ニュース

宮崎駿のオリジナル作品「最貧前線」が 内野聖陽、風間俊介、溝端淳平らで初の舞台化!

宮崎駿のオリジナル作品が、国内で初めて舞台化される。作品は、水戸芸術館ACM劇場プロデュース、水戸芸術館開館30周年記念事業として、8月末~10月にかけて茨城県水戸市を始め全国8都市で上演される、「宮崎駿の雑想ノートより『最貧前線』」。
「最貧前線」は、1980年代から90年代にかけて模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」(大日本絵画)にて不定期連載された「宮崎駿の雑想ノート」のエピソードの1つで、太平洋戦争末期の日本を舞台に、特設監視艇として突如太平洋に送り出されることになった漁船・吉祥丸の乗組員たちの姿が描かれる。
主演は内野聖陽。内野は、若きエリート軍人たちと対立しつつも、仲間の漁師たちを家族の待つ母港に帰そうと努力する船長を演じる。
共演陣も海軍指揮官役を風間俊介、海軍副官役を溝端淳平が演じるほか、佐藤誓、加藤啓、蕨野友也、福山康平、塩谷亮、前田旺志郎、ベンガルと、多彩な顔ぶれがそろった。
公演に向けて、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「今回、宮さん(宮崎駿)のオリジナル作品が、戦争の真っただ中にいる人間をどうのように描くか、そこに注目したい」とコメントを寄せた。
公演は、9月12日(木)~15日(日)茨城・水戸芸術館ACM劇場、10月5日(土)~13日(日)東京・世田谷パブリックシアターのほか、神奈川、愛知、長野、新潟、兵庫で行われる予定だ。

関連記事

  1. ミュージカル『Ordinary Days』の稽古場オンライン取材…
  2. 「Stage fan Vol.10」(ステージファン) 11月2…
  3. 「じゅん散歩」祝70歳・高田純次 盟友・柄本明と新宿の街を思い出…
  4. Stage fan Vol.36(ステージファン) 3月27日(…
  5. 愛され座長・室龍太が爆笑コメディーで全国へ「康二、ドッキリに引っ…
  6. 稲垣吾郎主演ミュージカル『恋のすべて』、恋があふれるチラシビジュ…
  7. 藤木直人 ドラマ「なつぞら」インタビュー
  8. 笑点ドラマスペシャル 桂歌丸
PAGE TOP
error: Content is protected !!