ドラマ

赤楚衛二インタビュー「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」本日深1.00スタート!

「チェリまほ」の愛称で親しまれる人気漫画が、このたびテレビドラマ化。人の気持ちが突然見えるようになってしまった主人公・安達を演じるのは赤楚衛二。安達に恋心を抱く同僚・黒沢を町田啓太が演じる。迷いながらも真っすぐな気持ちで作品に挑む赤楚に、思いを聞いた。

襍、讌夊。帑コ檎エ譚・螳蛾#_20201008窶・30豁ウ縺セ縺ヲ繧咏ォ・雋槭◆繧吶→・題ゥア(8)

――出演が決まって感じたことは?

役が決まったと聞いたのが、僕の26歳の誕生日だったんです。その日は誕生日を祝ってもらうだけかと思いきや、「こんなプレゼントが!」みたいな感じで。とてもうれしくて、本当に忘れられない誕生日になりました。そしてドラマの内容を聞いたら、魔法が使える30歳の童貞で、BL作品で…ということで、めちゃくちゃ面白そうだなって思いました。

――本作で描かれるのは、男性同士の恋模様。初挑戦になる部分もあると思いますが、演技プランなどはありますか?

男性と恋愛関係になっていく過程を想像するのは、正直とても難しかったです。ただ、原作の漫画を読むと、その恋の過程がすごく分かりやすく描かれていて、違和感なく読めたんですよ。でもやっぱり、友達のままでいれば居心地も良いし、一緒にいて楽しい相手とどう恋愛に発展していくのかな…ということはずっと考えていて。多分、僕がモヤモヤしている部分って、友情が恋愛感情に変わっていくってどういうこと何だろう?ということなんですよね。でも、その答えを明確に見つけない方が安達という役を演じていく上ではいいのかなとも思っているんです。だからずーっと考え続けながら演じたいなと思います。

――同僚から恋人にステップアップする瞬間は、特に難しそうですね。

そうなんですよね。安達や黒沢を見ていると、本当に内面で相手を好きになっていっているような気がしていて。それは男女関係なく、恋する過程において重要なポイントですし。だから本当に、性別が違うだけで女性との恋愛とどう違うんだろう?というのは感じています。

――赤楚さん自身はどんなふうに人に心引かれるタイプですか?

僕は、雰囲気を大事にしていますかね。顔もそうですけど、なんか、その人の持つ雰囲気って性格がにじみ出る気がして。あと、僕以外の人に対してどう接しているのかとかもすごく気にしますね。でも、やっぱり基本的には、直感的に「この人いいな」と思うと、合うことが多いというか。何だか、そんな直感力みたいなものはある気がします。

――ちなみに、この作品においては安達も黒沢も妄想をするシーンが多いですが、赤楚さんも妄想することはありますか?

妄想は…しますね(笑)。「こうなったらどうしよう」というよりは、「こうなったらいいな」という希望的妄想が多いかもしれないです。

――その希望的妄想をかなえるために、積極的に動くタイプですか?

どちらかというと動いちゃいますね。だから例えば恋愛だったらアタックするとか、能動的に動くタイプだと思います。

――恋愛観において共感できるのは安達? 黒沢?

共感できる部分で言ったら両方共、ありますね。黒沢くらい能動的だし動こうとも思っているんですけど、たまに奥手になったり、ちょっとラクしたいと思っちゃう部分もあったりして。そういうところでは安達にすごい共感できますし、好きな人に対しての思い方みたいなところは黒沢に共感します。

襍、讌夊。帑コ檎エ譚・鮟呈イ「_20201008窶・30豁ウ縺セ縺ヲ繧咏ォ・雋槭◆繧吶→・題ゥア(7)

――黒沢を演じる町田さんとは初共演ですが、町田さんのイメージは?

まだお会いしたことはないのですけれど(※取材時)、良い人なんだろうなというイメージがあります。すごく真っすぐな方なのかなと。お芝居に対して真摯(しんし)に向き合っていらっしゃる方なんだろうなって思います。町田さんの持つ雰囲気も僕は好きなので、仲良くなれたらうれしいなと思います。

――赤楚さんは、初対面の方と積極的に接することができますか?

人によります(笑)。男性だったら、ちょっと気難しい方じゃない限り打ち解けやすいなとは思うんですけど…。女性はあんまり得意じゃないのかもしれないですね。変に意識し過ぎちゃうのかもしれないです。僕は男兄弟の中で育ってきて、あまり女心というものを学ばずに育ってきたので(笑)。学生時代も、お姉ちゃんや妹がいる友達は女性とのコミュニケーションの取り方がうまくて憧れていました。

――ではもし、安達のように人の気持ちが見えたらどうしますか?

僕、たぶん田舎に逃げます(笑)。いざ僕が人の気持ちを分かってしまったら、自分のことをどう思っているんだろうって気になるし、悪く思われているのを知ってしまったら相当落ち込むと思う。だからそうなってしまったら、一人で田舎へ行って静かに生きていこうと思います(笑)。

――ネガティブなことに限らず、安達のように「この人は自分のことが好きなんだ」ということも分かりますね。

そうですね。僕は人の好意とかに関しては、相手がどう思っていようが構わないタイプなんです。もし相手が僕のことを好きじゃなくても「好きにさせてやる」くらいの勢いはあるというか。でも、しゃべっている途中に心の声で「コイツ話つまんない」とか「そこら辺は気遣えないのね」とか思われていたら…。そういうささいなことで傷ついて、恋愛もできなくなりそうです(笑)。

1

2

関連記事

  1. 『魔界転生』の第2弾キャスト発表!華と実力を兼ね備えた顔ぶれが集…
  2. ミュージカル『新テニスの王子様』RevolutionLive20…
  3. 河西智美インタビュー② 1stアルバム「STAR-T!」11月1…
  4. 出川哲朗がリアルガチイングリッシュで商品プレゼン!?
  5. ジャニーズと「SHOWROOM」がタッグ!「バーチャルジャニーズ…
  6. 明治座とにっぽん丸の初コラボ企画!中川晃教が船上コンサート7月開…
  7. 「EXILE FRIDAY」第1弾作品がオリコンなど8部門で1位…
  8. ミュージカル『RENT』製作発表会見でキャスト20名が劇中歌披露…
PAGE TOP
error: Content is protected !!