞台での活躍に注目を集める生駒里奈と、俳優・脚本家・演出家とマルチな才能を発揮する池田。二人がミステリーには必要不可欠な相棒としてタッグを組む。

共演には、村田充、松島庄汰、田村心、新子景視、阿南健治と、個性豊かなキャストがそろった。

池田演じる渡来暦が超能力の解明に明け暮れる「渡来超能力研究所」を舞台に、突如テレポーテーションのように現れた少女・ノア(生駒)の失われた記憶の謎、首相官邸で立てこもりテロを起こした“革命軍”の目的、政府の研究機関「国立研究所」に立ち込める不穏な気配……多層的に壮大なスケールで繰り広げられるミステリー、奇術×謎解き×演劇の融合によるアトラクション・エンターテインメントがいよいよ誕生する。こうご期待!

公演は8月5日(木)~15日(日)まで東京・紀伊國屋ホール、8月28日(土)、29日(日)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホールにて。

関連記事

  1. 大阪松竹座開場100周年記念 『夜曲~ノクターン~』A.B.C-…
  2. 人気漫画「終末のワルキューレ」が飯窪春菜主演で舞台化決定!
  3. 「呪術廻戦」が2022年7月、8月に東京&大阪で舞台上演決定!
  4. 宮沢氷魚と大鶴佐助で二人芝居『ボクの穴、彼の穴』に挑む!
  5. 劇団EXILE 『勇者のために鐘は鳴る』で個性豊かなキャラにふん…
  6. 細田佳央太と板垣瑞生にインタビュー!連続ドラマW-30「ドロップ…
  7. 阿久津仁愛インタビュー「俺のスカート、どこ行った?」で連ドラ初出…
  8. 『ウィングレス (wingless)-翼を持たぬ天使-』が開幕!…
PAGE TOP
error: Content is protected !!