ニュース

黒柳徹子が生田斗真と朗読劇で舞台初共演!79歳と19歳の恋物語を演じる

9月東京、10月大阪にて『ハロルドとモード』の上演が決定した。

『ハロルドとモード』は、1971年に公開された映画『ハロルドとモード』を朗読劇にしたもの。映画『ハロルドとモード』は年齢差のある二人のラブストーリーと、生きることの楽しさをコメディータッチに描き、世界中の支持を得た。ストレートプレイからドラマリーディング、ミュージカルと、キャストや上演形態を変え幾度となく上演され続けていて、映画の公開から約半世紀経った現在に至っても多くのファンを持つ作品だ。今回はG2が新たに脚本を書き下ろし、演出も務め、朗読劇として上演する。

79歳のチャーミングな女性モードを演じるのは、黒柳徹子。モードに恋する19歳のやんちゃな少年ハロルドは生田斗真が演じ、本作で黒柳とは舞台初共演を果たす。さらに、趣里、浜田信也、相島一之、秋本奈緒美と豪華な顔ぶれで、型破りな二人の生きざまと恋模様をお届けする。2020年版『ハロルドとモード』にご期待を!

[黒柳徹子 コメント]

昨年は私にとって初めての経験となった朗読劇『ラヴ・レターズ』で、皆さまの想像力をいっぱいにさせる、素晴らしさを知りました。今年は、『ハロルドとモード』を朗読劇でやらせていただきます。おもしろいおばあさんモードと、青年ハロルドとのラブストーリーです。お相手のハロルド役を生田斗真さんがやってくださいます。今回の舞台での初共演を私はものすごく楽しみにしています。私が、『ハロルドとモード』の舞台を最初に見たのは1977年。モードを演じたのは、フランスの名優ジャン=ルイ・バローの奥さんマドレーヌ・ルノーでした。その後、文学座の先輩でもあった長岡輝子さんの舞台も見ましたが、笑いと涙が交錯し、とっても印象的でした。芝居が終わっても、私はずっと、泣いてたような気がします。その頃から、私はモードの役を演じてみたいと思っていました。喜劇でも、最後には、泣くこともあるのです。ぜひ、いらしてください、お待ちしています。

[生田斗真 コメント]

このエキセントリックな芝居を黒柳徹子さんと共にできること、とても楽しみにしております。しかも! 恋人役だなんて! 夢にも思わなかった出来事です。人生、本当に何が起きるか分からない楽しみがあります。黒柳さんは日本のエンターテインメントの基盤を作り上げてこられたお一人です。その人間力、人を引きつける魅力の根底にあるものに少しでも触れられたら幸せです。僕自身、今年の春に、新型コロナウイルス感染症の影響で出演中の舞台が中止を余儀なくされ、悔しい思いと楽しみにしていた皆さんへの申し訳なさでいっぱいになりました。何とも言い難い気持ちで、この自粛期間を過ごしていた矢先に今回のお話を頂きました。ある意味リベンジだと思っています。使命感を持って精一杯努めます。

皆さんもそろそろお芝居見たいですよね。僕も同じです。見たい! 舞台に立ちたい! 劇場でお客様と共に今までため込んできた思いを共有できればうれしく思います。皆様どうかくれぐれも健康には気をつけて。この秋、お互い元気で会いましょう。

公演は9月28日(月)~10月3日(土)まで東京・EXシアター六本木、10月14日(水)、15日(木)大阪・シアター・ドラマシティにて。

 

 

 

関連記事

  1. 誕生から50周年を迎えた「修羅雪姫」が“復活祭50th”として今…
  2. テレ朝7月ドラマに窪田正孝、川口春奈が決定!
  3. 中川晃教が多彩なゲストと送る“新しい形”のステージ『SCORE!…
  4. 松崎祐介(ふぉ~ゆ~)主演、寺西拓人(ジャニーズJr.)共演の舞…
  5. 市川猿之助が主宰する演劇プロジェクトの第一弾公演が9月上演!
  6. Punk Fantasy『BOSS CAT』がキャストも新たに再…
  7. 興行師P.T.バーナムの半生を描いた加藤和樹主演『BARNUM』…
  8. “げんじぶ”の小泉光咲「大豆田とわ子と三人の元夫」インタビュー!…
PAGE TOP
error: Content is protected !!