ニュース

人気少女漫画をミュージカル化した『王家の紋章』が新たなキャストを迎えて、2021年夏に待望の再々演決定!

1976年から現在まで連載を続け、累計発行部数4000万部を誇る『王家の紋章』。2016年8月に世界で初めてミュージカル化されたミュージカル『王家の紋章』は初演のチケットが即日完売し、異例のスピードで半年後には再演されて大きな話題となった。その作品が、熱い要望を受けて2021年夏に再々演を迎えることが決定した。

再々演での注目は、新たなキャストを迎えることだ。メンフィス役は、若く美しい少年王を瑞々しく演じ高い評価を受けた浦井健治が初演から続投、新たなるメンフィス役として『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』をはじめとした名だたる大作ミュージカルに出演し人気急上昇の海宝直人が務める。ヒロインのアメリカ人少女キャロル役は、ミュージカル女優として確たる地位を築いている神田沙也加と、数々の話題作でヒロインを務め若手ミュージカル女優として大注目の木下晴香がWキャストで演じる。もちろん、独自の美しい世界観に定評のある荻田浩一の演出、『エリザベート』『モーツァルト!』など名作ミュージカルを数多く手掛けてきた巨匠シルベスター・リーバイによる音楽も健在だ。古代エジプト王と現代アメリカ人少女との時空を越えた歴史ロマンスが幕を開ける。

[あらすじ]
16歳のアメリカ人キャロル・リード(神田沙也加/木下晴香)は、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。頼もしい兄ライアンや、友達や教授に囲まれ、幸せな毎日を送っていた。ある日、とあるピラミッドの発掘に参加するが、そこは古代エジプトの少年王・メンフィス(浦井健治/海宝直人)の墓だった。ピラミッドに眠っていた美しい少年王のマスクが見つかり、古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロル。そんな中、アイシスという謎の美女が突然現れる。実は、アイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによるたたりを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップしてしまう。エジプト人にはありえない金髪碧眼に白い肌、考古学の知識と現代の知恵を持つキャロルは、やがて古代エジプト人達から“ナイルの娘”“黄金の姫”と呼ばれあがめられるようになり、宰相イムホテップからも認められていく。現代を懐かしみ、帰りたいと願うキャロルだが、メンフィスから求愛を受けるようになり、強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも次第に心引かれてゆく。だが、キャロルの英知と美しさにほれ込み、彼女を奪おうとするヒッタイト王子・イズミルなど、二人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は――。

ミュージカル『王家の紋章』は、2021年8月に東京・帝国劇場、9月に福岡・博多座にて上演予定。

 

関連記事

  1. ミュージカル『エリザベート』、帝劇で絶賛上演中!
  2. 黒谷友香主演、基俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.)ら共…
  3. 「30-DELUX×KoRocK 『スペースウォーズ2023fe…
  4. Stage fan Vol.27(ステージファン) 5月26日(…
  5. 『プライムーン&GS382-2022年に愛を込めて―』が開幕!
  6. 「月刊TVfan」6月号 4月24日(水)発売!
  7. ジャニーズWESTの桐山照史、濵田崇裕、藤井流星が「鳥人間コンテ…
  8. ジュエルステージ『オンエア!』シリーズ2作目が11月上演!ユニッ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!