スポーツ

TOKIO 東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーファイナルイベント

TOKIOが3月30日、東京駅丸の内中央広場で行われた「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーファイナルイベント」に参加した。

2016年10月からの3年間にわたり、都内62区市町村や被災地(岩手県・宮城県・福島県・熊本県)を皮切りに、全国の道府県を南北2ルートでオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグを巡回し、3月3日の山梨県をもって全国を一巡。TOKIOはスペシャルアンバサダーとして何度も巡回に参加し、各地の巡回を盛り上げていた。

TOKIOの4人は、東京2020オリンピック・パラリンピックへの思いとともに挨拶。城島は「記録にも記憶にも残る五輪になればいいなと思います」、国分は「TOKIOで東京で、という感慨深いものがある」、長瀬は「東京オリンピックは100年にあるかないか。最後まで、誰がなんと言おうと楽しみたいと思っております」、松岡は「たぶん人生で1回だけでしょうから、その空気感とお祭りの雰囲気と、終わった後の空気感もどうなのかな。東京がどう変わっていくのか、一緒に皆さんと見ていきたい」と、東京大会への期待感を語った。

イベントでは、テコンドーの山田美諭選手、パラテコンドーの星野佑介選手が登場し、城島がテコンドーを体験することに。ヘルメットの上にペットボトルをつけて、星野選手の回し蹴りを体験することになり、「なにかの罰ゲーム?」と首をかしげつつも、星野選手の蹴りを受けていた。

関連記事

  1. 劇団Patchとカンテレがタッグを組んで全国に発信するプロジェク…
  2. 「月刊TVfan」(月刊テレビファン)7月号 5月24日(月)発…
  3. 亀梨和也主演「FINAL CUT」第4話は急展開!? 1・2・3…
  4. 「新・日本男児と中居」常連ゲスト・前田裕二インタビュー「中居さん…
  5. 今夜第2話放送!「みなと商事コインランドリー」草川拓弥×西垣匠S…
  6. 京本大我の初主演ミュージカル「HARUTO」が3月に東京、大阪で…
  7. 左から山本学・西脇大河・村田翔平(吉本興業)・栗山航・辻憲斗・村上由歩 吉本興業の神保町花月と男劇団 青山表参道Xのコラボ公演が実現!
  8. 畠中恵の人気時代小説「しゃばけ」を錦織一清演出で舞台化!
PAGE TOP
error: Content is protected !!